Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧
     n e x t »

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 12:01:22 «edit»

Category:WIN4

阪神11R 阪急杯(G3)の予想 

■阪神11R 阪急杯 G3 芝1400

宮記念に直結するレースのため、
阪急杯として予想するよりも宮記念やスプリンターズで
買い目に入れるだけの馬を狙いたい。

他がOPでも微妙なメンバーで実績からシュウジが断然人気は当然。

後は川田が信頼できないのでこれをどうするか。

ただ、G2の阪神Cを勝ってG3の阪急杯にグレードダウンなら前進。

次の中山記念を見据えてもここで絞って最後に余裕を持たせたい気はある。

ところが古谷君の◎を見て不安は的中。

GCを見ていても彼の◎が勝ったのは思い出せない。

また、WIN5の過去で人気馬の一騎打ちムードになった時、
意外と断然の1番人気馬ではなく対抗の2番人気馬が勝っている。

共同通信杯のディープブリランテVSゴールドシップ
VMのブエナビスタVSアパパネなど。

四位の期待値はかなり低くデータ的には買えない騎手となるものの、
最近はいい馬に乗った時にはちょこちょこと勝ちだした。

阪神Cのレース映像を見直すとこの時のロサギガンティアは田辺だが、
出遅れた上に無駄に馬群に突っ込んで、
切れない馬で勿体ない競馬をしていた。

斤量がロサ57キロとシュウジ56キロだったのが
今回はロサ56キロでシュウジ57キロと逆転。

枠もシュウジの7番に対してロサは5番。

さすがに他は力の差が大き過ぎるためにやめるが、
ここはシュウジ1点にするのは避けたい結論。

大多数がシュウジ1点勝負するだけに高配狙いのメリットも大きい。

◎シュウジ
〇ロサギガンティア
▲テイエムタイホー
△ブラヴィッシモ
△ミッキーラブソング
関連記事

タグ: 阪急杯 
tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 12:25:33 «edit»

Category:WIN4

阪神11R 阪急杯(G3)の予想 

■阪神11R 阪急杯 G3 芝1400 定量
阪急杯は基本的に人気サイドのレース。

1着に限らず2着を含めても大抵が4番人気以内での決着。

近年はより高松宮記念との結びつきが濃くなっている。

要は出走メンバーから本番を見据えたときに、
宮記念でも馬券を買う気になる馬がいるかどうか。

さらにはこの中で重賞勝ちやそれに準ずる実績馬がいかほどいるのか。

いや、どう考えてもミッキーアイルが突き抜けている気がする。

ダノンシャークはG1馬で重賞実績も十分だがさすがに8歳で衰えが顕著。

ダイワマッジョーレは昨年勝ち馬だが、スランプがいい加減長引いている。

高倉を起用している時点で陣営にも色気がない。

ミッキーラブソングは母コイウタというのもあれば、
橋口先生のラスト重賞ということで応援的な人気も加味されてのもの。

それでも馬自身に力不足も見え隠れすれば先週の小倉大賞典のように
信じるには小牧の腕では足りない。

ここでも騎手の腕なら川田を押したいけれどもブラヴィッシモはOPすら未勝利。

これならまだシルクロードSを最後方から32.6で上がったヒルノデイバロー。

だがこちらも使い物にならない四位が乗るのが惜しい馬。

で、結局のところ宮記念やCBC賞をイメージするとティーハーフやサドンストームもあり。

そういやこの子ら兄弟だったっけ。

サドンストームの衰えが激しく、それならまだティーハーフか。

◎ミッキーアイル
○ティーハーフ
▲レッツゴードンキ
△ミッキーラブソング
△オメガヴェンデッタ
△ヒルノデイバロー
△ブラヴィッシモ
関連記事

タグ: 阪急杯 
tb: (0)     com: (0)

go page top

Posted on 11:45:30 «edit»

Category:WIN4

阪神11R 阪急杯(G3)の予想 

■阪神11R 阪急杯(G3) 芝1400 定量
サンカルロが決まって好走したように
阪神1400とは特殊な条件。

マイルでは足りなくてスプリントでも勝ち切れない。
そんなどちらかというとどっちつかずの馬が合う。

コパノリチャードの連覇は濃厚だろう。
開幕週の馬場で外過ぎずの9番枠。

スタートの上手い豊なら出遅れの可能性も低い。
58キロでは京王杯SCでの惨敗があるがあれは府中でのこと。
阪神ならまったく気にする必要がない。

先週の小倉でも58キロのカレンブラックヒルが底力を見せたように
気にし過ぎても仕方がない。

雨で重くなる馬場も中京の高松宮記念を勝ったことを考えると杞憂。

逆にみっともないのがミッキーアイル。
口では開幕週の馬場を活かしたいと言っておきながら控えるらしい。

NHKマイルCを勝ったとはいえ2着以下の馬達のその後はさっぱり。
この馬だってベストは超高速馬場の京都の八百長頼み。

阪神では京都のようにはいかないし逃げもしないなら用無し。

また、ダノンシャークなんかもまた祐一を乗せたのは意味不明。
マイルCSの結果を見ても学習しないのなら意味がなかろう。

それならまだオリービンでも買った方がマシ。
あ、そうそう、勿論ミルコのダイワマッジョーレも。

レッドオーヴァルの末脚にも注意。

◎コパノリチャード
○ダイワマッジョーレ
▲オリービン
△レッドオーヴァル
△マジンプロスパー
関連記事

タグ: 阪急杯 
tb: (0)     com: (0)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング