Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 10:09:38 «edit»

Category:WIN5

中山11R 京成杯AH(G3)の予想 

■中山11R 京成杯AH(G3) 芝1600 ハンデ
サマーマイルシリーズの対象馬が多数出走。
休み明けの馬より本気度が高いだけ信用出来そうだ。

スマートオリオン、レッドアリオン、アルマディヴァン、
ダローネガ、ヤングマンパワーが出走。

過去10年で6歳馬が未勝利なことを考慮すると
ダローネガは脱落。

また、ハンデ戦のために半でのサジ加減も影響する。

★中京記念
1着57.0スマートオリオン
2着52.0アルマディヴァン
-----0.1-----
3着55.0ダローネガ
-----0.2-----
8着57.5レッドアリオン

★関屋記念
1着57.0レッドアリオン
-----0.2-----
3着53.0ヤングマンパワー
4着54.0アルマディヴァン
-----0.3-----
11着57.0スマートオリオン

まず圧倒的にマイナス材料ばかりなのがスマートオリオン。
ハンデが減るどころか0.5増量の上にミルコも乗らない。

ダローネガも6歳NGもあればハンデも変わらずで前進期待薄。

1キロ減のアルマディヴァンは最内も引けて好材料。
とはいえ中京記念で5キロももらって
スマートオリオンを差せなかったのは不甲斐なさを感じる。

勝浦は内枠でもイン突きをするタイプでもなく怖さがない。

また、人気の3歳2頭についても休み明けで古馬相手の重賞がどうか。

NHKマイル好走組の2頭ミュゼスルタンとアヴニールマルシェが、
先週の新潟記念で揃って凡走したように信頼度は怪しい。

思い出したいのが春の東京の馬場状態は異常であったこと。

時計が速いまま逃げ馬が捕まらないという偏重馬場。

その弊害がまさにVMでありNHKマイルだったと言える。

アルビアーノの好走は勿論評価はするけれども馬場の恩恵は否定できない。

そしてそんな馬場の最内をロスなく走って5着のグランシルク。
外を回して差がないに等しいアタマ差6着ヤングマンパワー。
走った距離を考えたらヤングマンパワーが上の評価も可能。

なるほど、、、関屋記念で0.2差の3着も納得がいく。

しかも休み明けでプラス18キロの馬体である。
一度使っての良化は間違いなく1キロ増量程度なら気にする必要はない。

むしろ問題はよりによって7枠13番を引いてしまったことの方だが、
先行するならそれほどはロスなく走れるのではないか。

松岡は距離ロスを避けて乗るだけの技術はある。

本命は58キロを嫌われて人気が下がるようならむしろ歓迎してレッドアリオン。
ニューイヤーS勝ちやNZT2着もあり、中山が苦手なわけでもない。

兄のクラレントが新潟とはいえ昨年のこのレースの勝ち馬でもある。
この為に乗りにきた川須にしても気合が入るところ。

◎レッドアリオン
○ヤングマンパワー
▲アルビアーノ
△アルマディヴァン
△グランシルク
関連記事

タグ: 京成杯オータムハンデ 

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2446-c56663de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング