Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
     n e x t »

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 11:51:14 «edit»

Category:WIN5

福島11R 七夕賞(G3)の予想 

■福島11R 七夕賞 G3 芝2000

12年にアスカクリチャンの14人気が目立つが、
以降は5人気以内での決着が続いている。

1人気で堅いのかとなると話は別だが、
誤差があっても234程度なら想定内。

欲張っても7人気くらいまで。

データ的に注目したいのが57.0キロの馬が、
過去10年で5勝を挙げていること。

今年のメンバーで該当しそうなのは以下。

ゼーヴィント    57.0
マイネルフロスト  57.0
マルターズアポジー 57.5

基本はこの3頭が主軸でいいのではないか。

年齢も5,6歳優勢である。

ハンパに穴人気しそうなスズカやヴォージュは
妙味が少なく人気先行の判断。

ここらを買うくらいなら
まだフェルメッツァやパドルウィールに妙味。

重賞級のマイネルミラノに詰め寄った福島民報杯は評価。

3着サンデーウィザードが新潟大賞典を勝ったのなら
2着フェルメッツァも通用していい。

6着ステイインシアトルも鳴尾記念を勝っている。

◎マルターズアポジー
〇マイネルフロスト
▲ゼーヴィント
△フェルメッツァ
△パドルウィール
関連記事

タグ: 七夕賞 
tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 12:28:01 «edit»

Category:WIN5

福島11R 七夕賞(G3)の予想 

■福島11R 七夕賞 G3 芝2000 ハンデ
せっかくWIN4まで突破したとしても
最後の七夕賞を1,2点で迎えるほど恐怖はないだろう。

ラジオNIKKEIで外枠の馬が成す術もなかったように
馬のみならず騎手の福島適性も求められる。

シャイニープリンスにしてもこの大外枠は試練だ。

福島民報杯を圧勝したからといって
そのときに負かした相手はヤマニンボワラクテくらい。

そのヤマニンは天の川とのサイン馬券で穴人気どころか過剰人気。

こういうのってまず来ないんだよね。

オーソドックスに5枠より内側が狙い目だろう。

で、改めて精査してみると内枠が優勢で結論。

アルバートドックは穴でならと考えたがこちらも過剰人気。

そもそもイン突きのせこいレースで3キロ重いダコールを出し抜けたのが小倉大賞典。
むしろ最高にハマっての結果なら1キロしかもらえない今回は勝算低い。

ここで勝ち負けできるならエプソムカップでもう少しマシだったはず。

単純だが3,4,5,6番を押さえたい。

本来の能力ならマイネルラクリマもクリールカイザーも文句なしなのだが。

巻き返しの可能性を考えるとメイショウナルト、ダコール、マーティンボロ、マジェスティハーツ。

で、戸崎の福島に敬意を表してアルバートドックまで。

◎マジェスティハーツ
○ダコール
▲マーティンボロ
△メイショウナルト
△バーディイーグル
関連記事

タグ: 七夕賞 
tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 11:54:39 «edit»

Category:WIN5

福島11R 七夕賞(G3)の予想 

■福島11R 七夕賞(G3) 芝2000 ハンデ
ラジオNIKKEI賞のようにハンデ戦の中距離は
荒れる前提で予想に入ってしまうと
終わってみればトップハンデの1人気でしたというオチが怖い。

好相性エプソムC5着ながら人気がなさそうなヒラボクディープは復調気配。
土曜福島を見ていたがノリちゃんは凄く丁寧に乗っていて好感が持てた。

小回りでも大外をぶん回すスカタンが多いのに
しっかりとロスのない内から進路を見つけて差していた。

馬の力で見劣っても騎手の腕で勝たせるというのは見ていて爽快。
好走率の高い目黒記念経由で55キロのレコンダイトはミルコ。

本心では喜んで本命にしたいグランデッツァは川田。

川田と福島のイメージがあまりピンと来なかったが、
福島の2000なら得意条件である京都の1800と似たようなものかも。

先週ルメールに勝たれたらミルコだって燃えない理由はない。
ミルコ、音無、金子と3拍子揃ったらさすがに怖い。

平坦小回りも案外向きそう。

アルフレードは好調教で完全復活間近。
東京新聞杯ではヴァンセンヌを追い詰め、新潟大賞典では上がり最速で3着。
残念ながら鞍上が脚を引っ張る宏司の分だけ減点。

◎ヒラボクディープ
○グランデッツァ
▲レコンダイト
△アルフレード
△マイネルディーン
関連記事

タグ: 七夕賞 
tb: (0)     com: (0)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング