Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 11:23:21 «edit»

Category:WIN5

京都11R マイルCS(G1)の予想 

■京都11R マイルCS(G1) 芝1600 定量
勝率5割の天皇賞好走経由の出走。

さらには皐月賞勝ちにダービー2着となれば、
思い出すのはジェニュインがイメージに近い。

ダイワメジャーも同じく皐月賞馬だった。

そして復調した蛯名ならどう考えてもデータ的に最有力。

ただ、問題ないはずなのにどこか不安を感じるのはなぜだろうか。

問題がなさ過ぎて問題といえばいいのだろうか。
いや、おそらくは中山記念と毎日王冠の敗退が底力不足を予感させるからだろう。

ジェニュインは中山記念で強かったし、ダイワメジャーは毎日王冠を勝った。
イスラボニータは中山記念ではロゴタイプにも敗れている。

強い馬は調子が悪いなりにも強さは見せるだけに弱い負け方をした印象が悪い。

かといって他にこれといって魅力的な馬がいる訳でもない。
これが釈然としない理由でありマイルCSの予想における残尿感だろうか。

まあ王道路線に比べてマイル路線のレベルが下がるのは歴史的な事実。
それでも足りてしまう可能性は十分に考えられるからよしとする。

では改めて昨年のこのレースを振り返ってみたい。

スワンSで2着とやらかした祐一のフィエロが勝利目前で岩田奇襲に遭いハナ差2着。
これでWIN5で4億を取り損ねたフィエロの持ち主は精神的に心配。

今年はミルコがやらかして2着だが、昨年同様上がり最速33.2。
少なくともこの馬の能力に翳りは見当たらない。

ここ1番での藤原厩舎の仕上げは抜かりがない上に状態もいいなら間違いない。
そして今年は祐一とは違ってG1でこそ頼りになるミルコの騎乗。

ダノンシャーク岩田もさすがに2年連続あれをやれというのは無理な話。

基本的な構図はイスラボニータVSフィエロの2強で問題ない。

ここまでは普通の話だが堅いからといって無理に穴を狙う理由もない。
人気なら掛け金を増やせばいいだけのこと。

ならば後は予想に誤差や誤算が生まれる可能性をケアしたい。

本来ならダノンプラチナ◎予定だったので消化不良だが、
誤差があるならモーリスが万全だった場合とヴァンセンヌの復活。

続いて岩田ダノンシャークのもう一丁。
ロゴタイプも皐月賞馬ですがというオチ。

特注は2年前の2着馬ダイワマッジョーレ。
気のせいかもしれないが復調気配を感じる。

◎フィエロ
○イスラボニータ
▲モーリス
△ヴァンセンヌ
△サトノアラジン
△ダイワマッジョーレ
△ロゴタイプ
関連記事

タグ: マイルチャンピオンシップ 

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2519-ad8b1eee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング