Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 11:22:10 «edit»

Category:WIN1

中京10R シンガポールTC賞の予想 

■中京10R シンガポールTC賞 1000万 芝2000 定量
人気馬を飛ばすのが仕事の祐一。

それは土曜中京メインのマレーシアカップでも証明。

長期休養明けとはいえ仕上がり抜群だったヴォルシェーブ。

直線で追い負けたとかそんなことはどうでもいい。

問題は直線に向く前の攻防である。

800m過ぎあたりでスローと見た川田は早々と番手までポジションを押し上げた。
これにより距離のロスを最低限に抑えて直線はインべたを伸びた。

対して祐一は絶好のスタートなのに引っ張ってポケットで追走。

勝負どころで他の騎手達が次々と動いているのに何もしないまま。

ようやく直線でバラけてから慌てて追い出すも
先に抜け出していたアングライフェンを捕らえられずにクビ差2着。

休み明けで頑張ったねではなくて完全にポテンシャルが上の馬が
騎手の腕の差で負けただけだった。

で、こんな酷いものを見せられた翌日の断然人気馬である。

こんなときは得てしてディスった騎手にやられるのだが、
わかった上で本命にはしない。

騎手重視のスタンスだけにあんな乗り方するヤツを本命にはできない。

また、前走オーストラリアトロフィーはサイモンラムセスとタイム差なし。

クリストフがうまく乗ったことも考慮すれば、
サイモンラムセスとの比較ならジュンスパーヒカルで足りる計算。

こちらは祐一からミルコへ鞍上強化して
パフォーマはクリストフから祐一への鞍上弱化。

展開利あるなら川田のパドル。
クロフネ産駒なら荒れて来た馬場でも内で伸びれる。
人気馬を出し抜くならこれしかない。

豊さんのコウエイワンマンは外だけに頭までは期待薄。

小頭数、断然人気となると軸ずらしは高配狙いのコツ。

◎ジュンスパーヒカル
○パフォーマプロミス
▲パドルウィール
△コウエイワンマン
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2736-de7b53fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング