Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 12:28:41 «edit»

Category:WIN1

京都9R 秋明菊賞の予想 

■京都9R 秋明菊賞 500万 芝1400 定量

昨年の同レースは1番人気オメガタックスマンが2着。
勝ったのは積極策の弘平ムーンエクスプレス。

土日の京都で気になったのは内伸びの馬。
悪化していた馬場がCコースへの変更でまた内偏重が復旧。

外差しで勝って来た馬には気になる材料となる。

牝馬限定の新馬戦勝ちではあるが血統面が魅力のアットザシーサイド。
勿論、祐一が乗っていた馬だけに馬質がいい。

それに母ルミナスハーバーはウオッカの阪神JFで3着。
父キングカメハメハの良血となれば最有力にも納得。

懸念材料としては再度の出遅れと外を回す可能性。

昨年前科持ちのルメールがどこまで信頼できるかがポイント。

当初はこの馬の1強と考えていたが、ウインオスカーもなかなか。
仕上がりは骨折明けで7分程度の噂は減点材料も前に行くのは魅力。

ただ、新馬戦の芝1600mで1.40.5という時計の遅さは酷いが、
2着ノーブルマーズがデイリー杯で3着になったり、
3着トウショウジャイロも弱くはない。

人気が開くようなら弘平の連覇を狙ってみる手もあり。

浜中のレイリオンは距離延長には問題なさそうも
同日3歳500万の1.07.4に対して1.10.2はいくらなんでも遅過ぎる。

新馬と500万とはいえその差は2.8秒である。

◎アットザシーサイド
○ウインオスカー
▲レイリオン
△エスペランサリュウ
△ビナイーグル
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2521-77984425
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング