Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
     n e x t »

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 12:17:50 «edit»

Category:WIN5

京都11R エリザベス女王杯(G1)の予想 

■京都11R エリザベス女王杯 G1 芝2200
先週の段階では蛯名のちぐはぐなリズムも気になり、
オールカマーでの物足りなさも手伝って、
本来なら鉄板のはずのマリアライトを疑っていた。

とはいえデータをほじくり返したり、
悩んだところでそもそもこの馬以外に宝塚記念で
勝負になる馬がいるのかどうかは甚だ疑問。

持ち時計や速い上がりの不安があろうが、
むしろそれくらいのハンデがあってちょうどいい。

気になったのは内枠過ぎるくらい。

力関係にしてもタッチングスピーチとは、
春の目黒記念、宝塚記念と連勝して勝負付は終わっている。

そのタッチングと大差がないのがミッキークイーン。

休み明けのローズSでは差し切られている。

また、本来警戒すべき3歳世代のトップクラスが揃って出走しない。

ヴィブロスでは足りなかっただろうし、パールコードなんてのは論外。

シンハライトやチェッキーノ、メジャーエンブレム当たりが出てようやく面白い。

マリアライトに関しては年齢も不安視されるが、
この馬はクラシックに出られずに昨春は牝馬相手のマーメイドSでさえ負けていた馬。

秋から急激に力をつけて最終的に有馬記念4着まで成長した。

普通はこれで大健闘で褒めて終わるところだが、
何を間違ったか現役最強馬だったドゥラメンテまで出し抜いてしまった。

あのレースは確かにミルコが下手に乗ったとはいえ、
それくらいで負けてはいけないのがドゥラメンテという馬。

昨年のオールカマーが54キロで0.8差なら今年は56キロで0.3差。

エリザベス女王杯勝ちは馬の力よりも蛯名の超絶好騎乗が勝因だったのは違いない。

だが力をつけた今年は蛯名が少しくらい下手に乗っても足りるのではないか。

ミッキークイーンの地力は認めるが今の外差し京都で最内の浜中はさすがに買いづらい。

どちらかというと消しに近い連下候補。

◎マリアライト
----------
〇クイーンズリング
▲タッチングスピーチ
△ヒルノマテーラ
△シャルール
△アスカビレン
△ミッキークイーン
関連記事

タグ: エリザベス女王杯 
tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 12:21:44 «edit»

Category:WIN5

京都11R エリザベス女王杯(G1)の予想 

■京都11R エリザベス女王杯 G1 芝2200 定量
過去の結果を振り返っても基本的に3歳馬が有利。
この時期になると2キロ差もあれば古馬牝馬相手に好戦は可能。

また、本当に強い古馬牝馬は天皇賞やJCに向かう為、
古馬で勝った馬は説得力がある。

アドマイヤグルーヴ、スイープトウショウ、
カワカミプリンセス、ダイワスカーレット、スノーフェアリーなど。

これらの馬が壁となるにしてもやはり年内未勝利はいただけない。

本来なら有資格であるはずのメイショウマンボへの不信感がこれ。

確かにVM2着は勝利とカウントしてもなくはないのだが・・・。

中間の動きは素晴らしかったのですんなり勝たれても諦めがつくが、
京都大賞典でコウエイオトメやフーラブライドに負けたのは事実。

◎には秋華賞で取りこぼしのヌーヴォレコルト。
そしてそのままはまったとはいえ現実に優勝のショウナンパンドラ。

秋華賞目標でお釣りがないと思いきや調教はよく動いていた。

ハープスターがJCで1番人気もありえそうな流れで、
JCと同条件の優駿牝馬を優勝したヌーヴォレコルトを過小評価の必要はなし。

ショウナンパンドラに負けたのもブエナがレッドに負けたケースと酷似。

今回は正しい序列に戻る。

後は有力どころの古馬連中を適当にピックアップ。

◎ヌーヴォレコルト
○ショウナンパンドラ
▲スマートレイアー
△ラキシス
△ディアデラマドレ
△アロマティコ
△ヴィルシーナ
関連記事

タグ: エリザベス女王杯 
tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 18:29:22 «edit»

Category:WIN5

京都11R エリザベス女王杯(G1)の回顧 

■京都11R エリザベス女王杯(G1) 芝2200 3歳上G1 定量
◎1着メイショウマンボ   武幸 2 飯田明弘
△2着ラキシス       川田 6 角居勝彦
-3着アロマティコ     三浦 5 佐々木晶三

見た目以上に余裕のあった秋華賞の勝ちっぷりから、
メイショウマンボが世代では抜けている。
秋華賞組からの逆転はまずないとの見立て。

一発あるなら初対戦組の3歳馬。
弱い古馬はほぼ消しでいい。

これが戦前の予想だった。
----------
例年の比較として昨年のエリ女は底値に近いほどの低レベル。
上記の馬達と比較可能なのはジェンティルドンナのみであり、
ジェンティルが出るならともかくヴィルシーナでは差が大き過ぎる。

しかもヴィルシーナは3歳ピークのはずの昨年を
実質1600万だったレインボーダリアに差し切られる始末。

今年ようやくヴィクトリアマイルを勝てたが抜けて強かった訳ではない。

小生の見立てでは3歳のレベル次第では複勝圏すら危ういと考えた。

勿論古馬陣での最有力馬はヴィルシーナで異論はない。
代表としてのヴィルシーナを押さえはするが絶対視はできないだけ。

当然主力は3歳から。
軸馬としての信頼は秋華賞が見た目以上の楽勝だったメイショウマンボ。

展開嵌まればラキシス。
----------

レースは重馬場の中、先行グループと後方グループの2つに分かれた。
メイショウマンボは好発を決めて絶好の位置につけて追走。

むしろメイショウが後方グループの先団にいるのに、
それよりも後ろの組では話にならない。

特に気になったのは岩田ヴィルシーナ。
切れないこの馬が後ろにいても何も出来ない。
せいぜい掲示板に流れ込むかどうかになってしまう。

VMでも逃げての勝利だし、昨年にしても逃げ先行での好走。
ジェンティルさえいなければ牝馬3冠もとはいえあくまで仮の話。
いなかったとてどこかしらは何かにやられた気がしないでもない。

また、岩田もジェンティルで先行して叩かれただけに
無意識のうちにいつもより後ろで乗っていることが目に付く。

メイショウマンボだけがただただ強かったレースになった。
JCに行くことはまずないが、次のターゲットはジェンティルだろう。

これでオークス、秋華賞、エリ女とある意味3冠を達成。
父スズカマンボなのだからディープ全盛の時代に面白い血統。

ラキシスはディアデラマドレとどちらを対抗にしようか迷った馬。
物差しになる馬が見つからなかったのとディープ産駒ということで、
ディアデラマドレを選んだが・・・。

勝ち馬には格の違いを見せつけられた格好だが、能力は高い。
まだこれからも成長を見込めるだけに重賞勝ちもすぐではないか。

さらに見逃せないのは川田の好騎乗。
大外になったのがラキシスではなくマドレを選んだ決定打となったが、
ロスを見越しての川田の積極的な好位取りが嵌まった。

以前はGIになると使い物にならなかった川田だが、
ここ最近のソツのなさは脅威的。
祐一以上に川田の覚醒が個人的には注目。

アロマティコはゴ三浦師匠には珍しく好騎乗。
ジェンティル以外は弱い世代だと思っているが、
距離が延びてさすが秋華賞3着馬というところを見せた。

さらに見逃せないのは4着のトーセンアルニカ。
1000万勝ちしてすぐのGI挑戦にしては有り余る収穫。
池添の度胸には恐れ入る。

血統もアイムユアーズの下で裏付けもある。
秋のGIで池添はホントに仕事人ぶりを見せているのは凄い。
一歩間違えればまた3着で大穴を開けていた。
もしもアロマが祐一なら3,4着が逆もあったかもしれない。

デニムアンドルビーについては敗因が内田と言えるところまで来ているかも。
今日は出遅れずにゲートはまともだったにもかかわらずポツン待機。
ノリちゃんが乗っているわけでもあるまいし。

ゴールドシップのように捲くるつもりなのかと思いきやそうでもない。
いくらなんでもあんな乗り方じゃ勝てるレースも勝てない。

確かに馬の能力不足もあるとは思えるが
もう少し馬券を買う側が納得できる乗り方をして欲しい。

で、肝心のデイアデラマドレ。
もうね、馬の予想だけでなく天気の予想までするのは嫌なの。

それでも直線では一瞬いい脚を見せて今後が楽しみな馬には違いない。
雨で馬場が重くなったのも不運だが、康太が考えたのもマイナス。
どうせ考えるなら川田のように先行するとかでないとね。

よりによって馬場の悪い内を突くなんて真似をするから。
諦めて大外に出すと読んでいただけにこれは誤算。

上がりはメイショウ、アロマ、デニムに次ぐ34.2。
これは通った場所の差以外の何物でもない。
他馬は外を走っている。
それでもヴィルシーナには先着したのだから着順ほど中身は悪くない。

雨になるのを分かってても買ったのだからこちらも自業自得だ。
良になるのをわかってトウケイヘイローを買ったときと同じ。
だって再調整するの面倒くさくなるんだよな(笑)

相対的にレースのレベルはそれなりにハイレベルだったと思う。
さすがに有馬で買えるほどの馬ではないけれどマンボは強い馬。

惜しむらくは資金をケチらなければ9,517,140円だったWIN5を
的中できていたかもしれなかったこと。

さすがに今日のレースを36点買いでは拾い切れないわ。
11番人気を拾った時点で十分頑張ったつもり。

※WIN5の予想は最近はエントリ内では載せていないけれどメルマガで発信してます。
関連記事

タグ: エリザベス女王杯 
tb: (0)     com: (2)

 一攫千金さま

くる馬でいいですよ。
4点でWIN4って凄いじゃないですかむしろ!
配当が配当だけに何と言えばいいのやら・・・。

実は難しいながらもあのレースは自信があったんです。
プリンセスメモリーはクイーンCでアプリコットフィズの2着で穴を開けたときから贔屓にしていた馬でしたので。

宏司のせいで取りこぼしが多かったんですけどね。
そこで府中得意の後藤で内枠だから当然期待したと。

内のデータで役に立てたとのことですから私も嬉しいですよ。
ツインクルスターはいい馬ですからいい狙いだったと思います。
ペースが予想外に速くなった分の2着ですね。

次回はお互いに的中出来るよう頑張りましょう。

  by くる馬

 くる馬さん!

くる馬さん!で良いんですかね?

呼び方あったら教えて下さい!

最初のレースで9番人気の事を載せて頂き感謝します!

実は自分、本日は外れはしましたが購入4点でWIN4でしたorz

福島は一点勝負で江田の馬2着だしたから悔しいです!

そんな事より、1レース目を11番人気を的中できたのが本当に嬉しかったです。

このブログを見ていなかったら絶対買えませんでしたから…。

来週こそはお互い的中したいものですね♪

データ期待していますm(__)m

  by 一攫千金

Comment-WRITES

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング