Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
     n e x t »

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 10:52:14 «edit»

Category:WIN5

東京10R 東京優駿(G1)の予想 

■東京10R 東京優駿 G1 芝2400 定量

皐月賞1,2着の評価の落としどころが毎日杯やアーリントンCなら
未勝利とはいえ毎日杯の1.46.5を大幅に上回る1.45.8で勝利のアドミラブル。

青葉賞の好時計勝ちは驚く結果ではない。

また、この馬に限っては過去の青葉賞組と違い、
能力的に出られなかったのではなく、喉鳴りの影響でのもの。

過去の青葉賞組とは一線を画する内容と判断したい。

懸念材料だった大外枠も土曜競馬を見る感じだと
内外フラットな馬場で大きな不利にもならなさそう。

となるとむしろ前走でも最後方から大外一気をしたように
器用さに不安のあるこの馬には不利なく走れると好意的な解釈をしたい。

ファンディーナの凡走で楽しみのなくなった3歳世代も
ソウルスターリングのオークス勝ちで落ち着きを取り戻しつつある。

ダービーというレースの格式からも波乱の余地は少なくなったのではないか。

相手には当然皐月賞上位組を採りたい。

◎アドミラブル
〇レイデオロ
▲ペルシアンナイト
△アルアイン
△サトノアーサー
△ベストアプローチ
△ダンビュライト
関連記事

タグ: 東京優駿 
tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 12:24:32 «edit»

Category:WIN5

東京10R 東京優駿(G1)の予想 

■東京10R 日本ダービー G1 芝2400 定量
ブログやtwitterでちょこちょこつぶやいていたが、
ダービージョッキーに相応しいかどうかってのも結構大事。

G1で使い物にならないクリストフや川田が勝つイメージが湧かない。

普通に蛯名かミルコに落ち着いた。

欲を言えばユタカに勝たせたいけど(笑)

蛯名1着武2着ならベストかな。

皐月賞に関してははっきり言って考えうる最高の展開だったのにマカヒキは負けた。

なぜだ?

・・・川田だからさ

個人的にはこの馬のコース適性は東京より中山。

どう考えても一瞬の切れは素晴らしいが、いい脚を長く使うタイプではない。

あの展開で勝てないのならダービーであれ以上はない。

出遅れ気味のゲートで外に逃げていたディーマジェスティが突き抜けたなら
この2頭の力差は思った以上にある。

勿論、サトノダイヤモンドにしても同じ。

休み明けを使って確実に上昇してこっちこそが本番。

そうは思っても相手は生き物だからね。

2走ボケがないとも限らないしサトノだし。

少なくとも小生の考えは皐月とは逆の展開だから前残り。

真ん中より内の先行馬を積極的に穴で拾いたい。

◎ディーマジェスティ
○リオンディーズ
▲エアスピネル
△サトノダイヤモンド
△マカヒキ
△マウントロブソン
△ヴァンキッシュラン
関連記事

タグ: 東京優駿 
tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 13:06:05 «edit»

Category:WIN5

東京10R 東京優駿(G1)の予想 

■東京10R 東京優駿(G1) 芝2400 定量
ダービーは普通に走ればドゥラメンテが断然。

外枠はごちゃつかずに済むだけに気性的にも歓迎だろう。

リアルスティールは内々で出し抜いてこそ勝機があったが、
残念ながら外枠でドゥラメンテの隣り。

キタサンブラックも外を引いたため、
よりいっそうドゥラメンテの勝率は上がった。

1.58秒台云々の件については、そもそもそんな話をやりだしたら
ドゥラメンテどころかリアルスティール、キタサンブラック、サトノクラウンまで該当してしまうんですがそれは。

そもそも一昨年の皐月賞にしてもロゴタイプが1.58.0でエピファネイアが1.58.1。
ドゥラメンテが1.58.2の時点で論外。

アンライバルドの年にしてもあのどろっどろの不良ダービーで何の因果関係が分かろうか。
むしろハイペースの皐月で潰れたロジユニヴァースとリーチザクラウンが巻き返しただけ。

2004ダイワメジャーのときだってダービーは57.6の超ハイペース。
差し追込み馬が台頭した展開を先行してよく残した方。

え?ノーリーズン?15番人気の激走でしょ?
それなら3着タニノギムレットが脚を余して負けた方が大きい。
タニノギムレットは1.58.8で3着だからダービーで影響はなかった。

今年の皐月賞がどうこう言う以前に論理破綻している。

ほぼ完璧なレース運びをしたリアルスティール、キタサンブラックにもかかわらず、
後方から破天荒なレース振りで楽に差し切ってしまったから強かっただけ。

少なくとも今年の皐月賞は前後半イーヴンペースで強い馬しか好走していない。

例年なら勝ち馬レベルだったリアルスティールに運がなかった。

能力断然ドゥラメンテが多少の出遅れ程度は取り返せるだろうが、引っ掛かったら危険。
それでも代わりに勝つならリアルスティールが断然というのは小生としても同じ見解。

◎ドゥラメンテ
○リアルスティール
▲サトノクラウン
△ミュゼエイリアン
△キタサンブラック
関連記事

タグ: 東京優駿 
tb: (0)     com: (0)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング