Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 12:16:50 «edit»

Category:WIN2

東京10R フリーウェイSの予想 

■東京10R フリーウェイS 1600万 芝1400 ハンデ

OPと違って自己条件である以上は高齢馬の軽視は必然。

いくら好走を繰り返しても卒業出来ていないのならそれは現実である。

今回注目は晩春Sの234着馬。
どう条件のレースなら再現率はかなり高い。

ただ、マカハの勝ちきれないキャラもそうだが、
石川君の前走にしても外枠だから腹を決めての後方待機策が嵌った感。

7歳の人気馬に魅力は感じない。

同じ理屈でマンボネフューにしてもそうだが、
国枝&蛯名コンビは期待値が上がる分だけ買い条件。

想像以上に人気で差が開いたのが4着だったホッコーアムール。

ハンデ1キロ減のマカハ、マンボに対してこちらは3キロ減の上積みがある。

え?三浦?わかっとります。
昨秋の東京開催でまさかのWIN5東京10Rで日月連勝決めたのがゴ三浦師匠。
そのときは日曜にレッドセシリア、月曜にホッコーアムール。

犯罪者は同じ場所に戻ってくるし、再犯もする。

とはいえ本命はダノンシーザー。
ミルコと池江なら仕方がない。

というよりも昨年の京都の500万芝1600でネオスターダムとテルメディカラカラを撃破の実績。

前記2頭の近走の活躍を考えると能力の裏は取れている。

穴人気しそうなファントムライトは偽ベリー以前に8歳がアウト。

後は新鮮味からオウノミチ。

川田がテン乗りで心許ないが、この馬のデビュー戦の勝ち馬がハープスター。
何かの縁だろうと考えての印。

トーキングドラムは前走の敗因が柴山君だけなのかどうかわからないが、岩田なら無視は出来ず。

◎ダノンシーザー
○トーキングドラム
▲ホッコーアムール
△オウノミチ
△マンボネフュー
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2689-fbfe2b17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング