Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 21:38:01 «edit»

Category:回顧

もうミルコ教入信するしかないよね 

■小倉10R 響灘特別 1000万 ダ1700 定量
1着▲グレナディアーズ
2着-スズカウラノス

ここまでWIN5対象レースで4連敗中だったグレナディアーズが、
5戦目にして初の対象レース勝利となった。

とはいえ勝ち時計は1.44.2と平凡。

7R500万の勝ち馬サクセスグローリーの1.43.6の方が上回った。
こちらは1100m1.05.2-1700m1.43.6と0.6も速かった。
しかも勝ったのは逃げた馬が楽勝。

サクセスグローリーも1000万からの降級だったとはいえ、
仮に10Rに出走していたら3馬身くらい離していたのではないか。

2着スズカウラノスも3着メイショウドゥーマも低調で
ここはいかに相手関係に恵まれた結果だったのかがわかろうもの。

次走1600万に出て来たら迷わず消したい。

ただ、友一の乗り方はある程度前を意識して捕まえにいっており好感。

むしろ好スタートをボケーっとして追走しなかった太宰には嫌悪感。
直線では展開が向きそうだったとはいえ、
小回り小倉を意識するならポジションはもう少し前で競馬をしなければ。

+14だから次はガラッと変わってきそう。

なんだかんだで10番人気の馬を3着に突っ込ませた豊はさすがの腕。
ダートは安定している。

【ダート】ではだが。

■新潟10R 岩室温泉特別 1000万 ダ1200 定量
1着◎アンナミルト
2着-メイショウユメゴゼ

データは重視しているのは当然ながら
騎手の動向や変化を気にするのは重要。

そういう意味では最近のミルコがダートで結果を出し始めていたのは気付けた。

以下は予想で触れた内容。
----------
少し前ならダートでは用無しだったミルコが、
抜群の適応で最近は結果を出し始めたなら軽視は禁物。

ワディは宏司のダート勝率が低く連下までの評価。
WIN5的には微妙。
----------

ワディは宏司に積極性がないのはともかく、
+14キロもさながら中山のブラッドストーンSで
ひしひしと感じた馬の物足りなさ。
挙句に1番人気になんてなったらそりゃ消す。

能力比較的にはパイメイメイに先着可能な計算だった岩田のケッキセヨは案外。
直線では余力もなくズルズルと下がった。

行くと思った内田もまさかの後方待機。

意外にも先行勢が総崩れで粘ったのがワディの5着。

前が残る舞台設定のはずの小倉ダ1700も新潟ダ1200も残れなかったのは予想が難しい。

■札幌11R クイーンS(G3) 芝1800 定量
1着-メイショウスザンナ
2着◎レッドリヴェール

まさかまさかの展開でレッドリヴェールが差されての2着。
断然人気のプレッシャーもありながらルメールはよく乗った。

開幕週の馬場だから前がやりあい気味でも行くのは仕方がない。
そしてそれをマークするのも人気馬の宿命。

だがそれでも勝ち切るのが本当に強い馬であり、
いくら息の入らない展開とはいえ負けてしまったのはガッカリ。

何しろG3でありながら1.47.1の時計は7Rの500万下の1.46.5よりも見劣る。

7Rの1000mのラップが59.3でクイーンSのラップは59.9でしかない。

少なくとも牡馬相手に重賞で勝負しないとならない期待を受ける馬としては
牝馬相手に500万下より遅い時計で差し切られては絶望としか言いようがない。

仮に7Rに出ていれば1.47.1では3着になってしまう。

異なるレースを比べるのも詮無きことだがこれは言わざるを得ない。

レッドリヴェールはやっぱり終わってしまっていたのである。

ルメールの乗り方に異論はない。
あれはもう乗り方としてはケチのつけようがない。

負けてもケチのつけようがないだけの乗り方をしてくれるのだから信用も出来る。

メイショウスザンナは好きな馬だけれど
いくらなんでもこのタイミングで重賞初制覇しなくても(笑)

ただ、大作は頑張っているから応援したい騎手ではある。
WIN5でもなかなか渋い仕事をしている。

確か今年のファルコンSで重賞初勝利だったから
これで今年になってから2勝目。

■小倉11R 佐世保S 1600万 芝1200 定量
1着-ミッキーラブソング
2着○ネロ

やはりというかなんというか・・・。
豊ちゃん芝で勝てないよね。

これがダートだったら楽勝したのかもしれないけれども
芝で勝てない武豊は継続してしまった。

予想で触れたのが以下。
----------
真っ先に◎を打ちたくなったのがネロ。
それは衆目も一致するところだろうけれども、
データで引っ掛かったのが、豊ちゃんの小倉芝成績。

開幕週だからアイビスサマーダッシュのように
ひたすら逃げ先行でガリガリやり切ればいいのだが、
豊ちゃんはそういうのあまりやらないのよ。

いい解釈をすればスマートに綺麗に乗るだが、
悪い意味ではがむしゃらさがない、ガッツが足りない。

カッコつけて乗ろうとしすぎてヘマをする。

ただ、肝心のネロはテンから出していった方がいいし、
それが近走の安定した好走に繋がっている。

一馬がラインスピリットで競り掛けていけばペースが上がる可能性もある。

開幕週とはいえ予想外に前がやりあってくれれば、
そこはそこで持ち時計1位のプレイズエターナルで届く計算。
----------

武豊の小倉芝の成績

1着*1
2着*6

ここも8Rでそこそこいい時計。
5R500万で
1.08.1=33.4-34.7

・佐世保S
1.07.9=33.7-34.2

上がり最速がシルクドリーマーの33.1なのだから
これは前半もっと飛ばしても問題なかった。

確かにハナ差ではあるが、
もったいぶって乗ったところで切れる脚がない馬なのだから。

むしろ持っているスピードを存分に活かした方がよかった。
前走福島で1.07.5で走っているなら小倉なら同じくらいは走れる。

勝ったミッキーラブソングは感情的なもつれが買わなかった理由。
土曜競馬を見てしまって小牧に腹が立っていたから(苦笑)

キリシマホーマでの連続した無気力騎乗にかなりイラついていたためである。

勿論この馬が母コイウタでさらには降級馬であることは分かっていた。

それでも小牧では買う気にならなかった。
ただそれだけのことで他の騎手なら買ったのも真実。

1200未経験なことも決め手となったが、
小生の好きなロマンはあっただけに何とも複雑。

騎手のせいで負けたとなれば友一のプレイズエターナル。
直線ではほぼ最後方に近い位置取りから脚を余しての3着まで。

お前の頭にまくるくらいの発想はないのか?と聞きたい。
京都で1.07.1走れるだけの時計もある馬だから追走に苦しんでいた訳でもない。

要するにボケッとしすぎなのだ。
ワンテンポツーテンポ仕掛けを早めていれば差し切れた計算。

まあ乗り方としては失格ではないが、勝てたレースでもあったのは勿体無い。

■新潟11R アイビスSD(G3) 芝1000 定量
1着○ベルカント
2着-シンボリディスコ

この毎日クソ暑い中でただでさえ痩せるのに二桁増が4頭。

WIN5で狙ったベルカントとヘニーハウンドがともにそれで
予想以前にちゃんと仕上げてこいやちくしょうと思いきや、
ベルカントは楽勝してしまった。

CBCでいっ頓挫あっての臨戦だっただけに調整の不安もあったが、
なんとまさかの1番人気の支持。

初の千直でもありせいぜい3,4番人気になるだろうと考えていた。
競馬ファンとはまったく恐ろしいものである。

そんな目利きのファンが予想をしているにもかかわらず、
これだけWIN5が荒れるのだからそれはもうどうしようもないわけで。

まあそれでもセイコーライコウの連覇がないことだけは
予想の段階ですぐに分かっただけマシか。

昨年の勢いはやはりなくなっていた。
マスコミが衰えなんてまったくないとかおかしな情報を出すから
改めてレースの映像を見直して余計な手間がかかったじゃないか。

勝ち時計も優秀で例年の想定以上に速かった。

それにしても想像以上の適性を見せたベルカントも
10Rのダートからあっさり連勝して見せたミルコ様にも恐れ入る。

ここをミルコ1点でいずれも抜けられたらもっと楽に予想できたのだがね。
これはあくまで結果論。

とはいえベルカントは明らかに別馬のように変身。

1000mの競馬はスピードも求められるが、
よほどずば抜けてないとそれなりに切れも要求される。

同馬のスピードはわかっていても上がり31.9というのはさすがに想定外。

しかも1000mにもかかわらず2馬身差の完勝。
これは短距離ほど着差が開かないと言われる中では楽勝の部類。

休み明けでここまで走れるのならスプリンターズでも普通に通用する計算。

そう、ミルコならね(iphone風

豊ちゃんはツキもないなあ。
元は豊ちゃんが乗ってた馬なのに。

それと戸詐欺!
てめー何逃げてんだよwww

逃げなくてもベルカントには勝てなかっただろうけど文句言うのも面倒くさい。

■回顧
小倉10Rをグレナディアーズが勝って小倉ダ1700は1番人気が初勝利。

新潟10Rもミルコの変化を読み取ってセーフ。

これまでのデータだけならミルコは黙って消しを回避成功。
ここは毎週土曜競馬もチェックしているのが役に立った。

さて札幌取ったら何とかなるんちゃうかなんて思ったのも束の間、
まさかのメイショウスザンナにぶっ壊される。

大作は苦労してるからなあ。
まあ仕方がない。
素直におめでとうやで。

WIN5では結構いい仕事してるのよ大作。
後は隼人と津村が個人的な推し。

佐世保Sのミッキーラブソングに関しては
ウン小牧死ねの感情的な固執からの消し。

これでレッドリヴェールが勝ってたら
少なからず発狂まで行かなくとも壁くらいは殴ったかもしれない(笑)

37票の的中で配当は10823530円。

終わってみれば結構な配当になったのは豊と大作が元凶。

ただ、それほど絶望感はなかった。
小倉は自業自得的な部分もあったので納得している。

先週戸崎が酷かったからあえてヘニーハウンドなんて押さえてみたが、
注意すべきは土曜のつい昨日にイラついた小牧だったオチ。

そう考えると札幌はもはや事故レベルだから後には引き摺らないで済む。
あれは自分の予想の問題ではなく大作が頑張りすぎただけの結果。

同じ外れても想定の範囲内のハズレと手も足も出なかったハズレでは違う。
これならまだまだモチベーションは確保可能というもの。

で、話は変わってここ最近の詰めの甘さを払拭するべく、
ここに来て整理しているデータの大幅なテコ入れを始めている。

先週からやってるけどなかなか終わらずに1週間経過してしまった。
そりゃまあ2011年からのデータってそら膨大な量だもの。

そして膨大なのもともかくとして余計なデータも拾い過ぎているとも気付いた。
ある程度シンプルに収束させていないと情報が多過ぎて自分が混乱する。

そう、もっとすっきりとした指標を作りたい。

現在調整中なので機会があればここでも公開する予定。

それと既にお気づきかもしれないが、
今日の連勝でミルコがWIN5対象レースの芝のリーディングに。

しかもミルコが騎乗始めたのって春からなんですがそれは。
正月から乗ってる連中は無事死亡。

ただでさえ芝でキレッキレなのに今日みたいにダートまで克服したら
もはやミルコのリーディングはほぼ確定だろう。

久しぶりにネタ画像なし(笑)

2015 勝率 1着 騎乗
デム 0.346 9 26
岩田 0.214 9 42
祐一 0.171 7 41
戸崎 0.163 7 43
川田 0.182 6 33
宏司 0.129 4 31
ベリ 0.231 3 13
松田 0.167 3 18
ルメ 0.125 3 24
勝浦 0.125 3 24
関連記事

 

コメント有難うございます。
メルマガの予想がいつも当たらなくてすみません;
チラシの裏にでも書くようなスタンスのブログですが、
少しでもお役に立てているようなら幸いです。

  by くる馬

 

いつも楽しく拝読させていただいております。
私は競馬では個々のレースは買いませんが、メルマガでご提供いだだいているWIN5予想の4800円だけは、毎週小遣いから捻出して口座を持っている友人に頼んで購入しています。
実は競馬自体はよくわかりませんが、記事が面白く、これからも週末の楽しみに続けていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

  by 名無しさん

Comment-WRITES

go page top

 この記事に対するコメント 

コメント有難うございます。
メルマガの予想がいつも当たらなくてすみません;
チラシの裏にでも書くようなスタンスのブログですが、
少しでもお役に立てているようなら幸いです。

2015/08/03 07:16 | URL | くる馬 #-  edit

いつも楽しく拝読させていただいております。
私は競馬では個々のレースは買いませんが、メルマガでご提供いだだいているWIN5予想の4800円だけは、毎週小遣いから捻出して口座を持っている友人に頼んで購入しています。
実は競馬自体はよくわかりませんが、記事が面白く、これからも週末の楽しみに続けていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

2015/08/02 22:20 | URL | 名無しさん #-  edit

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2411-f92634f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング