Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 15:36:18 «edit»

Category:回顧

やる前から負けていたWIN5反省会 

■東京09R ホンコンJCT 500万 芝2000 定量
1着◎シャクンタラー
2着△ディリジェンテ

さすがに相手関係が不甲斐なさ過ぎるためにシャクンタラーで。

1000m通過は1.03.0とかなりスロー。

ヴェルジョワーズとラインカグラが競ってきたとはいえ、
シャクンタラーの上がり35.0は52キロを考えると低調。

並ばれてから再度持ち直したもののこれでは先が心配な内容。

上で通用する馬なら楽に2,3馬身は離せないといけない。

次走も人気はするだろうが危険な人気馬になりそう。

ヴェルジョワーズは相手はシャクンタラーと決めての真っ向勝負。

結果としては返り討ちに遭ったが伊藤君の攻めの姿勢は評価したい。

ディリジェンテは新潟のデビュー戦と未勝利の内容が良かった。

とはいえ前走にしても単勝万馬券の扱いだった馬。

さすがにここまでやるとは想定外。

■阪神10R 加古川特別 1000万 ダ1800 定量
1着◎ミツバ
2着▲レッドルグラン

芝と違ってダートの能力差は結構明確。

雨で重のダートは前が止まらない状況も後方からひとまくりでミツバが楽勝。

上位3着までが降級馬と力通りの決着となった。

これは次週からも降級馬の出るレースが続く訳だから覚えておきたい。

ダートは降級優先で芝はそうでもない。

これだけでいい。

■東京10R 由比ヶ浜特別 1000万 芝1400 ハンデ
1着-ショウナンライズ
2着-シルヴァーグレイス

フルゲートの外枠は必然的に不利であり、
逃げ先行馬でもなければ危ないとの読みだった。

確かに間違いではなかったが蛯名がここまで積極策を取ってくるのは想定外。

外を差して来たシルヴァーグレイスが脚色優勢だったが、
並ばれてからの二の足で最後まで交わさせなかった。

9Rに続いてミルコの好騎乗が目立つ。

リオンディーズでおかしくなってたのは別人だったのか。

終わってみれば軽量ハンデ馬ばかりの掲示板。

57キロはブリクストの6着が精一杯。

この程度のメンバーでハンデなんか増やされたら相殺不可能。

時計的には逃げたクードラパンもワンスインナムーンも走れるはずだが。

良とはいえ8Rまでは稍重だっただけに雨の影響が少なからずあったと見るべきか。

まあ、今の石川君はあまり買えたジョッキーじゃないのは確か。

■阪神11R 垂水S 1600万 芝1800 定量
1着-マイネグレヴィル
2着△オースミナイン

1600万に昇級してから9着、6着と精彩を欠いていたのがマイネグレヴィル。

八百長馬場の東京で逃げが嵌まったくらいしか評価するところはなかったが。

奏功したのは弘平の思い切りの良さと稍重馬場。

さらには古川や佑介みたいなペースや展開が読めない愚鈍な騎手。

特に酷かったのが好スタートから絶好位につけながら
なんで手綱を引っ張るのかと。。。

サイドブレーキ解除しないままアクセル踏んでるのと同じ。
馬と車は比べチャだけだけど。

ここまでくるともう資質の問題だろう。

たまに穴を開けるから扱いにくいのが厄介だが、
穴でこそであれ、人気馬では買いたくない騎手だ。

対極的に今回の弘平は切れに切れた好騎乗続き。

阪神は10R加古川特別ダ1800を後方から撒くって楽勝、
11R垂水Sは思い切った逃げで後続を完封。

結局弘平だけ買っていればよかったオチ。

■東京11R 安田記念 G1 芝1600 定量
1着-ロゴタイプ
2着○モーリス

まずはロゴタイプにはおめでとうと言いたい。
3年1ヶ月ぶりのG1制覇はアドマイヤコジーンに次ぐ2番目の記録らしい。

アドマイヤコジーンは朝日杯から3年6ヶ月ぶりにG1勝ちしたのが安田記念。

しかもこれは故・後藤のG1初優勝だった気がする。

思い返せばこのときは府中で現場観戦していた。

ちなみにこのとき一緒に観ていた相手は
後に小生を女性不信に陥れた女だった(苦笑)

諸兄も種付け中に愛してるなんて言葉を軽々と連呼するような女は
ろくなもんじゃないのでご注意いただきたい。

脱線し過ぎたか。

本題に戻して安田記念の話をしよう。

一言で言えばこれもまた世紀の凡戦だったと言える。

アリが亡くなったのは実はこういう意味でのサインだったのかもしれない。

ってわかるかよ(笑)

そもそも評価できるのが田辺しかいないレース。

なぜかって?

1着のロゴタイプを見なかったことにしてみ?

2016安田記念(G1)

1着モーリス
2着フィエロ
3着サトノアラジン

ね、これなら普通にあーそれなりにいいレースだったと思えるでしょ。

レベルはともかくとして上位馬の面子がそう思わせてくれる。

言い方は悪いけれどペースメーカーが抜かれずにそのままゴールしちゃった感じ。

誰が悪いのかってそりゃ騎手でしょ。

ラップやペース感覚をもっと磨かないといけないね日本人も外国人も。

大きなレースで荒れるときってさー

【ほぼ前残り】でしょ?

ハイペースの追い込みで荒れたのってレッツゴーターキンの天皇賞や
ブゼンキャンドルの秋華賞くらいしかすぐに思いつかない。

G1に限らず平場でもそうだけど行けばいいだけなのにね。

だからってキングヘイローしろっていう意味ではない。

ところで、意外にも感じるかもしれないがトミー・ベリーは
それほど下手に乗った訳じゃない。

むしろ風評被害と言えるくらいだろう。

彼はロゴタイプが逃げても番手につけているのだから。

直線では逆に突き離されて1馬身1/4差の完敗。

これを取りこぼしとするなら上がりは上回ってなければならない。

だがロゴタイプは33.9でモーリスは34.0と0.1劣っている。

走った距離が最短のロゴタイプだからそれでも同じだろう。

これは完敗と見ていい。

モーリスは昨年の安田でも辛勝だったように左回りは不得手っぽい。

さらに万全の仕上げではなく慢心しての2着だからやはりとんでもなく強い。

最初はスローで掛かったからいっそのこと自分が逃げてもいいくらいの覚悟なら
勝算もあったかもしれない。

とはいえライアンやモレイラならそれでも何とかなった気はしなくもないが。

それはまたタラレバに過ぎないのである。

ロゴタイプについては皐月賞をピークに緩やかに劣化していたことは間違いない。

当時の4連勝は強い馬にしか出来ない勝ち方だったし、ダービー以降は別馬。

それでも相手関係が楽になる距離短縮ではまだ何とか通用だった。

ここを勝ったからってかつての強いロゴタイプが戻って来たわけではないことは事実。

仕方なく触れるけどリアルスティールは1600-3000くらいはまったく問題ないだろう。

菊花賞は祐一のへぐりで負けたし、この安田にしても掛かったのは祐一が出していったから。

G1のマイルで3F35.0なんてクソスローなら掛かって当然。

最悪だったのは自分が出して行きながらも馬が行く気になったのに手綱を引きまくったこと。

少なくともマイル適性は前兄ラングレーが見せたように何も問題がない。

言ってたよね?【モーリスより前で競馬をしたい】ってさ。

だったら【しろよ】

祐言実行(笑)なんだろ?

挙句に3コーナー過ぎてから落ち着いて折り合えたって。。。

おいw

それってもう馬がやる気なくなった状態のことだよね。

直線で失速したのは前半のロスが響いたからだと思います(小並感)

まあいいや。

やっぱりなんで祐一が腹が立つのかというとね。

コイツ口だけで謝罪と反省の言葉を言わないのよ。

自分のミスならミスでなんで俺が下手糞でしたすみませんくらい言えないのか。

いつも仕上がりがどうとか完璧に乗ったけど結果がとか見苦しいいい訳。

このままだとドバイ行けただけマシだがワールドエースの悲劇が再びだったりしてね。

■回顧
降級が始まるからクソ堅い結果で的中しても赤じゃないかと警戒。

1R目からシャクンタラーが勝って案の定、
2R目も降級のミツバが勝ち、
3R目も4番人気ショウナンライズ程度
4R目のマイネグレヴィルで無事死亡したが3番人気
5R目安田はおそらくモーリスだろうから

10万超えたらいい方だなと思ってたら最後に8番人気なんて来ちゃったもんだから
なんと3,352,190円の高配当に急変。

でもなーこれなー

最初からロゴタイプの8番人気を買えたかどうかだけの勝敗だよな。

小生も連下や3着としてはロゴタイプは押さえていたけれど、
相手がモーリスだけにガチでリアルスティールが倒すか
漁夫の利でサトノアラジンが外から差し切るケースを想定していた。

ロゴはダービーで単買ったくらいだったけどその後がさすがに。

まあおかげさまですっきりと納得できた。

だって徹頭徹尾、安田の買い目にロゴタイプ入れる頭はなかったから。

他のレースをどう頑張ったところで最後に死兆星は輝いてたんやで?

さて、来週もまたわいの嫌いな2場開催が継続。

ダートは降級馬、芝は降級過大評価せずでいこう。
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2705-134107dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング