Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 19:21:31 «edit»

Category:回顧

そろそろ無想転生が使えそうなWIN5反省会 

■東京10R 昇仙峡特別 1000万 ダ2100 ハンデ
1着-リアライズブラザー
2着○カンデラ

雨の影響でダートは重。
これはは前残り待ったなしからの先入観あり。

ところがいつもは無気力騎乗が多いのになぜか競り合う展開。

逃げでしか結果の残せないエダテルがポリシーを貫くのは
許容範囲だったがわけわからんのは大知の強引な逃げ。

挙句大差負けの最下位になって意味が分からない。

乗っている人間の意図が見えない。
隊列が決まった状態からの無意味な競り掛け。

しかもハイペースになりつつあったのに。

ティーポイズンはスタートからハナを主張。
蛯名トミケンと大野カンデラはペースが速いと見て待機。

大知のハーストイーグルは直線まで持たずにズルズルと後退する始末。

満を持して大野のカンデラが追い出して突き抜けたと思いきや
抜け出してから脚が鈍ってゴール前で並ばれたところで入線。

蛯名に寄せられてティーポイズンが邪魔になるところだっただけに
仕掛けがワンテンポ早くなったのも最後の最後で響いたか。

とはいえゴール後の脚色は上回っており、
ゴールのタイミングだけが最悪だった模様。

ちょうどハープスターが阪神JFでレッドリヴェールに負けたときと同じ。

それでも大野を買った身としては期待以上にしっかりと乗ってくれて満足。
馬柱と過去のレース映像を見比べて能力比較を検証し、
カンデラで勝てるとまでは結論を出せた。

こういうのがデータだけではカバーできない結果だからこそ
自分の経験と理論が高配への手掛かりになるのがわかる。

ただ、大野というので◎にするには少々勇気が必要で回避した。
にしてもなんでここまで人気がなかったのだろうか。

一応自信があったから人気薄だから不安になるというよりも
自身の競馬歴を信じての購入。

残念ながら惜しくもハナ差負けで先週に続いて1R目からハナ差撃沈。
しかも9番人気を導けていただけに少々発狂しかけた(笑)

能力はカンデラが抜けていたと間違いなく考えている。

東京の芝はWIN5開始以来いまだに未勝利の田辺も
ダートでは計算出来るオチ。

東京芝の田辺はこれからも消す。
※ただし中山は巧い。

・腕の足りない騎手でも逃げ先行なら押さえておいて損はない。
・大知は連敗が止まるまで買う必要がない。

※京成杯のプレイアンドリアルの勝利から芝ダート含めて絶賛146連敗中。

■京都10R 鳴滝特別 1000万 芝2200 定量
1着○グリュイエール
2着△ヤマニンボワラクテ

芝の中距離戦の条件からまずはディープ産駒とキングカメハメハ産駒を探す。

・ディープ
ジューヴルエール
グリュイエール

・キンガカメハメハ
ヤマニンボワラクテ
シホウ

シホウは京都よりも阪神適性が高いのと大外で浜中。
今日は大外浜中だけでエリ女も軽視予定だったから仕方なし。

期待に違わず最後方から捲くっていくというバカな乗り方で惨敗。
よしよし浜中さんさすが下手糞やでーとほくそ笑む。

この次に惨劇が待っているなんて
このときのぼくはまったくそうぞうなんてしてなかったんだ。

※なぜか殺人事件の推理小説風

ディープ、キンカメ以外ならハーツだろうと考えて
京都得意の豊ちゃんレントラーに手を出す。

ヤマニンは現級勝ちがあり、内枠を引けたからには
セコイレースをすれば一発も?

ここまでが戦前の予想。

外枠の祐一が浜中ともども糞騎乗をかましたら
ヤマニンとレントラーでいけるんちゃう?

なんて考えつつもこれまでの対戦相手との能力比較と
祐一以前に藤原厩舎の馬質でグリュイエールを再浮上させた。

結果的に展開絶好のヤマニンが切れ負けでグリュイエールに差し切られる。

底力の要らない切れ勝負の京都の八百長馬場さすがですわ。
以前の小生なら外の祐一を嫌ってヤマニンで高配狙いをしたと思われ。

これはデータで学習した結果が見事に反映して納得。

で、よく見たらグリュイエールの血統が
父ディープインパクトのみならず母父キングカメハメハ。

なるほどね。。。

1点でもいけたか。

・京都の中距離戦はとにかくディープインパクト。
・祐一以前に藤原厩舎の馬質が優れている。

■新潟11R 信越S OP 芝1400 ハンデ
1着◎ダノンプログラマー
2着-ニンジャ
3着○タガノブルグ

ここも予想で書いたように納得のデータ理論予想。

直近の朱鷺Sの再戦ムードのみならず好走した馬が
ハンデ減の追い風までつけば結果も再現するでしょうよ。

朱鷺Sでは康太が下手に乗っていたから
普通に乗れば勝ち負け出来たと当時も回顧していた。

そこへきてハンデが軽くなったのだから十分。

松若はまだ認めていないとはいえ、
小倉記念のアズマシャトルで結果を出しているのは覚えていた。

タガノブルグは長期連敗中の鮫島厩舎なのが引っ掛かったが、
追い込みだけは達者な友一だからそれほど気にしなかった。

ニンジャはさすがに義クンだからその分だけ割り引いて考えたのだが、
こういうところで勝ち切れないのもこの馬の特徴だからまあ。

混戦のここを自信の2点で抜けられたことは予想の冴えに自信を持ちたい。

ゴ三浦師匠は安定していたしね(笑)

巧い騎手と下手な騎手の大きな違いはコース取りと馬群の捌き方とも書いた。

勿論、松若も友一も巧くはないけれど内枠から下げて外に出すよりは
最初から外枠なら下手糞でも直線一気の選択肢しかなくなると読んでのもの。

・新潟も京都同様に切れ勝負。
・持ち時計よりも上がりの出せる馬が狙い。

■東京11R アイルランドT OP 芝2000 定量
1着▲ヒストリカル
2着-ライズトゥフェイム

こちらも福島TVOPの回顧で勝てたレースなのに
戸崎が下手に乗ったと指摘したヒストリカル。

さらに不思議なことにこのメンツなら1番人気確実だと思っていたのが、
どういうわけか3番人気で留まっている。

データ的に勝春&音無というデビルマンもびっくりな人気裏切りコンビ。
小生もこれは拾っていたので1番人気で飛ぶならこの馬かなんて考えていた。

ところが意外にも1番人気にならなかったのは勝春ではなーと
考えたのは小生だけでなく競馬ファンの総意だったのかもしれない。

だって勝春じゃなかったらそれだけで1点勝負可能だったもの。
勝春だからこそ飛ぶ可能性が出ると予想せざるを得なかった。

勝春の連敗も大知ではないにしても69連敗中だった。

ただ、データ的に記憶していたのは、
左回りのコースのみ勝春は買ってもいいというデータ。

なるほど。。。

これまでの勝春の勝利数は今日の勝利も含めて15。

芝・勝春 0.042 10 238
ダ・勝春 0.047 5 106

東京 7勝
新潟 5勝
中京 1勝
----------
中山 1勝
福島 1勝

という訳で左回りのコースなら間違いが起きることがある。

で、何とかギリギリのところで消さないで済んだ。

確かにスピルバーグやジャスタウェイを負かしたことのある馬だもんな。
ていうかそういえばさあこの馬の主戦騎手ってアンカツさんだったんだよねえ。

ホントはもっと自信を持って買いたかった馬なんだがなあ。
せめて蛯名でも乗ってくれていればよかった。

ライズトゥフェイムはジューンSでメドウラークに完敗していたから
ここでは足りないと思っていたのだが石川君が直線最後方からよく追い込んだ。

ファントムライトは父オペラハウスでは切れ勝負に対応できなかった模様。
新潟は稍重の前残りだったからね。

エックスマークの大知は出遅れたにしてもポツン過ぎ。
ノリじゃあるまいしあんなんじゃダメだろう。

大知は必死さが好きだったのになんか最近ホント使えなくなっている(かなC

・勝春でも左回りコースは事故的に来ることがある。
・芝もダートも今の大知は買っちゃダメ。
・ヒストリカルは馬場が重い方が得意。

■京都11R 秋華賞 G1 芝2000 定量
1着▲ミッキークイーン
2着△クイーンズリング

10Rのシホウの乗り方を見てホントコイツ学習しないし、
頭湧いてるんじゃないかと呆れ返っていたのがホンの40分前。

シホウでやらかした残り800mからのロングスパート捲くりは
すべては秋華賞を勝つためにわざと予行演習に徹した壮大な布石だったのでは?

結論を先に言ってしまうとこの結果はミッキークイーンの勝利ではなく、
作戦がすべてうまくはまった浜中俊の勝利である。

ほぼ完璧に操縦しても2着クイーンズリングとクビ差だったことがそれを証明している。
結果こそ1番人気に応えた格好となったが、浜中の作戦が少しでもずれていたら
秋華賞馬はクイーンズリングだったのは疑いがないだろう。

勿論それに応えたミッキークイーンは褒められるべきだが、
浜中にしては珍しく【馬の能力に助けられた勝利】ではなく、
【浜中が馬を秋華賞馬にしてあげた】勝利である。

まあどさくさにまぎれてというかこんなときだからこそ騎手の腕が問われる訳で
なんだかんだで結局いつも勝ち負けを演じるミルコの腕にはホント感服する。

今日は抜群のスタートだったがもしもいつものように出遅れていたら
勝ち馬はクイーンズリングだったのは容易に想像できる。

確かに難しいレースをこなして底力を証明したが、
今日のミッキークイーンのレースはすべてがうまく嵌まった結果で、
毎回これをやれと言われて出来る芸当ではないだろう。

出遅れず好スタートを決めることに成功。
⇒外から早めに位置を取りに行き、馬群の中に入れる。
⇒時計こそ高速でも前が残りやすいのが京都の八百長馬場。
⇒オークスを勝ったように消耗戦に強い馬に展開も向く。
⇒直線では7番手からの押し切りという見事な勝利。

1番人気馬が勝ったことには安堵するが、
ここまで完璧に乗りこなせてやっとクビ差だったという事実も消化しないといけない。

抜けた存在だったならこれだけ嵌まればせめてもう1馬身は離して欲しかった。
いつものように出遅れていたらこんな完璧なシナリオは起きなかったし、
秋華賞馬はクイーンズリングだった。

そして紛らわしいのがレコードの決着。
昨年もショウナンパンドラがレコード勝ちしてそれの塗替え。

でも逃げたノットフォーマルでも1.58.2で走破したような馬場。
番手のホワイトエレガンスが1.57.8。
レッツゴードンキに至っては1.59.8の17着となった。

5,6番手にいたマキシマムドパリが1.57.1で3着に残っているのだから
レコード決着のハイペースといったとしても後ろにいたのでは間に合わない。

それでも2着に来たクイーンズリングはミルコが巧く乗ったし馬もよくなっていた。

展開が嵌まりそうだったクイーンズリング。
対してクビ差は前半までのアドバンテージのお陰で残せたミッキー。

で、ようやく触れるが出遅れた浜中がやるであろうと思っていたレース運びを
代わりに再現して見せたのがクリストフ・ルメールさんですよー。

浜中よりもルメールの方が先行色の強い騎手でもあり、
京都コースの中距離戦では無類の強さを誇る。

だからこそルメールが先手を取って出遅れた浜中が間に合わず。
レース前からそんなことばかり想定してしまった。

豊ちゃんは豊ちゃんで色気を持ち過ぎたのが結果論ながら残念。
G1ではちょいと足りない一族の血統だから仕方がないと言えばそう。

とはいえ自分が乗っていたマキシマムドパリに3着に入られて、
トーセンはミッキーより後ろにいて8着では少々面子が立たないのではないか。

まあ10Rでも見えたようにこんな馬場はディープが断然有利で
キングカメハメハのこの馬には切れ負けもあれば能力も足りていなかった。

ただ、この馬がよくなるのはまだ先だろうし、来年の楽しみでいいのではないか。

結局は池江厩舎のG1勝利で終わって、やっぱりG1は池江厩舎を買わないと取れない事実だけが顕著。

★WIN5開始からの芝G1勝利数

G1 勝率 1着 出走
須貝尚 0.222 10 45
池江泰 0.115 10 87
安田隆 0.214 6 28
石坂正 0.194 6 31
堀宣行 0.102 5 49
藤原英 0.093 4 43
角居勝 0.071 4 56

※須貝はゴールドシップで荒稼ぎ。
そういう意味では池江もオルフェーヴルで荒稼ぎか。

G1 勝率 1着 騎乗
岩田 0.173 13 75
池添 0.170 9 53
デム 0.171 6 35
内田 0.122 6 49
蛯名 0.098 6 61
戸崎 0.116 5 43
横山 0.081 5 62
川田 0.074 5 68
浜中 0.065 4 62
祐一 0.053 4 75

※岩田は波があるが某リーディング(笑)の人の3倍は性能がいい。
浜中はオークス以来のG1勝利。

■回顧
今日の回顧は血の涙を流しながら書いているので無駄に熱くなっている。
そりゃ2週連続で1R目をハナ差で取りこぼしたらねえ。

配当は4-2-6-3-1人気で126万だが、
9人気のカンデラが残っていればおそらく倍以上の配当になっていた可能性も高い。

そして我ながら情けない結果となったのが、
登録馬が確定して予想を始めたときに
どのレースも1点に絞れるところが見当たらなかったこと。

50点程度で勝負しているように予算が少ないから
どこかしら1点にしないと点数がすぐに倍以上になってしまう。

それだけにどうしても削れるところと理由付けを探していたところに
秋華賞の枠順が発表となってミッキークイーンが大外になった。

京都の前残り八百長馬場で大外で出遅れたら即終了確定。
そこへ来てG1で使えない浜中。

喜んで飛びついた結果、、、消した。
タッチングスピーチと2頭まで絞っていた。

そしたら転校生もびっくりなお前が俺で俺がお前で
浜中がルメでルメが浜中のようなそれぞれの騎乗ぶりにまたびっくり。

そうか、、、この勝負。

始まる前から既に負けておったわ!

でも最後の最後までハナ差でWIN4なんかになったら壁殴るだけじゃ済まない恐怖だった(涙

ハナ差で200-300万程度取り損ねたらそりゃねえ。

まあこんなときは昨秋マイルCSを祐一のせいでキャリーにされた人に比べたらまだまだ。

とはいえやはり予算の問題は立ちはだかるなあ。

予算があれば無理に秋華賞を1点にしてなかったし。

いやいやそれならそれでいずれにしても東京10Rで発狂することになってるじゃないか。

・・・ぐぬぬ。

ら、来週こそリベンジするやでー(ポジティブシンキング

京都の長距離はさしものディープ産駒でも結果が出ていない現実。

そして狙うのは母父エルコンドルパサー。
トウカイトリックのみならずエルコンドルパサーはスタミナ十分。

エルコンドル自身も春天出ていればぶっちぎって勝ったと普通に思っている小生である。

これだけ哀しみを背負っていればそろそろ無想転生も使えるだろうし(震え声

ms.jpg

tk_20151018191921019.jpg
関連記事

 

D産駒の京都適性は異常と言っていいほど高いです。
ただ、他場も含めても言えることなのですが、
長距離適性となると疑問です。
さすがスピード偏重の近代競馬の申し子と言いますか、
長距離での活躍馬となるとせいぜいファタモルガーナくらいしか思い当たらないのも確かですね。
実際このスタンスで予想を組み立てる予定でしたので
私は長距離適性懐疑派です。
キズナの天皇賞にしてもやはりそんな影響を勘繰ります。
リアルスティールもキズナ同様母父ストームキャットですし、
危険と見ています。

  by くる馬

 

おもしろい競馬!

秋華賞の結果を見ても掲示板に3頭のディープ産駒。Dの意思を継ぐものが入ってきている。やはり、京都=Dの意思は不可欠なのだろうか。と思う。

今週は菊花賞がありますが、3000mの長距離…過去5年見てもあまりDの意思を継ぐものの結果がよくなく感じる。というのか、あまり出ていないのか…
菊花賞はDの意識にとらわれず折り合いの良さなどでしょうか?気がはやいですがアドバイス願います。

  by UBC

 

自分はむしろ北斗有情拳ではずれるのすら気持ちよくなりつつあります;ちにゃ!!

  by くる馬

 

わかりました。丁寧に教えていただきありがとうございます。
なるほどです。無理だ、と思ったのですね。納得です。
競馬は本当に奥が深くてすごくておもしろいです(まだ初心者なのですが)
くる馬様の観察眼は本当にすごいと思います。僕も無想転生を使えるように特訓します!またお教えをお願いいたします!

  by コータロー

 

キングカメハメハ産駒は今の京都がそれほど向かない印象があります。
軽いディープ産駒の天下です。
それだけにキングカメハメハのラブリーデイはよほど強いかと。
岩田でなくてもあのレースで勝負にならないのはもうわかりますからムチを入れても馬が可哀想なだけでしょうね。
勝ちのない馬を流すのはいいですけどこの馬の柴山君みたいなゴール前で緩めるのはダメです(笑)

  by くる馬

 

わかりました!またまた勉強になりました。ありがとうございます。
まだまだ考えが足りませんでした!パワーが必要な馬場で4番目になれるならば、逆に行けるんじゃあないかと思ってました!残念。しかし映像を何度も見ていて気づいたのですがラスト最終コーナーの時に岩騎手はムチを入れていませんでした。それからズルズル下がって負けたのですが、最終コーナーで負けをわかったからムチを入れなかったのですか?
謎過ぎです。
自分は無想転生には、まだまだ至りません。ジャキに毎週ぶん殴られている感じです

  by コータロー

 

いつもありがとうございます。

3R目は結構自信がありましたから結果を出せてよかったです。
もう少し信用してもらえる予想を書くべきでしたね;

ドンキは正直オークスを見てからしばらく買えないなと考えてました。折り合いに問題のある馬に安定感は期待できないですから。

また、ローズS4着馬というのもデータ的にアウトだったのもあります。これは徹底攻略の方でエントリしているのでよろしければご参照ください。

それに京都大賞典で究極の上がり勝負となったように切れる脚のないこの馬には京都が向かないのと距離延長でさらに折り合いが難しくなるのが想像出来たのが消した理由です。

  by くる馬

 競馬はおもしろい

毎回とても楽しく読ませていただいてます。今回も楽しく読ませていただきました。そして勉強させてもらいました。今日はウィン5と3連単をバシバシ買っていましたが、バシバシ外してしまいました!
やってしまったのは、3レース目を、くる馬さんを信じて買っていたらと思うと、、、来週も頑張ります!ちなみに5レース目はドンキのみにしました!くる馬さんがドンキを切っていたのは理由がありましたらよかったら教えて下さい\(^o^)/

  by コータロー

Comment-WRITES

go page top

 この記事に対するコメント 

D産駒の京都適性は異常と言っていいほど高いです。
ただ、他場も含めても言えることなのですが、
長距離適性となると疑問です。
さすがスピード偏重の近代競馬の申し子と言いますか、
長距離での活躍馬となるとせいぜいファタモルガーナくらいしか思い当たらないのも確かですね。
実際このスタンスで予想を組み立てる予定でしたので
私は長距離適性懐疑派です。
キズナの天皇賞にしてもやはりそんな影響を勘繰ります。
リアルスティールもキズナ同様母父ストームキャットですし、
危険と見ています。

2015/10/21 07:53 | URL | くる馬 #-  edit

おもしろい競馬!

秋華賞の結果を見ても掲示板に3頭のディープ産駒。Dの意思を継ぐものが入ってきている。やはり、京都=Dの意思は不可欠なのだろうか。と思う。

今週は菊花賞がありますが、3000mの長距離…過去5年見てもあまりDの意思を継ぐものの結果がよくなく感じる。というのか、あまり出ていないのか…
菊花賞はDの意識にとらわれず折り合いの良さなどでしょうか?気がはやいですがアドバイス願います。

2015/10/20 23:22 | URL | UBC #-  edit

自分はむしろ北斗有情拳ではずれるのすら気持ちよくなりつつあります;ちにゃ!!

2015/10/19 21:37 | URL | くる馬 #-  edit

わかりました。丁寧に教えていただきありがとうございます。
なるほどです。無理だ、と思ったのですね。納得です。
競馬は本当に奥が深くてすごくておもしろいです(まだ初心者なのですが)
くる馬様の観察眼は本当にすごいと思います。僕も無想転生を使えるように特訓します!またお教えをお願いいたします!

2015/10/19 20:50 | URL | コータロー #-  edit

キングカメハメハ産駒は今の京都がそれほど向かない印象があります。
軽いディープ産駒の天下です。
それだけにキングカメハメハのラブリーデイはよほど強いかと。
岩田でなくてもあのレースで勝負にならないのはもうわかりますからムチを入れても馬が可哀想なだけでしょうね。
勝ちのない馬を流すのはいいですけどこの馬の柴山君みたいなゴール前で緩めるのはダメです(笑)

2015/10/19 19:35 | URL | くる馬 #-  edit

わかりました!またまた勉強になりました。ありがとうございます。
まだまだ考えが足りませんでした!パワーが必要な馬場で4番目になれるならば、逆に行けるんじゃあないかと思ってました!残念。しかし映像を何度も見ていて気づいたのですがラスト最終コーナーの時に岩騎手はムチを入れていませんでした。それからズルズル下がって負けたのですが、最終コーナーで負けをわかったからムチを入れなかったのですか?
謎過ぎです。
自分は無想転生には、まだまだ至りません。ジャキに毎週ぶん殴られている感じです

2015/10/19 15:57 | URL | コータロー #-  edit

いつもありがとうございます。

3R目は結構自信がありましたから結果を出せてよかったです。
もう少し信用してもらえる予想を書くべきでしたね;

ドンキは正直オークスを見てからしばらく買えないなと考えてました。折り合いに問題のある馬に安定感は期待できないですから。

また、ローズS4着馬というのもデータ的にアウトだったのもあります。これは徹底攻略の方でエントリしているのでよろしければご参照ください。

それに京都大賞典で究極の上がり勝負となったように切れる脚のないこの馬には京都が向かないのと距離延長でさらに折り合いが難しくなるのが想像出来たのが消した理由です。

2015/10/19 07:38 | URL | くる馬 #-  edit

競馬はおもしろい

毎回とても楽しく読ませていただいてます。今回も楽しく読ませていただきました。そして勉強させてもらいました。今日はウィン5と3連単をバシバシ買っていましたが、バシバシ外してしまいました!
やってしまったのは、3レース目を、くる馬さんを信じて買っていたらと思うと、、、来週も頑張ります!ちなみに5レース目はドンキのみにしました!くる馬さんがドンキを切っていたのは理由がありましたらよかったら教えて下さい\(^o^)/

2015/10/19 00:02 | URL | コータロー #-  edit

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2490-98a72c8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング