Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 18:12:19 «edit»

Category:回顧

今日は反省する必要なんてないWIN5 

■京都9R 嵯峨野特別 1000万 芝2000 定量
1着○グッドスピリッツ
2着△コウエイワンマン

下手糞でも逃げ馬は買えの定石通りで何とか。

今年前半は調子落ちで下降線だったが、
前走北野特別の走りで復調を見て取れた。

以前のWIN5対象レースでも注目していた馬だけに満足。
コウエイワンマンは△こそつけていたが買い目に入れなかったので冷や汗もの。

1000m通過は1.00.5と平均的な展開。
前目につけていたにもかかわらず3着のクルーガーは休み明けの分か。

内を突いて伸びたコウエイワンマンは馬場状態が悪くない結果。
土曜のトラストワンと同じような進路。

一応フラットな馬場といえるが雨予報の明日の天気が気になる。

エイシンアロンジーはWIN5では危険な人気馬の評価は合致。
前回も裏切られただけにその手は食うかと学習した結果である。

後ろにいる馬が促されて出して行ったのはいいが馬が戸惑った印象。
長距離でも反応が鈍いのがクラスを卒業できない理由だろう。

大差負けになったのは足元に異常を感じたとのこと。

■東京10R ユートピアS 1600万 芝1600 定量
1着-レッドセシリア
2着△マジックタイム

今日一番悩んだのがここ。
前半3F35.-後半3F34.6と前が残れるペース。

持ち時計1.33.1のプロクリスで何とかなると考えたのだが、
前走と同じような差され方で時計は1.34.2。

馬場が違うとはいえ同じ馬で1.1も遅くなるものなのか・・・。

展開的にはスローからの上がり勝負で切れる馬が上位。

終わってみればレッドセシリアの勝利は順当だが問題はゴ三浦師匠。

人気裏切り率の高い三浦&鹿戸で役満と思って裏をかいたつもりが仇に。

石川君は現在評価中の若手だけに使えるのか使えないのか判断に迷うところである。

ただ、ゴ三浦師匠もVTRを見た感じでは好騎乗で石川君の方が後手後手。
ゲートの出が悪かったのもあるが進路取りとタイミングが微妙。

スムーズに乗れていれば交わせたはず。

とりあえず師匠が来るときは事故と諦めているから2着でも受け入れる。

■京都10R 観月橋S 1600万 ダ1800 定量
1着▲フォローハート
2着○ミヤジタイガ

馬の能力的にはミヤジタイガが勝つべきだったし勝てるレースだった。
1000m通過59.5と9Rの芝2000mよりも速いラップ。

戸崎のラップがおかしいのはともかくとして和田の仕掛けも頭がおかしい。

3角 13-(7,14)9
4角 (13,*9)7,14

明らかにハイラップにもかかわらず早仕掛け。
あまりにタイミングが早過ぎてミルコが横を見て驚いたくらいだった(笑)

平均ラップであればこれでもいいんだろうけどなんでハイペースでやってしまうのか。

これは人災だったと思われる。

ミルコのフォローハートを買っていた人は和田が下手で助かった。
和田でなければ勝っていたのはミヤジタイガの方だったろう。

あれでマクるとかマジありえないんだが。

■東京11R 霜月S OP ダ1400 ハンデ
1着-マルカフリート
2着◎グレイスフルリープ

ここもはっきり言って人災。

Tベリーはいくらなんでもあのペース配分はない。
下手したら今年のスプリンターズSよりも速かったんじゃないか。

前半3F33.6-後半3F37.6なんですがねえ。

逃げ馬カジキが追走するのも内田が出していくのも分かる話ではあるが、
エーシンがバカなラップで飛ばした関係で仕掛けのタイミングを明らかに誤る。

直線半ばではグレイスフルリープの楽勝だったが、ゴール前で脚が鈍って3着。

というか負けたとしても相当強い内容で走っている。
こんな超ハイペースを3番手追走して早々と先頭に立ってしまったのだから。

12.2-10.4-11.0⇒33.6 霜月S
12.4-11.2-11.4⇒35.0 GCC

1.4もの落差があるんですが。

その結果が直線でもまだ最後方にいたマルカフリートの追込み。

レッツゴーターキン!ムービースター!
トウカイテイオーは伸びがない。

少し嫌なことを思い出してしまった。

ここで外した人は可哀想。

荒れたのはベリーと内田のせいです。

■京都11R マイルCS(G1) 芝1600 定量
1着▲モーリス
2着◎フィエロ

・過去10年で8枠の勝利はなし。
・また、休み明けで使った馬の勝利はなし。
・休み明けで使ってきた同じ堀厩舎のサトノクラウンは惨敗。
・今回のムーアは以前ほど乗れていない。
・9Rでもエイシンアロンジーで惨敗。
・出遅れ癖のオマケつき。

データ理論が基本の小生に買えというのが無理な話(笑)

しかしこんなデータ気付いてたら買うつもりでもやめるって・・・。

レースは日本人騎手にあるあるのスローペース。

京都10Rはハイペースで東京11Rは超ハイペースでその直後。

お前らホントもういい加減にしろよ(発狂)

せめて平均ラップで走れようんこ日本人騎手。

で、画面越しのモーリスに【出遅れろ出遅れろ】と悪意たっぷりに念を送る。

うわw出遅れたよホントに!

安心してください【ESP】ですよ。

予想でも書いたようにどこか信用できないのが気持ち悪かったイスラボニータ。
とはいえパドックでは最高の出来で絶好の気配。

案外取り越し苦労なのかなと油断したらこれだ。

上がり33秒台前半のようなレースになるとフジキセキ産駒は切れが足りない。
こんな展開でもよく最速33.0で3着確保しただけ強かった。

普通に出ていたら勝っていた可能性が高い。

で、終わってみたら頼れる外国人のムーアとミルコのワンツー。

小生はどちらかというとネトウヨだが競馬に関しては日本人騎手はホント嫌い。
だって下手糞なんだから仕方がない。

でもダメ外国人ルメールさんはG1では不要ともう見切りをつけたので正解を引けた。
どうせ後方から外を追い込んで3,4着でしょうよと思っていたらホントにそう。

ルメールのダメさも名人芸の域。
先行が魅力の騎手なのに最近は積極性がなくて使えない。

これは馬よりもルメールの問題。

今回の予想はむしろ個人的には完璧だったと思っている。

イスラボニータとフィエロの一騎打ちでサトノアラジンはその後ろ。
誤差があるとすればモーリスが休み明けでも問題がなかった場合。

1234着と完璧に読み切ったと勝手に満足している。

モーリスだけ余計でしっかり1,2,3着なんだから反省なんかしても仕方がない。

■回顧
今日のWIN5に関してはほぼ読めていたと思う。
イヤホントにそう(震え声)

エイシンアロンジーは買いもしなかったし、
ゴ三浦師匠にやられたけど石川君出遅れたし、
グレイスフルリープが一番強かったけど内田がやらかしたし、
イスラボニータは勝てたレースだったけど出遅れたし、

でもまあ馬も生き物なら騎手も生き物。

この辺の誤差まで対応するとなると点数を増やすしか対策がないんだよなあ。

勝てる馬でも騎手がへぐれば負けるし。

外すとしたら最後にモーリスでWIN4かなと予感していたのだが、
マルカフリートが勝った段階で終了のお知らせ。

ゴ三浦君に関しては最後まで悩んだ結果、
マジックタイムにしただけだからこれを的中してグレイスフルリープが勝ってたら嫌だった。

1686万なんてのは少ない予算で取りに行く配当じゃない。

だから引き摺らずに諦めもつく。

さっさと忘れて月曜に予想をしっかりやるだけなのだ。
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2520-fdcf5410
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング