Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 09:48:13 «edit»

Category:WIN5

中京11R 高松宮記念(G1)の予想 

■中京11R 高松宮記念 G1 芝1200 定量
とにもかくにもまずは触れておかなくてはならないのが馬場いじり。

twitterでも触れたら予想外の大反響で驚いたのだが、
JRAが公正競馬をする気がないのは今に始まったことではない。

注目すべきは土曜の岡崎特別。

1.07.4でレコードというのも遅くて驚いたが、
確かに近年の中京の馬場はやたらと重かった。

それまでのレコードにしてもマジンプロスパーの1.08.0。
CBC賞(G3)で計時された時計でこのときの2着が57.5キロのハクサンムーン。
57.5キロと言っても勝ったマジンプロスパーは58キロだったのだが。

でもってこのレースのラップが34.2-33.8の後傾ラップ。
酒井が色気を持ってラップを落としてのものである。

こんなことしてるから昨年だって負けたんだよ(憤怒)

ハクサンムーン史上最速だったのは今年のオーシャンS2着の32.7-35.0=1.07.7。

ロードカナロアを追い詰めた13年のスプリンターズ2着が32.9-34.4=1.07.3。

昨年のオーシャンS2着が34.0-34.8=1.08.8稍重。

昨年の宮記念2着が34.1-34.5=1.08.6稍重。

改めて岡崎特別の話に戻ろう。

勝ったのは奇しくも酒井学←よりによっておまえかよ!

でも乗り方は非常によかったと思う。

テンから出して出して徹頭徹尾逃げに拘っていた。
エダテル張りの初志貫徹で立派。

見た目の激しさとは裏腹にラップは実は緩い(笑)

だって33.6-33.8=1.07.4なんだもの。

前後半のブレが0.2しかない実に綺麗なイーブンラップなのである。

前傾じゃねえのかよと声を大にして言いたい。

しかもこれ1000万下で勝ったシゲルチャグチャグは、
芝1200mの持ち時計も京都の500万下で12着完敗したときの1.08.4しかなかった馬。

そのレースの勝ち馬の時計がこれまた1.07.4だったり。

1.08.4の勝ち時計しかなかった馬が馬場をいじられた中京で
持ち時計をいきなり1秒も縮めてレコード勝ちとはこれいかに?

何が言いたいかというとこんなレコードは
宮記念でさらに大幅更新されるのが濃厚ということ。

1000万下で持ち時計を1秒縮められるような馬場で、
ラップも超ハイペースではなくイーブンラップでの時計。

これがG1で前傾ラップになったら更新されない理由がない。

ミッキーアイルにしても1400mの阪急杯で33.8-11.4-34.7=1.19.9で走破している。

この馬に関してははっきり言って手綱を引っ張った分だけ負けていたんじゃないか?

なんかサイドブレーキ入れたままアクセル踏んでるような馬に負担がかかる乗り方。

本当の悪は指示を出した音無さんだが浜中のせいにして手のひらを返し始めた。

大きなチャンスが舞い込んだ弘平もそうだが、内前偏重確実な中で
すんなり先手が取れる6番枠を引けたのもツキがある。

極端な話、予想のウェイトは減らして真ん中より内を買うだけでもいいくらい。

内でも後方からしかレースが出来ない馬は外を回すからアウト。

ウキヨノカゼや時計が掛かる馬場向きのサクラは買えない。

スノードラゴンにしても難しいところだがG1勝ちは例外トリガー。

外枠でも内へ切り込んでの逃げが想定される逃げ馬はOK。

馬場のイメージは同じく八百長内前偏重超高速馬場の京都。

まさにシルクロードSがどんぴしゃ酷似。

大外から後方外を回したビッグアーサーが5着に敗れた。

今回のビッグアーサーは祐一がよほどのアホでなければ、
オパールSのように先行抜け出しの選択肢を迷わず選べるはず。

これで下げて外回したりなんかしたら離婚だ(唐突)

人気の盲点となりそうなのはブラヴィッシモ。
個人的にはこの馬が爆穴。

エアロ、ダンスと相次ぐ回避で滑り込めた強運。
さらにノリまでついでについてきた。

金子さんとこでもウリウリよりこちらを買いたい。

レッツゴードンキはいらない。

カナロア以降は低レベルで停滞が続くスプリント路線だけに
いまさらミッキーアイルを推すのも気が引けるが、
引っ張らないのと浜中から弘平に替わったのはやはり魅力。

アルビアーノはクリストフがやらかしてオーシャンS5着だが、
巻き返し必至と言っても今度はG1では使えないクリストフさんデータが・・・。

G1 勝率 1着 騎乗
岩田 0.159 13 82
池添 0.179 10 56
戸崎 0.102 5 49
横山 0.074 5 68
祐一 0.053 4 76
大野 0.167 1 6
酒井 0.043 1 23
ルメ 0.031 1 32←ここ・・・下手糞でも逃げ馬なら勝てるメジャーエンブレムの1勝

◎ミッキーアイル
○ビッグアーサー
▲アルビアーノ
△ブラヴィッシモ
△スノードラゴン
△サトノルパン
△ローレルベローチェ
△ハクサンムーン
関連記事

タグ: 高松宮記念 

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2644-0232f1ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング