Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 18:31:14 «edit»

Category:WIN5

ラッキーマンに敬意を表するWIN5反省会 

■中山10R 常総S 1600万 芝2000 ハンデ
1着◎アデイインザライフ
2着▲ストレンジクォーク

ここは人気通り1,2,3着。

最後方からポツンでも届くのだから
今の中山がどれだけ外差しが利く馬場なのかということ。

来週も忘れずに覚えておきたい。

データ的にも中山の中距離は田辺と蛯名のワンツー。

ここまで綺麗にデータが嵌まるのもあれだが、
1,2番人気だからまあそんなものか。

エアアンセムは三浦次第と考えていたがまあ想定内。

特段末が切れる馬でもないから乗り方は悪くない。

悪くないが、騎手の腕での期待値はない。

普通に乗れたら期待以上なのがゴ三浦師匠のクオリティ。

むしろ13番人気バーディイーグルの切れに驚いた。

次に芝に使ってきたら軽視は禁物。

ちょっとちびるくらいの脚だった。

■中京10R 名古屋城S 1600万 芝2200 定量
▲グリュイエール
○ザトゥルーエアー

馬場をいじった関係でレコードが出て当然。

2.09.9って早杉内?

で、気になって調べてみたら全場レコードじゃねえかよwww

元レコードが京都の八百長超高速馬場で計時の2.10.0。
これはトーセンホマレボシが京都新聞杯で記録。

次が懐かしいコスモバルクのセントライト記念で2.10.1
同じく懐かしいアーネストリーの宝塚記念の2.10.1

次なんて懐かしくて涙が出るダンツシアトルの宝塚記念の2.10.2
ちなみにこのとき淀でライスシャワーが故障した。

ってまあおっさんが語りだしたら長くなるから昔話はほどほどに。

ただ言えることはJRAのサジ加減ひとつで馬場もレース結果も操作が可能なこと。

何度も言うようだが【JRAは公正競馬をやるつもりはない】

ディープ産駒のグリュイエールが快勝するのはわかっていたこと。

にしても準メインのクリストフはんはホント安定してはるわ。

メインになったらポンコツですが。

■阪神11R 六甲S OP 芝1600 定量
1着-ダノンリバティ
2着△テイエムイナズマ

テンの3Fが35.5なのを見てクソスローやないかいと思いつつ、
直線で早くも先頭近いガリバルディなら楽勝ですかと。

って、え?伸びないの?そこから?

休み明けの影響もあったかもしれないが、
祐一が降ろされて外国人騎手で3連勝していた馬もシュタルケで連勝ストップ。

クリスチャン、ミルコ、クリストフとの差が出たのか?

今のディープ専用馬場でディープ産が切れ負けするのは少々意外だった。

2着のテイエムイナズマはもう完全復調した。

ハンデ戦じゃないのと距離短縮で来ても2着までだと決め付けていたが、
この2着は常総Sのバーディイーグルと同じくらい漏らしそうな好走。

次回は普通に押さえよう(戒め)

ダノンリバティはダートから芝に戻ってきた前走は取りこぼしたが、
一度使って今回は結果を出した。

期待値の低い音無厩舎でしかも松若はテン乗り。

危険な人気馬だと思ったら大間違いでしたすみません。

同じく危険な人気馬認定のクラリティシチーさんは菱田君が使い物にならなくて飛んだ。

松若は買うけど菱田は買わない(今後の方針)

小生の好きな大作は好騎乗の部類。

最内が響いた格好。

■中山11R マーチS G3 ダ1800 ハンデ
1着-ショウナンアポロン
2着▲バスタータイプ

1000m通過が1.03.3ではかなり遅い。

良とはいえ重賞レースでこれはさすがに物足りないわ。

とはいえクリノのゴ三浦師匠もトウショウフリークのダートで使えない柴山君も
スローは歓迎だから競りかけない。

まんまと松岡がスローに落として最後まで凌ぎ切った。

マイペースで行ければ赤富士Sでクライスマイルを4馬身千切った馬。

とはいえねえ、OPを4戦して9,5,4,6着でしょ。

OPですら勝ち負けできていない馬を重賞で買えというのはしんどい。

しかもそのOP4連敗で勝てなかった相手が多数出走してるのだから。

データ理論なんてやっちゃうと買えない馬。

内田君もうちょっと何とかならんかったか?

■中京11R 高松宮記念 G1 芝1200 定量
1着○ビッグアーサー
2着◎ミッキーアイル

予想で触れた通りの結果。

預言者にでもなったくらいに勘違いしそうだが、
結果はただの1,2,3人気の順番通り(笑)

別に小生が偉いわけではなく誰にでもわかっていたこと。

ただ、言わせて欲しいのは京都の八百長馬場開催と酷似しているから
オーパルステークスと同じ乗り方をすれば勝てるよと断言したことかな。

奇しくも同じ4番枠から先行抜け出しで1.06.7

で、今回の宮記念も同じく再現して先行抜け出しで1.06.7

時計まで一致するという。

で、ね、やっぱり触れたいのは祐一の悪運の強さ。

ホンマ嫌いなヤツほど運がいい(笑)

土曜の夜にリアルスティールがドバイターフを勝って、
国内のアンチ祐一とリアルスティールファンはざまあと思った訳。

下手に難易度の高いドバイに乗りに行って2着にでも負けるより、
ぬるい国内G1を勝つ方がよほど惨めにならない。

やらかしてもやらかしてもいい馬が用意されるという祐一マジックは凄い。

ビッグアーサーなんて康太がずっと乗ってきてやらかして降ろされて、
賞金加算が必須のレースは京都の八百長馬場にやられて、
それでも何とか出走が叶ったところで今度はドバイでミルコがいない。

豊も浜中もいないし。

ライバル馬にしてもエアロヴェロシティもダンスディレクターも回避。

どれだけラッキーマンですかこの野郎!

さらには4番という絶好枠まであてがわれてさ。

いやホントすげえよ・・・。

正直ビッグアーサーは誰が乗っても先行さえすれば勝てると思ってた。

出遅れたり、調子乗って下げたりしなければね。

予想でも触れたけれど短距離の祐一は中長距離ほど下手じゃない。

理由はもう何度も書いてるから略すけど。

宮記念としては馬場いじりの業はともかくスプリント戦としては上々。

昨秋のスプリンターズSなんてのはテンの3Fがマイル戦より遅い酷いものを見せられた。

ハクサンムーンにしろローレルベローチェにしろ32.7で飛ばして潔い。

中井君はともかく酒井が競り掛けてまで飛ばしたのは意外。

ようやくというかいまさらというかだけど。

彼らが我が身可愛さに控えていれば時計はもっと遅かったか。

ミッキーアイルの弘平についてはよく乗ったのは乗ったが何か勿体無かった。

あくまで私見なので正しいかどうかは分からないが、
【逃げ】に拘るのではなく【手綱を引くな】というのが折衷案としては最上と考えていた。

結果的に他に行く馬がいなくて逃げになるのはかまわない。

今日のレースは出して出して逃げようとしていたのが少し気になった。

この辺りが弘平のまだまだ若いところなのかな。

まあいずれにしてもビッグアーサーは強かったけど。

■回顧
過去の宮記念の週はいずれも波乱が多くWIN5の配当期待値は高かった。

とはいえいざレースの精査をしてみると
あれ?なんか?堅くね?と攻める予想から守りの予想に方針変更。

3R目の六甲Sまで順当に見守っていたのだがマーチSで脱落。

ここで8番人気かよwwwww

やっぱ今年って8番人気を制するものはWIN5を制すってなってないか?

特にここ1ヶ月と少し。

直近の7回中5回で8番人気が穴を開けている。

年始の大波乱待ったなしの連続から手頃な配当に落ち着きだしているだけに
今の内にしっかりと資金を確保しておきたいところ。

win.jpg
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2645-dcebb021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング