Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
     n e x t »

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 11:36:17 «edit»

Category:WIN4

札幌11R キーンランドC(G3) 

■札幌11R キーンランドC(G3) 芝1200 定量
函館SSのティーハーフのパフォーマンスはちょっと抜けていた。
勿論これが【本物】であれば楽しみがあるが。
展開面の恩恵も少なからず大きかった。

差しが決まる函館開催でポツン後方からまくっての抜け出しは
見た目にも十分強さの分かる内容だった。

ただ、気になるのは前々の組が惨敗している訳で
前が楽な展開を跳ね除けての勝利ではなかったこと。

その証拠に函館SSの時計は1.08.3と低調で、
対して札幌のUHB賞は1.07.5のレコードが出る馬場。

函館SSで詰まって力を出せなかったスギノエンデバーを
UHB賞で狙ったら前が速過ぎて凡走したのも痛い記憶。

確かに祐一が詰まりはしたが
スムーズに捌けていたとしても勝てるイメージは湧かなかった。

それならそんな前が残る馬場でも
11番手から追い上げたレッドオーヴァルは評価可能。
何より心強いのが内枠で岩田になったこと。

でもって函館日刊Sでエポワスを実際に負かしているオメガ。

いずれも安田厩舎。

しばらく勝てていないレッドよりもオメガを上に取っての予想。

◎オメガヴェンデッタ
○レッドオーヴァル
▲ティーハーフ
△エポワス
△トーホウアマポーラ
関連記事

タグ: キーンランドカップ 
tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 11:51:21 «edit»

Category:WIN3

札幌11R キーンランドC(G3)の予想 

■札幌11R キーンランドC(G3) 芝1200 定量
かつてはタニノマティーニの激走など波乱もあったが、
近年は比較的人気馬での決着が安定しつつあるレース。

重賞だけあって好走条件は重賞勝ち実績が最低限欲しい。
また、少なくとも入着はしていないと勝つまではいかない。

さらに年内でそれらを経験できていれば追い風となる。

勝てない気がしないでもないが、
豊さんの復帰祝いを兼ねてスマートオリオンを本命視。

前走のUHB賞はトップハンデの57.5キロを背負ってのもので、
勝ちに行った分、差されての2着だが負けて尚強し。

前々走を包まれて競馬にならなかった影響で
早め早めにポジションを取りに行ったのが最後に響いた。

とはいえ勝ったマヤノリュウジンはスランプを脱して連勝中。

出し抜かれた形でのクビ差なら悲観するほどではない。

個人的に残念に思えたのは函館SSの内容。
純粋なスプリンターとは言えないガルボに簡単に勝たれた。
しかも相手は58キロを背負った上での差し切りでもある。

これは展開以前に普段走っているメンバーの力の差が歴然。
短距離戦で好走程度のメンバーでは
マイルや中距離の重賞勝ち馬の底力には敵わないとも言えそう。

ガルボの評価をする以上は必然的にサンカルロが浮上。

そしてガルボを物差しにすることで
これに複数回先着しているレッドオーヴァルの相対的評価も可能。

前々走は1600万でまさかの敗戦をしたが背負ってたのが祐一なら度外視。

カレンチャン、ロードカナロアでスプリント戦を席巻した安田厩舎が、
池添を配してきたのは勝負駆けの証拠。

人気になるのは仕方がないがここは素直にこの2頭で。

◎スマートオリオン
○レッドオーヴァル
▲サンカルロ
△ローブティサージュ
△スノードラゴン

ノーマル_lp_468x60_re
ノーマル_lp_468x60_re
関連記事

タグ: キーンランドカップ 
tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 23:27:30 «edit»

Category:WIN3

函館11R キーンランドCの回顧 

■函館11R キーンランドC 芝1200 3歳上G3 定量
今日最も騙されたのは函館の馬場。
内側荒れてるんじゃなかったの?

これでは荒れているどころか内ばかりが好走。
まあそれ以前に1000m通過も59.2では前が残る。

完全に馬場も予想も読み違えてしまった。
高校野球の球児は自分を信じて頑張ればいいが、
小生みたいなのは自分を信じたら碌なことがない(苦笑)

・フォーエバーマーク
初志貫徹の逃げで展開も嵌まった。
村田はロゴタイプの敗退から汚名返上。
矢野英一厩舎はこれが重賞初勝利となった。

・ストレイトガール
ただの上がり馬かと思っていたらここまで走られると本物。
結果こそ2着だが一番強い競馬をしたのはこの馬。
なんで勝春乗せちゃったの?

ただ、いい加減使い過ぎだけに短期放牧でも入れないと可哀想。

13/08/11 444(-2)
13/07/20 446(0)連闘
13/07/13 446(0)
13/06/23 446(-14)連闘
13/06/16 460(22)
----------
長期休養
12/09/01 438(0)

ブラック企業のワタミすら可愛く見える使い方はまさに馬車馬。
これだけ酷使されてもまだ馬体を維持しているタフさはお見事。

藤原さんなりの言い分はあるのだろうけど虐待だよなこれ。

・シュプリームギフト
ほらほら言わんこっちゃない。
何となく嫌な予感はしていたし巻き返すならこの馬だろうと思っていた。

ただ、言わせてもらうと普段ゴ三浦師匠とか馬鹿にしているけれど
さすがに前走の負けは可哀想かなって思ってもいたの一応。

そしたらスガパンマンも少しは認めつつも、
この前みたいな乗り方では走らないから秋山なら違うってさ。

本当に違いましたね。
やっぱり使えないわ三浦ボ○!○ね!○ゲ!

秋山だって騎乗が綺麗なだけで腕は疑問の騎手だけど、
さすがにあれと比べれば鞍上強化だった。

・アドマイヤセプター
位置取りはある程度前を意識して出すだろうと予想。
岩田もそれなりに乗ってくれたが進路がなくなること二度ほど。

外からはサンカルロが蓋をしているし、
直線ではレオンビスティーが前をふらふら。

まともなら3着はあったかもしれない。
ただ復調しつつあるのは確か。

・ストークアンドレイ
この馬の好走くらいがせいぜい冴えた程度。
馬券には絡まないだけにあまり意味がない。

・パドトロワ
アイビスの惨敗は59キロだけが原因じゃなかったのかも。
好スタートから先行するも早々と手応えが怪しくなって14着。

得意の函館でこの惨敗では言い訳できない。
ホンの2ヶ月前は勝った舞台だけに衰えたと判断するのは難しい。

人気急落してのスプリンターズで警戒か。

・ファインチョイス
前走は接戦したストレイトガールとは明暗。
欲を出して引退レースを先延ばしにしたが・・・。
お疲れ様でした、いい仔を出してください。
関連記事

タグ: キーンランドカップ 
tb: (0)     com: (0)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング