Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03
最近の記事
     n e x t »

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 14:00:13 «edit»

Category:回顧

さすがに反省しなくてもいいと思う今回のWIN5反省会 

■中山10R 常総S 1600万 芝2000
1着-パリカラノテガミ
2着△カレンリスベット

----------
狙い過ぎても点数を無駄にしてしまいそうな条件。

基本的にスローの前残りは騎手による人災と考えるため、
内枠先行馬の重視が基本路線。
----------

いい意味でも悪い意味でも江田照男が存在感を見せつけた内容。

ロングシャドウで積極的な逃げはともかく
時計の掛かる今の中山で稍重を1000m1.00.1は速め。

レースを壊したのは確かに江田照男だが、
ラップを刻めないのは作戦的には有効。

エダテル自身がハイもスローもよくわかってないのだから
後ろの騎手もとりあえず追い掛けておかないとスローの前残りになる。

これが毎回飛ばし過ぎだったり遅過ぎだったりなら簡単だが、
江田本人もわかってないからタチが悪い(笑)

終わってみれば前半5F1.00.1-後半5F-1.02.7=2.02.8なのだからラップ差はなんと2.7秒。

え?2.7秒?そりゃ前がずぶずぶになってしまう。

勝ったパリカラノテガミのポジションは14-14-14-16

これはけして騎手の好判断ではない。

動きたいのをギリギリまで我慢して溜めに溜めたではなく、
周りが動いているのに何もしなかった超消極的な騎乗。

直線でも最後方から大外をぶん回しただけであってどこも褒められない。

最後まで何もしなかった柴山君よりは直線に入るまでに動いた騎手を評価したい。

馬券を買う側からしたらこれは人災レベル。

それでもどいつもこいつも消極的でクソスローのクソレースになるくらいなら
ハイペースでもレースが動いた方が見てる側としては楽しみはある。

こんな展開でOP入りなんかしたらまったく通用しなさそうだけどねパリカラノテガミ。

■中京10R 熊野特別 1000万 芝2200
1着△パフォーマプロミス
2着-マイネルカレッツァ

----------
ワールドインパクトが思っていた以上に断然人気で被ったが、
ミルコを乗せてきたのなら仕上がり具合は信じてよさそう。

他もカラビナ、パフォーマプロミス、トーアライジン程度だろうが、
戸崎と康太では期待値は低い。
----------

あーこれは完全に小生のやらかしですわ。

ヴィブロスの管理をしてる友道さんとこだし、
仕上がりはいいんだろうと信じ過ぎた。

だけでもなく馬自身もそれほど強くなかったかもしれない。

いつもは長期休養明けで断然人気馬なら絶好のお客さんとして
喜んで穴を探すのだけれどもミルコ騎乗だったから勝手に自己完結。

ここ最近はそれでも大抵は問題なかっただけに油断もあった。

それにメインの高松宮記念でもそうだったが、
普段は馬場読みが優れているミルコにしては位置取りも進路取りも変だった。

このレースのコメントにしてももっと前に行っていればよかったと。

ん?見ている側には前に行き過ぎたのと伸びない荒れたインコースの選択が、
力のないディープ産駒にはマイナスだったように感じられたのだが・・・。

挙句に油断騎乗で過怠金10万の制裁を食らってるという。

毎回完璧じゃないのは当然であってこれまでが凄過ぎたがゆえのハードルの高さかな。

■阪神11R 六甲S OP 芝1600
1着◎アスカビレン
2着-ペイシャフェリス

----------
服役を終えた浜中が復帰。

インから抜け出すだけならアスカビレンで大体何とかなりそう。
----------

逃げたペイシャフェリスの前半3Fは36.2と超スロー。

中山のマイルでオープン級だったペイシャフェリスには
久々の芝とはいえ雨で力のいる馬場も絶好の歓迎条件。

もったいなかったのが川須のラップ感覚。

スローに落としたのは大正解だったけどもそこで安心しちゃったか。

上がり勝負は分が悪いからこそワンテンポ早めに仕掛けていたら1着もあったかも。

とはいえ勝ったアスカビレンも強い勝ち方だったから結果論かも。

でもレース映像見てみると馬なりのまま、追い出しを待っちゃってるね。

穴であわやのところまで行ってるから評価したいんだけれど、
待たなければ1着になれた可能性が高いなら残念。

浜中はやらかして復帰した割にはあっさり結果を出してエライ。

自分からもういいでしょうというくらいだからなかなかのメンタルでさすが。

■中山11R マーチS G3 ダ1800
1着-インカンテーション
2着△ディアデルレイ

----------
アスカノロマンに木幡父、ロンドンタウンに柴山が不安。

コスモカナディアンの近走は以前とは見違える内容だが、
それまで自己条件でポロポロと負けていた記憶が邪魔をする。
----------

アスカノロマンにロンドンタウンやコスモカナディアンを嫌って
ディアデルレイやアルタイルを狙うのは悪くなかった。

で、これだけわからないと過去の重賞勝ち馬を狙うのが正解ということで
ショウナンアポロンやマイネルクロップなどはマークしつつも
インカンテーションは近走11⇒8⇒12⇒13であまりにも酷い。

なら前走2着のマイネルクロップを◎にしようという目論見だった。

確かに元値の能力なら1番人気級の馬だけに勝たれてみたら不思議ではないのだが・・・。

ちなみにこのレースを見てビンテージチャートの上総Sを思い出したら
あなたは相当なWINファイヴァー。

小生はデータ収集が楽しくてやってる人間だからすぐだったけれども
これまでのWIN5で行われた中山ダ1800条件の過去最低人気馬の勝利が上総S。

13人気ビンテージチャートで勝浦が勝利。

だからどうしたって話だけども(笑)

荒れてもここまでは荒れないレースだったから10人気インカンテーションは
二桁人気の穴馬としては2例目となる。

2011から始まったWIN5で2例目なのだから
要はどれほどレアケースなのかということが言いたいだけ。

騎手も勝浦で同じだった。

■中京11R 高松宮記念 G1 芝1200
1着-セイウンコウセイ
2着▲レッツゴードンキ

----------
過去10年で5回が3着まで6人気以内の決着。

人気サイドの決着が多いレース。

また、勝ち馬の人気は過去10年ですべて4人気以内。

要は1-4人気から軸を見つけてやればWIN5は勝てる。
----------

5⇒2⇒1人気の決着。

過去10年で4人気以内しか勝っていない⇒5人気勝利。

データ的には半分正解で半分不正解。

5人気なら誤差の範囲内と言いたいところだが、
現実に4人気までしか勝っていなかったのなら仕方がない。

もう一つの方の6人気以内のBOXで的中可能のデータは大正解。

個人的に期待したフィエロとラインスピリットは残念。

気になったのはやはりスプリント路線に低レベル化。

ロードカナロア以降、世界レベルには及ばない。

それでもまだダンスディレクターやビッグアーサー、ミッキーアイル、アルビアーノ。

ストレイトガールもそうだけれどただでさえレベルが低いところで上位馬がいない。

そういう意味ではセイウンコウセイにとっては天気もそうだがあまりに幸運過ぎたのではないか。

大作がトラブって幸に乗り替わったことも結果的に正解だったし、
この馬の主戦が三浦だったことも三浦がいなくなって正解。

となると馬にはツキがある。

彼らを乗せても勝てたかどうかは非常に怪しい。

勝ち方としてはスプリント戦で1馬身以上離しての快勝だから完勝。

ダートでも実績のあるキングカメハメハ産駒のドンキで
岩田が狙って内を突いたのは岩田らしい好騎乗だとは思ったが、
ミルコの内狙いは10Rに続いて不可解な騎乗。

馬場読みが出来ていなかったのかなとも思う。
レッドファルクスもダートを使っていた馬だけど切れるのは芝。

雨が降ると傾向が一変する可能性があるから何とも言えないが・・・。

■回顧

払戻 72,958,200円
的中 6票

こんな大波乱の回に対して反省も何もない。

反省と表現するにはもう少しこうすれば的中できたと言えるレベルの精度が必要。

荒れた中山の10R11Rは波乱を警戒していながらも削った馬にどちらもやられて、
購入した馬は2着。

点数を削りたくてミルコを信じた中京の10R11Rではどちらも惜敗。

多少怪しんだ阪神11Rも断然人気のアスカビレンに勝たれてはぐうの音も出ない。

それ以前にここまで大荒れが続いてもまだ6票生存している事実がどうかしている。

WIN5開始当初ならこんなのは普通にキャリーオーバー案件。

的中した人間は少なくとも中山のどちらかは全通り買いしていると思う。

まあそんなことはいまさらどうでもいい。

既に勝ち抜け出来た人間だからこそ可能な資金分配であって、
それができない立場ではリスペクトするのみ。

寝屋川の職人も初回は5400万くらいを頑張って拾ってからの億的中。

ある程度回収率に期待可能なWIN5なら100万超えくらいの配当を計算できれば
費用対効果は成立するのだから。

まずは最初の限界突破を目標とすべきである。

小銭で高配当を手にできるほど甘くはないのがWIN5。

よほど予想の精度が高くなければ資金で精度を上げるしかない。

要は覚悟があるかどうか。

数千円で数万の結果に喜ぶくらいなら3連単でも買った方がよほど健全だろう。
関連記事

tb: (0)     com: (2)

 どもですー

中山はどちらも穴党の本能的に胡散臭いレースでしたよね。

仰る通り、ドバイの関係でリーディング上位の騎手が多少抜けていたのも
少なからず影響した可能性があります。

配当圏は100-500万あたりが比較的出現率も期待値もありそうです。
これは私がいつも狙ってるターゲットソーンです(笑)

数十万⇒数百万⇒数千万とステップアップしていけれると最高なんですけど。

  by くる馬

 ジョッキー

いつも拝見しています。
私も中山の10Rと11Rが荒れると予想したのですが、10Rでシャドウウィザード、11Rでアルタイルを押さえるのが精いっぱいでした...。今回の大荒れの一因として、中京G1とドバイの影響で中山のジョッキーの力関係がいつもとは違ったのでは、と後の祭り的に思いました。さすがに7,000万は狙えませんが、できるものなら500万前後を獲りたく、またがんばりたいです。今後ともくる馬さんの見立てを楽しみにしております、よろしくお願いします。

  by ブーコノユメ

Comment-WRITES

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング