Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
     n e x t »

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 12:34:32 «edit»

Category:WIN5

東京11R ヴィクトリアマイル(G1)の予想 

■東京11R ヴィクトリアM G1 芝1600 

荒れるレースではある。

また、エリ女と同様にリピーター率も高い。

そしてこの世代的なものを考えたら
ミッキークイーン、ルージュバック、レッツゴードンキ、クイーンズリング。

振り返るとなかなかハイレベルの世代だったと言えそう。

この世代に今更他の世代が割り込める余地があるかどうか。

期待の新星という意味ではアドマイヤリードよりもジュールポレール。

サダムパテックの妹というだけで少し期待したくもなる。

ミッキークイーンに関してはとにかく浜中のへぐりが心配。

東京芝1600条件なら戸崎の期待値は大幅に上昇する。

WIN5でも最も推奨できる戸崎の買い時ではないだろうか。

前走の負けは内で詰まっただけで問題なし。

騎手の怖さでクイーンズリングだが、エリ女は完璧にハマり過ぎた印象。

府中牝馬勝ちもあって不気味だが湿った馬場は相性がよくない。

スマートレイアーは内だけにおそらく逃げか先行だろう。

牡馬相手の重賞勝ちは通常なら牝馬G1でも足りる。

◎ルージュバック
〇ミッキークイーン
▲ジュールポレール
△レッツゴードンキ
△スマートレイアー
関連記事

タグ: ヴィクトリアマイル 
tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 11:25:56 «edit»

Category:WIN5

東京11R ヴィクトリアマイル(G1)の予想 

■東京11R ヴィクトリアマイル G1 芝1600 定量
徹底攻略やtwitterでも散々喚いているけれど(笑)

ダービー卿CTのときからVMの◎はマジックタイムで決めていた。

3歳4歳ともうひとつパッとしない馬だったのだが、
今年に入ってからの覚醒ぶりには目を見張るものがある。

ユートピアSを取りこぼしたのは石川君のミスとはいえ、
その後の節分Sでは柴山君を乗せても勝ってしまった。

あえて言わせてもらうと柴山君なんか乗せても勝てた。

京都牝馬はミルコと腕の違いがはっきり出ての2着惜敗。

そこで迎えたのがダービー卿の快勝劇。

中山マイルのロゴタイプが皐月賞以来の勝利寸前で2着。
3着は香港からの休み明けだったサトノアラジン。
このときの5着がサンライズメジャー。

53キロとはいえ1.32.8の時計は優秀で問題なし。

それ以前に牝馬相手に自己条件を勝てなかった馬が、
とんとん拍子に牡馬相手の重賞まで勝ってしまった。

で、何なのよとなるのだが、父ハーツクライなのよね。
これってジャスタウェイの覚醒したときがフラッシュバックする。

あの馬も祐一では勝てなかった馬だったのが、
突然覚醒して祐一でも勝てる馬にまでレベルアップした。

こりゃオーバーラップするよなと考えていたところに
土曜の京王杯SCの結果が1着サトノアラジン、2着サンライズメジャー。

HAHAHA!多分これ正しいんちゃう?

というのがマジックタイム◎の根拠。

では次にVMのレースの性格。

・強い馬は勝てない(強過ぎる場合は何とかなる)
・中距離G1馬は人気で飛ぶ
・前が残る
・内枠が穴を開ける
・ここが初G1勝ちくらいがベター

人気にしてもミッキーとショウナンの1,2番人気はわかる。
でもマイルだからであって天皇賞やJCならショウナンが1番人気だろうな。

ここの違和感が1点。
昨年実際にショウナンは8着に敗れている。

ミッキーにしてもデータ的には芝1600は1.2.0.0で芝1400は0.1.0.0
だからこそ勝ち切れずに桜花賞に出られなかった。

まあこのレースが荒れる理由なんてのは騎手がボケッとしてるからというのもある。

NHKで逃げたメジャーエンブレムが残って今週はBコースに替わる。

10年中8年も前半が34秒台の緩い流れで落ち着いていることから分かるように
最初からある程度前に行っておかないとレースに参加できないのね。

だからスタミナに余裕はあったとしても後ろにいたら、
前にいる馬が同じ脚を使うと交わせない。

なぜ前にいる馬が同じ脚を使えるのかというと馬場がいいから。
見た目の時計ほど脚を使っていないから。

で、結局同じエンジン積んで距離だけ前にいる馬がハンデもらうから残る理屈。

乗ってる騎手のラップ感覚もそうだが、馬場がよければいつもと同じ時計でも
馬は楽に走っているのだから脚は溜まると。

じゃあ内枠でそこそこ切れる脚を使えて、そこそこ前にいて、
G1勝ちがなくてもマイル重賞勝ちするだけの力はある馬が限りなく正解。

ウインプリメーラ
スマートレイアー
マジックタイム
クイーンズリング

あ、察し。。。

対戦比較で見劣るウインは連下候補に。

WIN5で狙うなら残り3頭の結論。

後は芝1400-1800条件、G1勝ちを含めて連下3着候補をピック。

◎マジックタイム
○スマートレイアー
▲クイーンズリング
△ウインプリメーラ
△シャルール
△カフェブリリアント
△シュンドルボン
----------保険
ミッキークイーン
ショウナンパンドラ
ストレイトガール

軸が穴人気だから多少点数広げても採算は取れる。
関連記事

タグ: ヴィクトリアマイル 
tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 11:48:34 «edit»

Category:WIN5

東京11R ヴィクトリアマイル(G1)の予想 

■東京11R ヴィクトリアマイル(G1) 芝1600 定量
予想をする前に改めて先週のNHKマイルが、
どういう展開と結果に終わったのか思い出す必要がある。

さらに今週はBコースに変更されてまだ内前残り。
京王杯SCで外から差して来たヴァンセンヌについては
明らかに地力強化しておりあれは不利な展開を好走した部類。

安田記念の穴馬としてピックアップしておきたい。

という訳であれは例外だから外を回して差し切りのイメージは湧かない。

傾向と対策のエントリでも触れたように
桜花賞(G1)3着以内の好走条件のみならず、
牡馬相手の重賞好走以上に勝利。

中山記念勝ちというのは安田記念でも通用する成績。
そして中山コースで2世代の皐月賞馬を撃破。

さらにはその中山記念で皐月賞馬以外でも
3着ステファノスが香港G1のQE2世Cで2着している。

むしろ条件をクリアし過ぎているのが不安になるほどである。

本質が中距離馬?
中山記念の中山1800条件はむしろマイラー寄りですが?

マイルが不安?
チューリップ賞でハープスターの2着。
桜花賞で3着で東京コースのオークスで逆転しましたが?

むしろここまで抜けているなら姑息なイン突きよりも
外から堂々と抜け出す王道のレースをした方が取りこぼさない。

岩田が府中を苦手だったのももはや過去の話。

怖いのは桜花賞で敗れたレッドリヴェールの復活くらいである。

地力強化が著しいカフェブリリアントと
イン突きを狙えるタガノエトワールが連下候補。

恐ろしいほどに行きそうな馬がいないのも大きい。
ケイアイエレガントくらいであるが、この馬はスロー希望の馬。
京都牝馬S(G3)にしても京都の八百長馬場での前残りが勝因。

後ろからの馬はよほど切れに切れないと前を捕まえることは出来ない。

ディアデラマドレがマイラーズC(G2)で31.9を使って7着?

あんなの飾りです。偉い人にはそれが分からんのですよ。

◎ヌーヴォレコルト
○レッドリヴェール
▲カフェブリリアント
△タガノエトワール
△スイートサルサ
関連記事

タグ: ヴィクトリアマイル 
tb: (0)     com: (0)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング