Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 03:12:57 «edit»

Category:WIN5

中京11R 高松宮記念(G1)の予想 

■中京11R 高松宮記念(G1) 芝1200 定量
過去10年いずれも4番人気以内の馬が勝利している。
WIN5的には点数に余裕があれば4人気まで買っておけばほぼ勝利は約束されたもの。

まあそんな余裕なんてないから頭を悩まされる訳なのだが・・・。

土曜の夜の段階で上位人気は5頭。

1人気ミッキーアイル
2人気ストレイトガール
3人気エアロヴェロシティ
4人気ダイワマッジョーレ
5人気コパノリチャード

※ドバイの中継を見た後なので2:30くらい

まずは阪神Cでも真っ先に消して痛い目にあったミッキーアイル。
懲りずにまた消したい。

あの1走だけで逃げなくても大丈夫と安心できるほど
お人好しではないのが無駄に競馬歴の長い人種の疑い方。

それ以前に芝のG1で浜中を買えるとも思わない。
WIN5対象レースでの中京コースの勝利はマジンプロスパーのCBC賞のみ。
G1レースにしてもミッキーアイルのNHKマイルとショウナンパンドラの秋華賞のみ。

着はあったとしても浜中での頭はほぼないと結論。

ストレイトガールの大外18番はさすがに可哀想。
イン突きでこその岩田もこれでは掲示板が精一杯かも。

食指が動くのは香港馬エアロヴェロシティ。
何しろ他国に比して輸送の負担が少ないことと、
現実に香港スプリントでストレイトガールを退けている。

ロードカナロアが強過ぎたせいで忘れてしまいがちだが、
もとをただせば香港馬のスプリント路線は世界最高レベル。

まだまだ先行が残れる中京なら4番枠で
逃げ先行も差しも可能なこの馬なら相手関係は随分楽だ。

阪神Cや阪急杯組の傾向は勝ち馬ではなく人気で敗れた馬が、
本番の宮記念で巻き返し、勝ち馬は必ずしも連勝しない。

一昨年のロードカナロアは実績的に能力を語るレベルではなかったし、
昨年のコパノリチャードは4馬身差の大楽勝の裏づけがあった。

データも時計の遅かった不良の阪急杯よりも阪神Cを重視。
その理由は勝ち馬リアルインパクトの海外G1優勝。

やはりコパノリチャード、ダイワマッジョーレは評価したいところ。
だが、コパノリチャードはさすがに展開的に難しい。

ハクサンムーンやアンバルブライベンを向こうに回してまで
ハナを切れるほどのスピードは持ち合わしていない馬。

さらには豊さんの流れも今年はダート寄りで芝では噛み合っていない。
フェブラリーSはダートG1で流れは別物。
コパノはハナに行ってこそと考える当方は買えない。

本命候補はエアロヴェロシティとダイワマッジョーレの結論。
土曜は微妙にやらかし気味だったミルコもG1ではやはり頼りになる。

矢作厩舎のG1実績が弱いのが懸念材料だが、
ミルコのG1実績はそれを補って余りある。

一発の魅力は最内リトルゲルダ。
北九州記念では8人気を拾わせてくれた一方で
セントウルSではWIN5の野望を打ち砕いてくれたのもこの馬。
休み明けのオーシャンSを使って6着から予定通りの出走。
この枠ではイン差ししか戦法がないだけに腹を括れるのも悪くない。

後は激しい先行争いになっても生き残りそうなハクサンムーンに
地味にローブティサージュ。

◎エアロヴェロシティ
○ダイワマッジョーレ
▲リトルゲルダ
△ハクサンムーン
△ローブティサージュ
関連記事

タグ: 高松宮記念 

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2295-cae93b53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング