Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 11:14:50 «edit»

Category:WIN3

中山10R 伏竜Sの予想 

■中山10R 伏竜S OP ダ 1800 別定
先週のマーチSは雨の影響で湿ったダートを味方にスローの前残り。

レース展開としては警戒しておきたいが、
出走メンバー的には行きたい馬が多数揃った状況。

2匹目のどじょうを狙うにはそう簡単ではなさそう。

買い条件についてはキャリアが浅いからこそ、
可能な限りはダートで無敗馬を選びたい。

古馬でもないから時計は度外していい。

前走映像を見てえぐいなと感じたのはグレンツェント。

逃げた馬と番手の馬が残るケースなのに次元の違う脚で楽勝。

先週ならショウナンアポロンの必勝から馬なりで外から交わされるイメージ。

ちょっとこれは結構な大物かもしれない。

2走続けて騎乗したクリストフがなぜかストロングバローズに乗るのが微妙だが、
堀厩舎のバローズとつく馬はゴールデンバローズで印象が悪い。

それにまず言えることが堀厩舎は芝の厩舎であってダートでは軽視が可能。

まあ政治的な思惑もあるかもしれないが、シュタルケは悪くない。

勿論ヒヤシンスS組の中身も評価出来る内容。

重とはいえダート1600で前半3Fが34.2はフェブラリーSの34.1と僅かに0.1差。

勝ち時計は1.34.0に対して1.35.4と1.4差は大きいがこちらはまだ3歳の春。

むしろ同じペースで前が飛ばしても2番手からゴールドドリームしか先着を許していない。

ケイティブレイブも含めてなかなかのレベルだった。

レガーロは忙しい競馬はあわなさそう。

戸崎の期待値は微妙も下手についていくより後方待機に勝算あり。

◎グレンツェント
○ストロングバローズ
▲レガーロ
△ケイティブレイブ
△ミッテルレギ
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2648-33e15076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング