Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 12:30:17 «edit»

Category:WIN5

中山10R 有馬記念(G1)の予想 

■中山10R 有馬記念

泣いても笑っても今年最後のG1となる有馬記念

え?泣いてた記憶しかない?

いやいやご冗談を(´;ω;`)

個人的には今年を表す漢字は【災】

まあ色々ありますわな人災とか人災とか人災とか。

小生の詰めが甘いのも自分自身のセンスのなさに起因しているのだが、
これは馬券を買う側も買われる側の馬や騎手もそう。

いつも言ってるけれどダメなヤツはいっつもダメ。

自分で言ってて悲しくなるが世の中やっぱりそうなのよ。

【またオマエかよ!】という台詞は、
いい意味よりも悪い意味で言われる方が多い。

いい意味で言われていたのはミルコとライアンくらいだね。

で、改めて有馬の出走各馬の人気を見てみる(現時点)

★上位人気馬と騎手のG1実績(2015)

1.ゴールドシップ   内田 未勝利
2.ラブリーデイ    川田 2勝(宝塚、安田)
3.リアファル     ルメ 1勝(阪神JF)
4.キタサンブラック  ノリ 2勝(NHK,春天)
5.サウンズオブアース デム 4勝(皐月、ダービー、チャンC、朝日杯)
6.ルージュバック   戸崎 2勝(VM、スプリンタ)
7.ゴールドアクター  隼人 未勝利
8.アルバート     アゼ 未勝利
9.ラストインパクト  菱田 未勝利
10.ワンアンドオンリー 浜中 3勝(オークス、秋天、秋華)

★上位人気騎乗騎手のG1勝率
デム 4.2.0.10 25.0%
浜中 3.1.2.12 16.7%
川田 2.0.1.11 14.3%
戸崎 2.2.1.9 14.3%
ノリ 2.1.0.13 12.5%
ルメ 1.1.4.11 5.9%
内田 0.1.0.9  0.0%

意外にも?ミルコに次いで2位なのは浜中。
ミッキークイーンで2勝したのが大きい。

さすがに今回はワンアンドオンリーなので厳しいか。

正直サウンズオブアースも日経賞やJCを見ていると
G1馬までの格はないのだが、もうミルコというだけで仕方ない。

それくらい他の騎手との差は大きい。

G1でのクリストフは実際に下手。

今回も脚質の被るキタサンやラブリーとの兼ね合いがある。

減点材料が少ないのはやはりラブリーデイ。
JCを勝てるなら有馬も連勝可能と読んでいたが、
やはりというか最も懸念材料の距離!
ではなくて川田が弱点と露呈してしまった。

後傾ラップだった秋天はともかくJCは騎手の腕も必要とされた。
だからこそ秋天では浜中でも自信の本命だったのだが。

それに東京の浜中は川田より断然信頼できる騎手。

むしろJCの敗因を距離に求めるのはそれこそラブリーデイの過大評価に他ならない。

極論JCなんてのはミルコを乗せていれば勝っていたレース。

安田記念でモーリスを先行させて勝ったのを見て、
今年の川田に成長があるのかと思いもしたが、
マイルCS、香港マイルまで勝った馬だったなら
川田でも勝てるほど強かったオチと認めざるを得ない。

安田も川田の好騎乗で勝てたというのは誤りだった。

そこへきて今度は2枠4番なんていう【いかにも】な絶好枠。

いやいやいや、これは目に見えての罠ではなかろうか。

昨年もJCを5馬身差で楽勝したエピファを5着に沈めて見せたのもコイツ。

通常の見立てなら勝てなくても馬券には何とかと思いたくなるが、
川田だからこそ掲示板前後まで警戒しておく必要がある。

2枠4番だからってロスなく乗る騎手ではない。
JCだってわざわざ外に出していたくらい。

むしろ大外だった宝塚でこそインベタでロスなく乗っている矛盾。

常識を当てはめると危険。

そういう意味では勝てないまでも着には来てくれそうなのはリアファル。

キタサンは菊花賞が出来杉君だ。

ゴールドシップも衰えが見える4年目で実は最も相手関係が楽。
これをどう受け取るかだけれども最後は内田なんていう
須貝の自作自演のナルシストに付き合う気もない。

この相手になら圧勝か惨敗の白か黒か。
力負けするイメージはない。

せいぜい頑張れ馬券の単複100円でいいかな。

で、結局どうにも決め手を欠くことばかりで、
少なくとも今年の有馬で勝負馬券を買おうなんて気にはならない。

もっと自信のあるほかのレースをする方がよほどリスクが少ない。

ならいっそということで落ち着いたのが戸崎のルージュバック。

振り返れば昨年の有馬は八百長臭かったけれど戸崎のジェンティルが優勝。
個人的にも戸崎は中山でしか買えない騎手の扱い。

昨年みたいなあからさまなディープ仕様の馬場ではないが、
乗っているのがマンハッタンカフェ産駒ならいいだろう。

◎ルージュバック
○リアファル
▲サウンズオブアース
△ラブリーデイ
△アルバート
△アドマイヤデウス
△キタサンブラック
関連記事

タグ: 有馬記念 

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2557-6c7d2014
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング