Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧
     n e x t »

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 12:00:44 «edit»

Category:WIN4

京都11R シルクロードS(G3)の予想 

■京都11R シルクロードS G3 芝1200

1,2番人気を押さえておけばいずれかが勝ってくれるレース。

馬券はともかくWIN5ならばそれで十分。

そうは思ったのだがネロとソルヴェイグが1,2人気。

いくらなんでも昨年の勝ち馬、且つ京都5.3.0.1のダンスディレクターを
軽視するには怖過ぎる存在。

阪神の1.1.0.4に対して京都は大の得意。

短距離であまり結果が出ていない豊と逆神稲富ちゃん降臨は減点だが。

ネロはこれまで京都で0.0.0.5と通用しなかったのだが、
京洛Sで重馬場を味方に楽勝してからは京阪杯も楽勝で2勝。

トータルでも2.0.0.6までコース相性をよくした。

とはいえその2勝がいずれも重馬場の前残りに恵まれたものなのは
今回良での開催には気になる材料。

昨年と今年は違うとはいっても実際に昨年完敗したのがこのシルクロードS。

勝ったのは勿論ダンスディレクター。

好素材のソルヴェイグを含めると3番手まで評価は下がる。

同馬主セイウンコウセイが出てくるのもペースを上げずに行ったままが狙い。

案外怖いのはこっちの方だったりして。

◎ダンスディレクター
〇ソルヴェイグ
▲ネロ
△セイウンコウセイ
△ブランボヌール
関連記事

タグ: シルクロードステークス 
tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 11:50:13 «edit»

Category:WIN4

京都11R シルクロードS G3の予想 

■京都11R シルクロードS G3 芝1200 ハンデ
まず真っ先に判断に困るのが阪神C経由でこのレースを勝った馬がいないこと。
データというのは気付いたときにはもう遅いとはわかっているが、
過去10年の歴史の重みも否定できない。

そもそもデータを否定していたらデータ理論を標榜しているこちらの立場がない。

だからこそ歴史は繰り返すのスタンスは重視。

ダンスディレクターとビッグアーサーは2着までの仮説から入る。

過去10年で未勝利の7,8枠を引いたのがまず大きい。

まあ康太からミルコへの鞍上強化は遅きに失した可能性もあるし、
WIN5でミルコが京都の芝で不調なのも無視出来ない。

特に中長距離はともかく短距離はむしろ苦手な部類。
ミルコ自身の出遅れ癖も加味すればマイナス材料とはなる。

じゃあどうすんだよと当然ながらそこへ行く訳だが、
京阪杯で2番枠だったが、今回も5番と運の味方があるサトノルパン。

トップハンデと言ってもたかが57.5でビッグアーサーとは0.5のみ。
枠の内外の恩恵の方が大きなアドバンテージ。

なら内のダンスディレクターはもっといいんじゃないかとなるが、
この馬は極度の係り癖があっていつも後方から。

一旦下げてから外を回していては突き抜けるまでは難しい。

で、これですんなり結論かと思いきやそうでもない。

もう一捻りしてリトルゲルダを抜擢したい。
ここしばらくずっと調子を崩していたが、ようやく復調の兆しが見え始めた。

スワンS6着は8着サトノには先着もしており悪くない。
休養も長く7歳と言っても見た目の数字ほどではなくまだまだ買える。

ネロとローレルベローチェではネロが数段上。

後傾で楽が出来てこそのローレルよりも前傾でお釣りを残さないネロが京都向き。
ただ、前走が京都初勝利だったように相手関係があってこそ。

前走は雨で渋った重馬場の追い風もあってのもの。

オパールSでビッグアーサーになすすべもなく千切られた4着は印象が悪い。

◎リトルゲルダ
○サトノルパン
▲ビッグアーサー
△ダンスディレクター
△アースソニック
関連記事

タグ: シルクロードステークス 
tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 12:28:25 «edit»

Category:WIN4

京都11R シルクロードS(G3)の予想 

■京都11R シルクロードS(G3) 芝1200 ハンデ
4年連続で1,2番人気馬が優勝しているレース。
確かに今年もアンバルブライベンとエイシンブルズアイの一騎打ちムード。

まあそれはそれで誰にでも分かる。
アンバルブライベンの母がチェリーコウマンてことは誰にでもは分からないが。

前走はアンバルが牡馬換算で59キロの該当する57キロで2着。
55キロで走れたエイシンは実質4キロもらいで0.2差。
今回はアンバル55.5に対し、エイシン56キロで実質1.5キロもらいまで。

そりゃ十分に逆転の目は考えられる。

基本は2頭の一騎打ちだが、どちらも無敵で来た訳でもなく、
近走でしっかりと負けている。

負けた相手はヘニーハウンド、ワキノブレイブ。

これは京洛SとオパールSだが、いずれも京都のイン突きが決め手。
鞍上も考えてレースができない祐一で情状酌量の余地。

何しろあの馬鹿はどう考えてもアンバルを追い掛けるだけで
いいレースの淀短距離でようやく先行してインにつけた。

そこまでいかないとわからないのが3流の証拠。

まあかといって秋山になってこれが鞍上強化と言えるのかというと、
これまた大差がない気がするのも仕方なし。

京都牝馬のゴールデンナンバーを外を回さず、
イン差しで好走させたのは秋山だから理解している前提。

これだけ内しか伸びない馬場が続いても取りに行かない騎手は、
勉強不足と言われても仕方がないくらいに酷かったのが京都。

コース替わりの今週でどこまで傾向が変わるかはわからないが、
原則として経済コースを走るのは当然のこと。

一発があるならワキノブレイブで馬場が読めていた浜中ヘニー。
菱田が乗って勝った時もイン突き。

浜中は秋華賞でもショウナンをイン突きで勝たせたように
最近は工夫して乗ることが見えるようになった。

◎ヘニーハウンド
○アンバルブライベン
▲エイシンブルズアイ
△ブルーストーン
△バクシンテイオー
関連記事

タグ: シルクロードステークス 
tb: (0)     com: (0)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング