Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 11:57:13 «edit»

Category:WIN3

札幌11R エルムS(G3)の予想 

■札幌11R エルムS(G3) ダ1700 定量
重賞3.2.0.3の実績があるクリノスターオーが断然。
昨年は不良馬場の恩恵もあって1.41.9という超速時計。

それを交わしたローマンレジェンドも大したものだが、
3着インカンテーションにつけた着差は5馬身と決定的。

まあそのインカンテーションに平安Sで敗れはしたものの、
ローマンレジェンドには先着。

そもそも対抗視されるジェベルムーサもソロルも
クリノに一度も先着できたことがないのは致命的。

ならむしろ前走の負けで軽視されるカチューシャの方が
今回は54キロの定量で鞍上に豊と期待値が上がる。

大沼Sでジェベルと56キロ同斤でソロルと1キロ差先着が、
それぞれ2キロもらいとなる上に2戦2勝の札幌への開催替わり。

ジェベルとソロルはクリノ打倒よりもカチューシャに
負ける可能性の方が高い。

また、前回は内枠からロスなく運べたソロルにとって
外枠から追い通しになるのは減点材料。

後は2キロ増えるがヒラボクプリンス。

◎クリノスターオー
○カチューシャ
▲ジェベルムーサ
△ソロル
△ヒラボクプリンス
関連記事

タグ: エルムステークス 
tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 10:56:06 «edit»

Category:WIN3

札幌11R エルムS(G3)の予想 

■札幌11R エルムS(G3) ダ1700 定量
昨年の当レースは手応えが悪く見えた内田のフリートストリートが、
そのまま抜け出してインベタのブライトラインの祐一が騙された。

その結果、出すところがなく直線で蓋をされた格好となったが、
前が空いてからも58キロのエーシンモアオバーも交わせず3着。
それも1馬身差なのだからスムーズでも勝てた保証はない。

そして今年もまた奇しくも昨年と同じ2番枠なのは偶然だろうか。
さらには昨年同様エーシンモアオバーも出走し、
展開が嵌まったみやこSのように逃げられることはほぼない。

下手したら昨年の再現VTRもあり得る。
制裁王の悪い方の結果に少なからずの期待。

別路線組で新鮮なのはアスカクリチャンとアンコイルド。
芝の重賞で勝ち負けしてきた両馬だが、
血統的には父スターリングローズとジャイアンツコーズウェイ。
むしろ芝で好走していたのが意外ともいえる血統だ。

勝たれて不思議ではないが初戦はやはり様子見が正解か。

実績的には唯一のG1勝ち馬となるローマンレジェンド。
連勝中の勢いは凄かった馬だし中間も動いている様子。

だが連勝ストップ後の走りっぷりがどうにも再上昇って感じがしない。
明らかにだらしがない負け方をしだしただけに微妙。

ここは世代交代の期待も込めて地力強化の目立つ4歳馬。

ソロル、クリノスターオー、インカンテーション、ジェベルムーサ。

インカンテーションはJCD以来の割に直前の追切が馬なりでは軽視。
使ってからの意味が濃くここは見送り。

それぞれ平安Sの1,2,4着になるが、
番手の展開が向いたクリノスターオーよりは
大外を回して追い詰めたソロルの内容が優秀。

同様にぶん回して距離のロスが酷かったジェベルムーサ。

今回はエーシンモアオバーもいればブライトラインもいるだけに
クリノを逆転するのは十分予感できる。

考えてみればマーチSの1,2着馬がこの2頭でもある。

◎ジェベルムーサ
○ソロル
▲ブライトライン
△ローマンレジェンド
△クリノスターオー
関連記事

タグ: エルムステークス 
tb: (0)     com: (0)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング