Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
     n e x t »

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 12:26:01 «edit»

Category:WIN1

小倉11R 北九州記念(G3)の予想 

■小倉11R 北九州記念 G3 芝1200 ハンデ
このレースは昨年こそベルカントが2人気で勝利したものの、
穴党御用達なのが本来の姿。

超軽量馬の前残りかハイペースからの人気薄の外差し。

基本的にはいずれかのパターンだ。

そして何より【連覇はない】

なぜかって?

連覇できるほど強い馬はそもそも北九州記念なんて使わないからさ!

ここを勝って出世するならば目指すのはセントウルSからのスプリンターズS。

むしろ一回で卒業できなかったことに限界がある。

要するに【何度も出ちゃいけねえ】ってことなんだよぉ。

そりゃミルコ起用はいいだろうし、平坦小倉も合う。

だが1着はない!(気がする)

そしてベルカントにこれまで負けていたような馬が、
ハンデが少しもらえたからってすぐに逆転できるかってのもない。

安田厩舎で友一なfらデータ的に推奨のプリンセスムーンもアウト。

小倉は苦手な上に得意の千直で勝てなかった相手。

ならどの馬を買えばいいか?

そんなのはラヴァーズポイントしかいねえじゃねえかよ。

CBCでベルカントを徹底マークして差し切ったんだから。

当時が55.5VS50.0で今回が56.0VS51.0の0.5なら誤差の範囲内。

さすがに大外は大きく減点材料だがミルコも逃げたくはないだろう小倉。

対極的に最内を引けたラインスピリット。

55キロは期待値が下がるが行けなかった前走を度外視すれば買える。

◎ラヴァーズポイント
○ラインスピリット
▲ベルカント
△オウノミチ
△プリンセスムーン
関連記事

タグ: 北九州記念 
tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 11:42:35 «edit»

Category:WIN4

小倉11R 北九州記念(G3)の予想 

■小倉11R 北九州記念(G3) 芝1200 ハンデ
直線で2頭が並んだときに
どこまで行っても抜かれないだろうと思える勝ち馬と
後ろの馬の追い出しのタイミングが遅れたお陰で
何とか残れたと感じるそれぞれのケースがある。

ビッグアーサーの前走は薄氷を踏む辛勝であり、
差されるイメージが出来ないものではなかった。

そしてそれは重賞でもなく1600万下自己条件クラスでのこと。

上がりにしても自身の33.4は優秀だが
2着フォーエバーモアのそれは33.1と0.3も負けている。

となると昇級のOPを超えてさらにG3ともなれば
常識的に考えて伸びシロ的にはアウト。

勿論表面的なものと馬の実力は必ずしもリンクしないだけに
それがすべてとは言えないものの、
穴馬ならいざ知らず1番人気なら尚更敬遠したい。

横の能力比較的には前々走負かしたエポワスがOPのUHB賞勝ち。
3走前に負かしたティーハーフが函館SSで楽勝の背景はある。

ただ、エポワスとは同斤でタイム差なしのクビ差。
エポワスが勝ったのはハンデ戦の53キロ。

ティーハーフには1.5キロもらっての勝利。
且つ、本格化したテイーハーフの連勝はその後のもの。

そう考えるとビッグの55キロは少々荷が重い。
まだ53キロくらいなら面白かった印象。

個人的には鞍上の康太も大きな減点材料と考えている。
あくまで押さえまでの評価。。

何となくだが馬柱を見ていて感じたのは
ネロを負かせるかどうかが一定の線引きになりそう。

ネロが近走敗れた相手は出走メンバーからは
ミッキーラブソングとマイネルエテルネルにサトノデプロマット。

◎はミッキーラブソングで攻めてみる。
弘平の1200実績が抜けて優秀なのとG3は橋口厩舎の期待値が高い。

馬自身も前走休み明けで初の1200mに難なく適応した。
母コイウタというのも好きだし同じ1600万勝ちにもかかわらず、
ビッグアーサーは1キロ重い55キロなら当然こちらを選ぶ。

◎ミッキーラブソング
○ベルカント
▲ビッグアーサー
△マヤノリュウジン
△サドンストーム
関連記事

タグ: 北九州記念 
tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 19:55:00 «edit»

Category:WIN4

小倉11R 北九州記念の回顧 

■小倉11R 北九州記念 芝1200 3歳上G3 ハンデ
快速馬メモリアルイヤーが回避したとはいえ、
逃げたアイラブリリのラップは1000m通過54.8。

中間のエントリで書いた通りの走破時計が並び、
データ理論として言っての結果は得られたと溜飲を下げることが出来た。

幸い現在の時計の出る小倉コースはサンプルが多数ある。

----------
シンプルに持ち時計順で拾う。

1.06.9/57キロ ※ニンジャ
1.06.9/55キロ ※バーバラ
1.06.9/55キロ ※スギノエンデバー

昨年と今年のレコードだから
1.06.9を出せれば勝ち負けできる計算。

これを北九州記念のハンデに置き換える。
1キロ=0.1理論

1.06.5/53キロ ※ニンジャ
1.06.7/53キロ ※バーバラ
1.07.1/57キロ ※スギノエンデバー。
----------

北九州記念の1000mラップ54.8は、
バーバラが勝利した佐世保Sと同じ。

そして55キロを背負って1.06.9で走破なら
単純計算では1.06.7も期待できる。

惜しくも敗れたニンジャのバーバラ逆転は
上記ラップ構成から誤差の範囲内。

ハンデの増えたスギノエンデバーは
昨年の1.06.9よりもラップを落とすのも想定内の1.07.0。

ここまで完璧なら的中した人間の文章。
と言いたいところだがいつも肝心なところで詰めが甘いのが小生である。

本命に期待したキョウワマグナムは12着。

勝ったツルマルレオンは昨年の北九州短距離Sの勝ち馬。
当時57キロで1.07.3で時計面の裏が物足りなかった。

データ的には小牧-橋口ラインは注意しろと出てはいたが・・・。

予想以上に人気になったからという理由で、
本命から変えてしまったニンジャだが、
当初の予定通りに本命にしても2,3着で馬券は外れ。

では各馬の所感

・ツルマルレオン
個人的にハーツクライ産駒の重賞勝ちが嬉しい。
2年連続で高松宮記念に出走するなど厩舎の期待度は高い。

勝利騎手インタビューで小牧が、
GIでも3着とか来ている馬なのでと言っていたが間違いだろ。

・サドンストーム
兄ラッキーナインとは似つかわしくない賢兄愚弟。
この距離で出遅れてはどうしようもない。
また、時計面の裏づけに乏しかった。

・バーバラ
能力分は走っての3着敗退。
とはいえ展開的にこの僅差は仕掛けのタイミング。
浜中が騎乗停止なのは痛かった。

・スギノエンデバー
祐一じゃなくても勝ち負けは難しかったのではないか。
上手く乗れば3着はあったかも?

・ローガンサファイア
50キロと軽量に恵まれたとはいえこの相手で4着は立派。
まだ3歳の身だけに今後にも注目したい。

・マイネルエテルネル
小倉2歳S勝ち馬だけに適性はあるが、
ここまでの時計勝負になってしまうときつい。
ハンデの2キロ増も堪えたか。

・ニンジャ
計算上は勝てると考えたが、抜け出すのに手間取った分の負け。
これは上手く乗った小牧と康太の違い。

どうせ馬券を買っても2,3着にされたのだから
小牧の今年初重賞勝利を祝ってあげたい。

これでいっくんに並んだね。
関連記事

タグ: 北九州記念 
tb: (0)     com: (0)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング