Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 11:02:01 «edit»

Category:WIN4

中山11R AJCCの予想 

■中山11R AJCC G2 芝2200 定量
京成杯で反省したように真ん中より内がまだまだ優勢?

ただ、雨や雪の影響がかなり大きいと思われ参考外。

土曜競馬が終わっての日曜がどうなるのか注意したい。

レースの展開としては松岡は逃げの一手で分かりやすい。

出遅れさえしなければ楽に逃げ切りも考えられる。

中山金杯を見ても分かるようになんであんなスローで流れるんだと怒ったところで
見るしか出来ないこちらは騎手を殴ることも出来ない。

二度あることは三度あるならまた楽逃げも十分ありえること。

何かに差されて2,3着になりそうとはいえ、逃げ残りも警戒しておきたい。

また、正直ここで人気の豊とクリストフはあまり買いの材料がない。

WIN5のデータ的には5年近くの中山で未勝利。

いずれも半端に人気馬に騎乗しておりいっそ蹴飛ばしたくなる。

これだけでも点数をかなり減らせるのだから当然だろう。

京都の2人ならともかく中山なら軽視でイケる。

サトノは岩田が苦労していたが小倉2歳S(G3)以来、WIN5で連敗中の岩田。

ここでフランシスへの乗り替りは鞍上強化と見て問題ない。

なんだかんだで自己条件だと大したことがない池江厩舎も
重賞になったら安定の勝率である。

最後に脚質は極端だが嵌まればショウナンバッハの一発。

メートルダールでは酷い騎乗ぶりだったが、
人気がなければもう少し思い切った乗り方も出来そうな戸崎。

◎サトノラーゼン
○マイネルフロスト
▲ライズトゥフェイム
△ショウナンバッハ
△ディサイファ
関連記事

タグ: アメリカジョッキークラブカップ 
tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 23:51:38 «edit»

Category:WIN4

AJCC(G2)過去10年の傾向と対策 

馬名	性齢	騎手	斤量	人気	前走	
◆2013
1着ダノンバラード 牡5 ベリ 56 3 金鯱賞(G2)8着
2着トランスワープ 騙8 大野 56 5 天皇賞秋(G1)17着
3着アドマイヤラクティ 牡5 内田 56 2 金鯱賞(G2)3着
◆2012
1着ルーラーシップ 牡5 祐一 57 1 有馬記念(G1)4着
2着ナカヤマナイト 牡4 先生 55 2 ディセン(OP)1着
3着ゲシュタルト  牡5 蛯名 56 4 中日新聞(G3)2着
◆2011
1着トーセンジョーダン 牡5 内田 58 1 有馬記念(G1)5着
2着ミヤビランベリ 牡8 隼人 57 6 中日新聞(G3)18着
3着ネヴァブション 牡8 後藤 58 3 有馬記念(G1)8着
◆2010
1着ネヴァブション 牡7 横山 58 5 有馬記念(G1)12着
2着シャドウゲイト 牡8 勝春 58 9 有馬記念(G1)9着
3着トウショウシロッコ 牡7 吉豊 57 3 中山金杯(G3)2着
◆2009
1着ネヴァブション 牡6 横山 57 4 中山金杯(G3)5着
2着エアシェイディ 牡8 後藤 58 2 有馬記念(G1)3着
3着トウショウシロッコ 牡6 吉豊 57 7 ディセン(OP)1着
◆2008
1着エアシェイディ 牡7 後藤 57 2 中山金杯(G3)2着
2着トウショウナイト 牡7 武士沢 57 9 中山金杯(G3)11着
3着ブラックアルタイル 騙6 隼人 57 6 クリス(1600万)1着
◆2007
1着マツリダゴッホ 牡4 横山 56 2 クリス(1600万)1着
2着インテレット  牡4 後藤 56 5 菊花賞(G1)6着
3着シルクネクサス 牡5 松岡 57 6 寿S(1600万)1着
◆2006
1着シルクフェイマス 牡7 先生 58 5 京都金杯(G3)9着
2着フサイチアウステル 牡4 藤田 56 2 菊花賞(G1)5着
3着ハイアーゲーム 牡5 内田 57 4 JCD(G1)9着
◆2005
1着クラフトワーク 牡5 横山 57 1 中山金杯(G3)1着
2着エアシェイディ 牡4 後藤 56 3 京阪杯(G3)3着
3着ユキノサンロイヤル 牡8 岡部 57 5 ニューイ(OP)3着
◆2004
1着ダンツジャッジ 牡5 藤田 57 2 中山金杯(G3)3着
2着ウインジェネラーレ 牡4 蛯名 56 3 冬至S(1600万)1着
3着ユキノサンロイヤル 牡7 小野 57 8 ニューイ(OP)11着


■人気
1番人気 3.0.0/3
2番人気 3.3.1/7
3番人気 1.2.2/5
4番人気 1.0.2/3
5番人気 2.2.1/5
----------
6番人気 0.1.2/3
7番人気 0.0.1/1
8番人気 0.0.1/1
9番人気 0.2.0/2
----------
10番人下 0.0.0/0

※勝ち馬はすべて5番人気以内で人気サイド。
また、穴馬にしても9番人気以内でとどまる。

win5なら5番人気まで押さえれば完璧。

■枠番
1枠 0.1.0/1
2枠 0.0.3/3
3枠 4.1.0/5
4枠 0.2.1/3
5枠 1.2.2/5
6枠 2.2.0/4
7枠 2.1.2/5
8枠 1.1.2/4

※意外にも内枠が不振。
とはいえ、3枠以降は好成績。
内に入り過ぎると不利に遭いやすいというところ。

■脚質
逃げ 1.2.0/3
先行 6.6.3/15
差し 3.1.6/10
追込 0.1.1/2

※差しよりも先行抜け出しが優勢。
やはり器用に立ち回れる馬が有利。
逃げ、追込みの奇襲は成功しない傾向。

■年齢
4歳 1.5.0/6
5歳 5.0.4/9
6歳 1.0.2/3
7歳上 3.5.4/12★

※3番人気以内の5歳馬には要注意。
と思いきや今年は5歳馬の出走はなし。

4歳馬での優勝はあのマツリダゴッホのみ。
有馬も勝つなどただの中山巧者ではなかった例外。

ケイアイチョウサン、フェイムゲーム、レッドレイヴン、
ダービーフィズ、サムソンズプライドの過剰評価は避けたい。

まだ古馬との壁があると見るべき。
4歳世代はマツリダゴッホ級でなければ
勝利がないことから必然的に6歳以上に食指が動く。

年明けで年齢表記こそ増えるが、
この時期はまだマイナス1歳と同様。
劣化が始まるのは春頃から。

要するに爺が強い(笑)
年齢だけで高齢馬と侮るなかれ。

■前走
中金杯 4.1.1 ケイアイチョウサン、マックスドリーム
有馬記 3.2.1 ヴェルデグリーン、ダノンバラード、トゥザグローリー
金鯱賞 1.0.1 フラガラッハ
クリス 1.0.1 マイネオーチャード
京金杯 1.0.0
菊花賞 0.2.0
天皇秋 0.1.0
中日新 0.1.1
ディセ 0.1.1 ※1着条件のため、ダービーフィズ、フェイムゲームは該当せず。
冬至S 0.1.0
京阪杯 0.1.0
ニュー 0.0.2
JCD 0.0.1
寿S  0.0.1

※レースレベルで上の有馬記念組が優勢。
続いて同じ中山の金杯組最有力。

■想定人気
1ダノンバラード
2ヴェルデグリーン
3レッドレイヴン
4ケイアイチョウサン
5トゥザグローリー

★まとめ
有力ステップの中山金杯だが、
今年はケイアイチョウサン、マックスドリームが参戦。

ただ、ケイアイチョウサンが嵌りやすい距離は
やはり1800だろう。

おそらくノリちゃんは金杯同様最後方待機からのイン突き狙い、
もしくは弥生賞のような最後方外回しが濃厚だが突き抜けるまでは疑問。

マックスドリームもまた微妙。
金杯でケイアイ55キロ、マックス54キロから
今回は55キロ据え置きのケイアイに対し、
マックスは56キロと2キロ増。

必然的にG1の有馬記念組の評価が上がる。

今年の登録馬は
ダノンバラード 4.7差15着
トゥザグローリー2.4差8着
ヴェルデグリーン2.6差10着

AJCCにおける後藤の過去の成績は優秀だが、
騎乗予定のダノンバラードの近走は少々酷い。

復帰戦のオールカマーこそ3着にまとめたが、
その後の天皇賞、有馬記念の惨敗がだらしがない。

どうにも相手関係よりも走る気を無くしての印象。
いずれもほぼ最下位といっていいブービー。

想定人気で5番人気以内の勝ち馬条件からは
トゥザとヴェルデが推奨となる。

確かにピークを過ぎたとはいえクリストフ騎乗と
オールカマー勝ちだからそれなりの説得力。

レッドレイヴンは面白そう。
前走の美浦Sで完勝した2着馬フェィティヴタローが、
先週の初富士を快勝したのは記憶に新しい。

とはいえ、前々走の甲斐路Sではディサイファに完敗。
そのディサイファが中山金杯を力負けの3着。

横の比較は大体の見当がつく。
それに藤沢厩舎は府中でこそでもある。
ここはまだ人気先行と見るべき。

だったらまた別のアプローチはないか。

データとは全く無関係となってしまうが、
小生のお薦めはサダムパテックとフラガラッハ。

★サダムパテックを推す理由
AJCCは実績馬が好走するレースで唯一のG1馬。

・菊花賞(G1)5着
・セントライト記念(G2)3着
・オルフェの勝った府中の皐月賞(G1)1人気2着
・弥生賞(G2)1着

唯の短距離馬の距離延長ではなく中距離でも
ダノンバラード、ナカヤマナイト、
ダイワファルコンなどに先着の実績。

追走が楽になる2200で久々の中山も
馬にとってはいい刺激かと。

フラガラッハについては天皇賞でほぼ同じ位置取りから
ヴェルデグリーン1.8差8着、フラガラッハ2.0差9着。

血統的にも父デュランダルで母父トニービンなら
距離は持ちそうな印象。

先週の京成杯で父デュランダルのプレイアンドリアルが優勝。

★結論
データの推奨
トゥザグローリー
ヴェルデグリーン

くる馬の推奨
サダムパテック
フラガラッハ
関連記事

タグ: アメリカジョッキークラブカップ 
tb: (0)     com: (0)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング