Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 13:27:06 «edit»

Category:WIN5

第75回桜花賞(G1)の予想 

桜花賞(G1)過去10年からの傾向と対策

◆2014 良 33.8-36.3 ★チュリ良 35.3-34.9/1.34.3
1着8枠18ハープスター   牝3 川田 1.33.3 18-18 32.9 1 松田博 チュリ(G3)1着
2着6枠12レッドリヴェール 牝3 戸崎 1.33.3 13-15 33.4 2 須貝尚 阪神JF(G1)1着
3着5枠10ヌーヴォレコルト 牝3 岩田 1.33.4 12-12 33.8 5 斎藤誠 チュリ(G3)3着

◆2013 良 34.8-36.1 ★チュリ良 35.9-34.7/1.34.9
1着4枠07アユサン     牝3 C.デ 1.35.0 09-10 35.5 7 手塚貴 チュリ(G3)3着
2着7枠14レッドオーヴァル 牝3 M.デ 1.35.0 15-14 35.1 2 安田隆 チュリ(G3)7着
3着5枠09プリンセスジャック 牝3 福永 1.35.4 13-14 35.6 14 加用正 チュリ(G3)8着

◆2012 良 34.9-35.3 ★チュリ良 35.7-35.3/1.35.5
1着5枠10ジェンティルドンナ 牝3 岩田 1.34.6 10-10 34.3 2 石坂正 チュリ(G3)4着
2着7枠15ヴィルシーナ   牝3 内田 1.34.7 04-04 35.1 4 友道康 クイC(G3)1着
3着6枠11アイムユアーズ  牝3 N.ピ 1.34.8 07-06 34.9 3 手塚貴 フィリ(G2)1着

◆2011 良 34.6-35.4 ★チュリ良 35.5-34.4/1.34.5レーヴ
1着4枠08マルセリーナ   牝3 安藤 1.33.9 15-16 34.3 2 松田博 エルフ(OP)1着
2着8枠16ホエールキャプチャ 牝3 池添 1.34.0 15-17 34.3 1 田中清 クイC(G3)1着
3着8枠17トレンドハンター 牝3 岩田 1.34.1 17-18 34.2 4 松田博 フラC(G3)1着

◆2010 良 35.6-34.4 ★チュリ重 36.0-35.3/1.36.1
1着5枠09アパパネ     牝3 蛯名 1.33.3 05-04 34.1 1 国枝栄 チュリ(G3)2着
2着4枠08オウケンサクラ  牝3 安藤 1.33.4 01-01 34.5 3 音無秀 フラC(G3)1着
3着6枠11エーシンリターンズ 牝3 福永 1.33.4 03-02 34.3 11 坂口正 チュリ(G3)3着

◆2009 良 34.9-34.9 ★チュリ良 36.0-35.2/1.36.5
1着5枠09ブエナビスタ   牝3 安藤 1.34.0 16-16 33.3 1 松田博 チュリ(G3)1着
2着8枠18レッドディザイア 牝3 四位 1.34.1 12-12 33.7 2 松永幹 エルフ(OP)1着
3着7枠15ジェルミナル   牝3 福永 1.34.3 14-14 33.8 5 藤原英 チュリ(G3)5着

◆2008 良 34.6-35.9 ★チュリ良 36.1-34.5/1.35.8
1着7枠15レジネッタ    牝3 小牧 1.34.4 10-10 34.5 12 浅見秀 フィリ(G2)3着
2着8枠18エフティマイア  牝3 蛯名 1.34.5 06-06 35.4 15 鹿戸雄 クイC(G3)6着
3着7枠13ソーマジック   牝3 後藤 1.34.5 08-08 34.8 5 田村康 アネモ(OP)1着

◆2007 良 35.7-33.9 ★チュリ良 35.4-33.9/1.33.7
1着8枠18ダイワスカーレット 牝3 安藤 1.33.7 03-03 33.6 3 松田国 チュリ(G3)2着
2着7枠14ウオッカ     牝3 四位 1.33.9 07-06 33.6 1 角居勝 チュリ(G3)1着
3着2枠03カタマチボタン  牝3 藤田 1.34.5 03-03 34.4 7 加藤征 クイC(G3)2着

----------◆コース改修

◆2006 良 34.8-35.8 ★チュリ良 35.6-36.4/1.36.5
1着7枠14キストゥヘヴン  牝3 安藤 1.34.6 16-13 34.9 6 戸田博 フラC(G3)1着
2着4枠08アドマイヤキッス 牝3 武豊 1.34.7 12-10 35.3 1 松田博 チュリ(G3)1着
3着6枠12コイウタ     牝3 横山 1.34.7 09-05 35.5 5 奥平雅 クイC(G3)1着

◆2005 良 33.8-35.5 ★チュリ良 35.5-35.4/1.35.3
1着8枠17ラインクラフト  牝3 福永 1.33.5 04-04 34.7 2 瀬戸口 フィリ(G2)1着
2着4枠07シーザリオ    牝3 吉稔 1.33.5 11-10 34.4 1 角居勝 フラC(G3)1着
3着5枠09デアリングハート 牝3 M.デ 1.33.6 02-02 35 10 藤原英 フィリ(G2)2着

■人気別成績
1人気 3.4.0◎
2人気 3.3.0◎
----------
3人気 1.1.1
4人気 0.1.1
5人気 0.0.4
6人気 1.0.0
7人気 1.0.1
8人気 0.0.0
9人気 0.0.0
10人下 1.1.3

1,2人気は人気に応える可能性が高い。
1人気は7回着内。
2人気は6回着内。

うち1,2人気共に着内は4回。
1,2人気がいずれも飛んだのは1回のみ。

※レジネッタの勝利で大万馬券となった2008の一度きりで
これは参考外のデータとした方がベター。

軸馬を決めるには1人気か2人気を好みで決めるか、
それぞれを軸にした2パターンでの流しが得策か。

■枠番別成績
1枠 0.0.0
2枠 0.0.1
3枠 0.0.0
----------
4枠 2.3.0◎
5枠 3.0.3◎
6枠 0.1.3
7枠 2.3.2◎
8枠 3.3.1◎

圧倒的に外枠有利の傾向。
やはり真ん中よりも外の枠が欲しい。

長い直線を外に出しての差し切りが勝利パターン。

■ステップ別成績
阪神JF(G1) 0.1.0※勝ち馬
チュ賞(G3) 6.3.4
フィリ(G2) 2.0.2※3着以内
クイC(G3) 0.3.2※勝ち馬/6着馬
フラC(G3) 1.2.1※勝ち馬
エルフ(OP) 1.1.0※勝ち馬
アネモ(OP) 0.0.1※勝ち馬

3割以上の確率でチューリップ賞組が着内。
勝ち馬も穴馬もこの組を狙いたい。

■種牡馬別成績
ディープインパ 4.2.0◎
----------
スペシャルウィ 1.1.0
アグネスタキオ 1.0.1
キングカメハメ 1.0.1
フレンチデピュ 1.0.0
アドマイヤベガ 1.0.0
エンドスウィー 1.0.0
マンハッタンカ 0.1.1
フジキセキ 0.1.1
サンデーサイレ 0.1.1
クロフネ 0.1.0
バゴ 0.1.0
ステイゴールド 0.1.0
タニノギムレッ 0.1.0
ハーツクライ 0.0.1
ダイワメジャー 0.0.1
ファルブラヴ 0.0.1
シンボリクリス 0.0.1
ダンスインザダ 0.0.1

初年度産駒のマルセリーナがいきなり桜花賞を勝利。
以降は4年の間で4.2.0なのだからディープが抜けている。

これではいくらアンチディープでも無視する訳にはいかない。

今年の出走馬でディープ産駒は以下。

コンテッサトゥーレ
クルミナル
アンドリエッテ
ローデッド
テンダリーヴォイス
メイショウメイゲツ

■勝ち時計順
1.33.3 ハープスター
1.33.3 アパパネ
1.33.5 ラインクラフト
1.33.7 ダイワスカーレット
1.33.9 マルセリーナ
1.34.0 ブエナビスタ
1.34.4 レジネッタ
1.34.6 ジェンティルドンナ
1.34.6 キストゥヘヴン
1.35.0 アユサン

チューリップ賞に比べると時計がひとつからふたつは速くなる。
勝ち時計の遅いチューリップ賞は信用しない方がいい。

今年は1.37.7と近年稀に見る時計の遅さがトラップかもしれない。
安易に好走馬を評価するよりも凡走組の方が魅力。

重や重に近い良だと一見派手な勝ち方に見えても
良になった途端、大したことがなかったケースに注意。

1人気で惨敗のクルミナルや
明らかにパフォーマンスの下がったコンテッサトゥーレに要警戒。
いずれもディープ産駒であり、コンテッサの母はエアトゥーレ。
昨年2着の安田隆行厩舎で勝負騎手のルメールなのも不気味。

■前走着順
原則として3着以内が条件。
少なくとも重賞勝ちなどの能力的な背景は欲しいところ。

※例外ケースの情状酌量は以下。
レッドオーヴァ 7着だが2人気
プリンセスジャ 8着だが母ゴールデンジャック
ジェンティルド 4着だがシンザン記念勝ち
ジェルミナル 5着だがフェアリーS勝ち
エフティマイア 6着だが新潟2歳S勝ち

★まとめ
圧倒的1人気が想定されるルージュバックの評価をどうすべきか。
データからは思い切っての消しも無理筋ではない。

きさらぎ賞経由の臨戦過程を牡馬相手に楽勝したから問題なしと見るか、
基本に忠実に規格外の馬だろうが例外は認めずのスタンスを取るか。

個人的にはもう少し2,3人気あたりも頑張ると推測していたものの、
思っていた以上に抜けた人気となったことに少々驚いた。

まあ能力的に疑いようがないのは納得。

百日草特別で後の京成杯勝ちベルーフ、
毎日杯勝ちミュゼエイリアンをレコードで一蹴。

きさらぎ賞でも2着馬以下を問題にしなかった。

不安材料があるとすれば鞍上の戸崎くらいかもしれない。

楽に突き抜けるか戸崎がヘグって前が詰まったり、
脚を余しての2,3着か。

少なくともデータにHITしないといえど、
これは強過ぎた馬だからこそHITしないのが結論。

無理に消すのは賢明ではないだけに、
穴党の意地で馬よりも戸崎が弱点の予想を組み立てたい。

着を外すことはほぼないと考えて軸馬はルージュで
2着3着に負けての高配狙いをしてみたいところ。

小生の嫌いなディープ産駒は5頭いるが、
買えるのは以下の3頭。

コンテッサトゥーレ
クルミナル
アンドリエッテ

昨秋でも嫌になるほどディープ産が活躍。
好き嫌いよりも的中を優先するのは当然だけに仕方なし。

ただ、穴人気以上に人気しそうなのがアンドリエッテ。
チューリップ賞で3着が評価されそうだが、
クイーンCでも酷かったし、川田の乗り方は評価しない。

祐一がマイラーなのは有名だが、川田はマイラーではなく、
中距離以上の方が上手い。

一発狙いの穴なら謙一のクルミナルに食指。
コンテッサトゥーレは血統ロマン好きの小生には
スキーパラダイスの名前が出ると買いたくなる上に
鞍上が頼れるルメールなら押さえておきたい。

★結論
軸馬としてのルージュバックには敬意を払いつつ、
◎にはあえてのクイーンズリング。

いつもはもっともらしい理屈とデータを並べるのだが、
この馬に関してはデータ理論のスタンスを真っ向否定の直感。

馬のスケールもそうだが、ミルコと相性がよさそうなのが気に入った。
正直2強になって少し離された2人気だと思っていたが、
前売りの段階ではそうでもない様子。

ならば尚更配当面での期待値も上がりそう。
馬名も桜花賞馬に似合っている。

外がごちゃつくようなら内から経済コースを走れそうな2頭。
最内2頭のコンテッサトゥーレとムーンエクスプレスに再考の余地。

外の有力馬の駆け引きを無視して自分のレースに徹することで、
能力以上の好走も期待できそうだ。

残り1頭の無敗馬キャットコインは微妙。
確かにクイーンC組は勝ちはしないものの好走例が多く無視出来ない。

が、レースを見た限りでは能力よりも巧さでの勝利で、
ミッキークイーンやアンドリエッテの方が負けてなお強しの印象。

後は嵌まったときしか来なさそうな川田のアンドリエッテよりも
安定してセット販売のココロノアイとレッツゴードンキ。

データ理論のスタンスをほったらかして己の直感を取ったのが
吉と出るか凶と出るか?

◎クイーンズリング
○ルージュバック
▲コンテッサトゥーレ
△クルミナル
△ムーンエクスプレス
△ココロノアイ
△レッツゴードンキ
関連記事

タグ: 桜花賞 

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2304-9f0eddef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング