Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 11:00:15 «edit»

Category:WIN1

中山10R 東雲賞の予想 

■中山10R 東雲賞 1000万 芝2000 定量
能力比較の軸となるのがツクバアズマオー。

吉田豊と尾形充弘のコンビは好相性。

同馬は降級した前走500万を勝ちあがっての現級復帰。

3戦も500万で勝てなかったあたりは評価が微妙かもしれない。

結局は1年経っても卒業どころか降級しての出戻り。

振り出しに戻るの馬を即昇級と考えるには難があるか。

この馬を破って1600万に昇級したテスタメントもトレクァルティスタにしても
上で通用しないでの出戻り。

天井にぶつかっている組よりはキャリアの少ない若馬の方に食指が動く。

そこで気になるのが昨年今年と2年連続で京成杯を勝ったのがハービンジャー産駒。

フランシスのマイネルサージュの前走は500万とはいえ大外を直線一気と優秀。

再度同条件の芝2200mなら期待も膨らむ。

上がりNO.2の34.2に0.5上回る33.7での別次元の末だった。

あっさり通過するならこの馬ではないだろうか。

他には豊のフォワードカフェも前々で運んでマッサビエルに勝った水仙賞がある。

後は展開次第で入れ替わりがあるだろうが、内枠有利のスタンスは維持。

人気のレインオーバーは中山未勝利も引っ掛かれば、
コンスタントに掲示板を確保する一方で突き抜けるまでのインパクトがない。

戸崎と堀で人気だろうが思い切って消し。

◎マイネルサージュ
○トレクァルティスタ
▲フォワードカフェ
△ツクバアズマオー
△テスタメント
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2579-c9278269
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング