Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧
     n e x t »

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 12:10:43 «edit»

Category:WIN5

阪神11R 桜花賞(G1)の予想 

■阪神11R 桜花賞 G1 芝1600

前売りでも大金が投入されてソウルスターリングの人気に拍車が掛かった。

ただ、WIN5をやっている側からすれば騎手のルメールの名前を見ただけで不安になる。

昨年もやらかして3着どころか4着に沈めてしまった。

見ていて気になるのは思い切りのなさ。

これだけ馬質に恵まれていながらもう少し強気なレースが出来ないのかなと。

外人福永と揶揄されているようにクリストフも冒険ができないタイプ。

いや、短期免許の頃はまだアグレッシブだった。

JRA所属になって悪い意味で日本の競馬に馴染んでしまったのかも。

所属になってからの方が成績が上がったミルコとは逆のケース。

減点を嫌がって叱られないレースをしようとばかりしているのが見て取れる。

ソウルスターリングの近2走にしても追い出しは周りを見つつでワンテンポ遅い。

昨年のメジャーエンブレムとは違って逃げてこその馬ではないものの、
弱い相手ならともかく今年の世代は昨年同様にライバルも強力。

あまりボケっとしているとチューリップ賞のダイワスカーレットのように
切れる脚のある馬に出し抜かれる可能性もあるのではないかと懸念している。

確かに無敗馬あり続けるには能力なくしては不可能である。

既に1戦とはいえ敗戦したアドマイヤミヤビにはこの点だけは確実なリード。

まあそれもルメールとミルコで相殺されてしまいそうだが・・・。

データ的には123人気のうち2頭が来る確率が過去10年で7回。

3人気までの馬連ワイドでも買っていればとりあえずプラス収支は確保できる?

また、穴狙いも有効ではなく7人気以内程度で収まっている。

123人気を主軸にして4567くらいまでで連下から3着穴が無難な買い方になりそう。

WIN5ではアドマイヤも入れて2頭にしたい。

ここまでソウルが被ったならその逆のケースの配当を捨てるのはもったいない。

持ち時計も2頭が1.33.2で同じ。

◎ソウルスターリング
〇アドマイヤミヤビ
▲ミスパンテール
△リスグラシュー
△ライジングリーズン
△アエロリット
関連記事

タグ: 桜花賞 
tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 09:00:00 «edit»

Category:WIN5

阪神11R 桜花賞(G1)の予想 

■阪神11R 桜花賞 G1 芝1600 定量
今年の桜花賞は近年稀に見るハイレベル。

ただ、メジャーエンブレムで鉄板なのかとなると懐疑的。

今の時計の出る阪神で目標になる脚質がプラスとも考え難い。

個人的には色気を出すと差し馬の切れに屈する可能性が高いと見ている。

おそらく2,3着になるのではないだろうか。

ならば差し切れる可能性があるのもシンハライトとジュエラーしかいない。

3連複なら1点で買いたいくらいのレースだが、
3頭の3連複が340円(入稿時のオッズ)では笑うしかない。

捻くれものとしてはメジャーエンブレムの2着付けの馬単や
2,3着付けの3連単を買いたい。

アットザシーサイドは阪神JFの時点で完敗しており逆転はない。

死んだ振りをしそうなデンコウアンジュと
前走で競馬をしていないレッドアヴァンセの3着食い込みがあるかどうか。

◎シンハライト
○ジュエラー
▲メジャーエンブレム
△デンコウアンジュ
△レッドアヴァンセ

かなりはしょって書いているので詳細は徹底攻略の方を見てもらえると。

ここから飛べます←クリック
関連記事

タグ: 桜花賞 
tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 11:34:21 «edit»

Category:WIN5

阪神11R 桜花賞(G1)の予想 

■阪神11R 桜花賞(G1) 芝1600 定量
桜花賞の予想の詳細については土曜のエントリを参照。

やはり引っ掛かるのは珍しく上位人気馬が、
ディープインパクト産駒ではないということ。

昨秋はディープ祭りが終わったと見せ掛けての連勝劇。
アンチディープの小生には地獄の苦しみだった(笑)

以下は穴馬として要警戒。

コンテッサトゥーレ
クルミナル
アンドリエッテ
ローデッド
メイショウメイゲツ
テンダリーヴォイス

ルージュバックに関しては
能力は圧倒的上だったにもかかわらずシーザリオが吉田稔のへぐりで
ラインクラフトに敗れたケースをイメージしてみたい。
関連記事

タグ: 桜花賞 
tb: (0)     com: (0)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング