Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 11:28:10 «edit»

Category:WIN5

東京11R エプソムC(G3)の予想 

■東京11R エプソムC G3 芝1800

過去10年で勝ち馬はすべて5人気以内。

1.アストラエンブレム
2.タイセイサミット
3.デンコウアンジュ
----------
4.クラリティスカイ
5.ダッシングブレイズ

入稿段階での人気はこのようになっているが、
クラリティとダッシングは個人的に期待値が低い。

ここはさらに繰り下げていきたい。

6.マイネルハニー
7.ヒストリカル

7人気程度なら欲張っても許容範囲だろう。

展開的にはロゴタイプ同様にマイネルミラノが逃げ濃厚。

メイS上位組のタイセイサミットやクラリティスカイは
前走はスローの前残りの恩恵が大きかった。

マイネルミラノの存在は減点材料。

追い出しを待った分だけのアストラは今回は負けない。

ハンパな位置取りよりも追い込みに徹するデンコウやヒストリカルの方が怖い。

◎アストラエンブレム
----------
〇マイネルハニー
▲マイネルミラノ
△ヒストリカル
△デンコウアンジュ
関連記事

タグ: エプソムカップ 
tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 12:14:00 «edit»

Category:WIN5

東京11R エプソムC(G3)の予想 

■東京11R エプソムC(G3) 芝1800 定量

マーメイドステークスと違ってこちらは比較的平穏なレース。

だがそれは確たる実力馬がいてこその条件。

中でも注目したいのが前走マイラーズCで負けてきた馬。

G2で相手関係が強力な中で一桁着順で留まったかどうか。

なるほど、アルバートドックで間違いないじゃないか。

※ただし、ゴ三浦騎乗を除く。

ってアウトやんけー!

レースまでに三浦が怪我でもして乗り替わりなら最高なんだが(不謹慎)

むむむ、こいつには3種馬のフリーウェイSでへぐられて
WIN4にされた苦い古傷が痛む。

あれって200万以上の配当だっただけに殺意しか湧かないんだなあ。

騎乗ミスでアタマ差2着の責任取ってよ!(グチグチ)

とはいえ須貝のおっさんとゴ三浦の組み合わせは過去にもオツウで穴を開けたり
三浦だけの悪いイメージでは語れない。

かつては中山のマイルの逃げくらいしか使い道がなかったのが、
最近は東京での波乱にシフトしてきているのは要注意。

ただ、コイツの腕で重賞までKY可能なのかは多いに不安であり疑問。

馬の能力は勝ち負け可能であるのは確か。

とはいえ人気も5番人気程度なら迷わずゴーサインの結論。

進路取り下手だから6番枠だと直線詰まりそうだけど。。。

ルージュバックはマーメイドステークスに出てきたとしても
おそらく本命は打たなかった馬。

牡馬通用の過大評価はそろそろ止めた方がいい。

メイステークスはOPながら1600万のむらさき賞を0.8も下回る低レベル。

◎アルバートドック
----------
○ラングレー
▲ルージュバック
△ショウナンバッハ
----------
△マイネルミラノ
関連記事

タグ: エプソムカップ 
tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 01:17:40 «edit»

Category:WIN5

東京11R エプソムC(G3)の予想 

■東京11R エプソムC(G3) 芝1800 定量
重賞2勝のディサイファと重賞好走実績のあるフルーキーに対し、
人気はサトノアラジンとエイシンヒカリがリード。

配当的な妙味ではフルーキーとディサイファを買うのが常識的だが、
それだけサトノとエイシンへのファンの期待も大きい。

確かに上では既に底を見せているフルーキーやディサイファよりも
将来性と可能性ではサトノとエイシンが上回る。

かといってディサイファやフルーキーが弱い訳でもなく、
馬連ではこの4頭のBOXを押さえておけば、
配当はともかく的中はほぼ約束されている用に思える。

モンゴル大統領賞のフェスティブタローの逃げはテンの3Fを35.3。
53キロを背負ってのものでもあり、これならエイシンが主張すればハナには立てる。

そもそも弱気な勝春が豊に競りかけていくイメージが湧かない。

となると共倒れよりは番手追走の実質逃げの選択が濃厚。
結局エイシンがマイペースで逃げられる計算。

逆にフェスティブタローが逃げたらエイシンは控える選択肢も。

あとはこの展開をサトノアラジンが差し切れるか。

また、スローを脚が溜まった状態で差すのと
ハイを追走しながら脚が溜まらない状態で差すのとは異なってくる。

勝ちを意識し過ぎるとフルーキーやディサイファも黙っていないだろう。

とはいえ2番枠と恵まれたのは大きいし、
モンゴル大統領賞は上がり33.5と切れに切れた。

3着のヒラボクディープにしても33.7とサトノの陰に隠れた格好だが好内容。

信頼性ではルメールのサトノアラジンだが、
秋競馬を盛り上げてもらいたいのと個人的な武豊の応援ではエイシンヒカリ。

当初はディサイファ本命予定だったが外枠を引いたため評価を下げた。

◎サトノアラジン
○ディサイファ
▲エイシンヒカリ
△フルーキー
△ヒラボクディープ
関連記事

タグ: エプソムカップ 
tb: (0)     com: (0)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング