Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 11:27:41 «edit»

Category:WIN4

阪神11R マーメイドS(G3)の予想 

■阪神11R マーメイドS G3 芝2000

ビッシュの素質は認めるものの、注文の多い馬。

小柄な馬体に関西への輸送と不安要素。

人気が先行するタイプだけに妙味も少ないか。

勝たれても全く不思議ではないから扱いが難しい。

ちなみに今見てみたら6人気。

これくらいならありかも。

阪神は開幕週の残り目でまだ前が楽。

内枠を中心に狙いたい。

欲張り過ぎないで6,7,8人気くらいまでにしておく。

パールS経由がデータからの推奨。

51キロバンゴールは面白そう。

個人的にはトーセンビクトリーの応援だが56キロが気になる。

条件馬が普通に穴を開けるレースだけに実績は度外視。

◎バンゴール
〇アースライズ
▲クインズミラーグロ
△トーセンビクトリー
△ビッシュ
関連記事

タグ: マーメイドステークス 
tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 12:13:29 «edit»

Category:WIN4

阪神11R マーメイドS(G3)の予想 

■阪神11R マーメイドS(G3) 芝2000 ハンデ

データの推奨が川田、池添、弘平。

重賞期待値ではこれに田辺とノリちゃんが追加。

あぁ、まんま上位人気で収まるんだわこれ。

大穴としてのウインリバティは十分楽しみがある馬だが、
楽逃げが条件となるとおそらく前々で競馬をしてくるココロノアイと
ナムラアンのプレッシャーはしんどい。

レッドオリヴィアとタガノエトワールは人気ほどの差はなく互角。
だが、重賞を勝てるなら既に自己条件程度は卒業してなければならないキャリア。

あくまでこれらは連下穴候補まで。

また、ハンデ戦だからといって軽ければなんでもいい訳ではなく、
弱いから軽ハンデの事実は受け入れるべき。

天気が大荒れで重か不良なら一転して狙えるようになるが。。。

さらにこのレースで重視すべきは53キロの馬過去10年で6勝もしていること。

今年該当するのはハピネスダンサー、ウインリバティ、リラヴァティの3頭。

いずれかが勝つ可能性は6割。

ならハピネスダンサーが阪神川田の強化条件で買える。

外枠が好走するレースだけにシュンドルボンも悪くない。

◎ココロノアイ
○ナムラアン
▲シュンドルボン
△ハピネスダンサー
----------
△ウインリバティ
関連記事

タグ: マーメイドステークス 
tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 01:17:10 «edit»

Category:WIN4

阪神11R マーメイドS(G3)の予想 

■阪神11R マーメイドS(G3) 芝2000 ハンデ
荒れるレースとばかり取り上げられるマーメイドSだが、
その実、穴馬が突っ込んでくるのは2,3着が多く、
勝ち馬に限っては3番人気までが6勝なら悪くない結果。

WIN5的にも無理に穴を狙うより置きに行ってみたいところ。
先週8番人気のノボリディアーナで既に荒れており、
2匹目のドジョウがいる確率は下がる。

上位人気が予想されるのは以下。

マリアライト
リラヴァティ
アースライズ
イリュミナンス
バウンスシャッセ

マリアライトは1000万下で足踏みが続いたが、
距離を伸ばした潮来特別と緑風Sを連勝して本格化。

特に緑風Sは直線で行き場をなくしながらも
何とか開いた残り200mから外に出すと一気に突き抜けた。

これが距離延長の賜物なのか地力強化と見るかは
判断が分かれるところだが、重賞を意識するには十分な内容だった。

リラヴァティは秋華賞以来の長期休養明けだった千里山特別こそ14着も
叩いた四国新聞杯で一変して快勝。
続く福島牝馬Sでも2着と完全復調の気配。

阪神芝で好成績の弘平の手腕にも期待したい。

アースライズはオークス4着の実績が光るが、まだ半信半疑。
49キロは魅力とはいえ中谷がここで勝つイメージをするには難しい。

ダービー4着のコメートみたいなものか。
勝たれても不思議はないがオークスよりは桜花賞8着が真の実力に思える。

バウンスシャッセは宏司ではなくミルコを起用してきた。
牝馬重賞2勝の実力は疑わないが、このレースをトップハンデで勝利するのは、
G1級の馬であることが条件。

そう考えるとミルコはともかく馬の能力には疑問。

好成績を残すパールS組は枠で明暗が分かれた。
京都の内枠でこそ好走するウインプリメーラも阪神の外枠では。
ただでさえWIN5で買えない和田が鞍上なのも厳しい。

対して岩田のイリュミナンスは最内1番枠と絶好。
馬の能力よりも岩田のイン突きが怖い存在。

空気を読まない意味では津村のフィロパトールや
小牧のアドマイヤギャラン。

◎マリアライト
○リラヴァティ
▲イリュミナンス
△フィロパトール
△アドマイヤギャラン
関連記事

タグ: マーメイドステークス 
tb: (0)     com: (0)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング