Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 18:30:01 «edit»

Category:回顧

今週のWIN5反省会 

■中京10R シンガポールTC賞 1000万 芝2000 定量
1着▲パドルウィール
2着△コウエイワンマン

番手から抜け出した川田パドルウィールが4馬身差の圧勝。

勝ち時計の1.58.4はレコード。

59.7-58.7=1.58.4の後傾ラップでは後ろの組には厳しい流れ。

とはいえこれは勝ったパドルウィールが強過ぎ。

11.8-11.2-12.1とL1はかなりラップが落ちており、
こんなのは追い掛けても待機しても負かせる馬はいなかった。

また、馬場状態もよくわからないのが悩みどころだ。

川田も真ん中外を選択したように馬場の内側は空けているのが目立った。

その割に上がりはパドルウィール、コウエイワンマン、エクストレミティーが、
34秒台で走っておりそこまで馬場が悪いのかというとそうでもない。

まあそんなに悪ければレコードが出ない訳で。

いずれにしても今日はこれまでになかったほどのパフォーマンスで走ったと。

2着のコウエイワンマンとは前走京橋特別でクビ差の決着。

阪神の2000mから中京の2000mに替わったところで誤差が大き過ぎ。

同レースで5着だったエクストレミティーはほぼ同じ着差だったのだから。

勝ち馬だけ激走の部類。

クロフネ産駒で淀みないラップなど色々あるかもしれないが理由は不明である。

お約束の祐一君だがパフォーマプロミスは負け過ぎ。

いくら背中にハンデ背負ってもここまで酷いと祐一が敗因ではない。

能力比較から危険な人気馬プラス祐一の評価はしていたが、
ここまで負けるとも予想してない。

どうせ進路や仕掛けどころをミスるのは想定しても3,4着くらいと考えていた。

藤原厩舎にしては杜撰な仕上げだったのだろうか。

■福島10R 鶴ヶ城特別 1000万 ダ1150 定量
1着▲マハロマナ
2着◎ヨンカー

ヨンカーが抜け出しを決めたところを外からマハロマナが楽に交わした。

掲示板の2-5着までが4番手までの追走順通りの決着だったようにスロー。

前残りの決着をあっさり制したマハロマナが強かった。

中央場所で勝てなかった若手騎手達がちょこちょこ穴を出し始めるのが夏競馬。

石川君なんかはむしろ夏競馬で買わないでいつ買うって騎手。

内枠組は凡走多く、外枠の馬のワンツースリーとなった。

■函館11R 函館記念 G3 芝2000 ハンデ
1着◎マイネルミラノ
2着-ケイティープライド

以下は予想で出したデータ。

----------
★勝ち馬を特定できる函館記念データ

・4番人気以内。
・234枠絶対。
・56.0キロか54キロ。
・4歳上。
・前走4着以内。
・巴賞経由減点。

推奨はバイガエシかマイネルミラノ。
----------

このデータの中で意図的に書かなかったのが自己条件馬未勝利。

なぜかって?

バイガエシは買いたかったから(笑)

結果的には5着となったがこれはまったく悲観する必要はなし。

理由は勿論、「馬は頑張ってるよ」だから。

元は先行も出来る馬をあんな後方待機策で殺してしまっては意味がない。

むしろあんなに下手糞に乗っても5着まで来ているのが凄いのだ。

悲観する理由があるとすれば【佑介が続投するかどうか】。

こんなクソ騎乗かましておいてクビにされないなら馬が可哀想。

ジャングルポケット産駒で結構いい素材なんだよねえこの子。

スーパーホーネットの悲劇を繰り返してはならない。

佑介は佑介でダートの短距離なら買いの騎手なんだから適材適所よ。

函館記念なんてのは毎年似たような決着になるんだから
展開を読めてない騎手が多いのは本当に頭が悪いと思う(断言)

特に内枠引けたのに前に行かなかったバイガエシの佑介、
後方ポツンの四位マテンロウボス、
意図的に下げたレッドレイヴンの謙一は擁護のしようがない。

敗因はお前らだ。

個人的に評価したいのは初志貫徹の丹内。

他に選択肢がないことを理解していた古川。

函館を理解していた浜中。

最高のレースをしたのに4着のマデイラは馬の力不足だから悲しい。

■中京11R ジュライS OP ダ1800 定量
1着▲マスクゾロ
2着-ブライトアイディア

逃げたマスクゾロが6馬身差のワンサイド。

秋山の刻んだラップはあまり綺麗なものではなかったが結果は出た。

まあとにかく強かったの一言。

チャンピオンズカップや東海ステークスでも有名なように
中京のダ1800は前が残って当然の条件。

これを後ろから突き抜けるのはよほど力が抜けていないと厳しい。

マスクゾロはダノンバトゥーラと同じく期待の素質馬だったが、
初重賞挑戦だったアンタレスSから調子を崩していた。

立て直した前走桃山Sで3馬身半差の楽勝もしておりOPでも壁はなし。

素材は重賞級だから次走も楽しみ。

期待したモルトベーネは酷かった・・・。

予算の関係上なくなくここを1点にしてしまったので、
豊信者としては何とかして欲しかったが(笑)

だってずっと外向いてるんだよなこの馬。

東京や中京でも走っていたしここまで左回りダメだったの?

前走の花のみちSでは3番手を綺麗に折り合ってたのにな。

これだけ口向き悪いとどうしようもなくて、
直線では既に後ろの馬に迷惑を掛けないように逆の意味での進路を確認していた。

なんかもうノリじゃねえかってくらいの諦め方。

ただ、あくまで結果論ではあるけども勝てなかった可能性も高いけれど
あんなスローで番手に無理矢理押さえつけるなら自分が逃げてもよかったんじゃないか?

気性悪くても自分が先頭に立ったら折り合う馬も多いし。

逃げ馬じゃないからってもさーマスクゾロだって逃げ馬じゃないのよ。

豊さんってもっと柔軟性があった気がするから残念。

逆に逃げなかったブライトアイディアの康太はアホだな。

2着で馬券対象にはなったけど逃げるならこの馬だったのにね。

■福島11R バーデンバーデンC OP 芝1200 ハンデ
1着△オウノミチ
2着○ジャストドゥイング

ここも内前絶対有利な条件。

外枠になった人気の2頭がどうなるかと懸念しつつ、
内枠のオウノミチには警戒していた。

自己条件からっても平坦小回りの逃げ先行絶対有利な条件でさらに52キロの軽ハンデ。

こんなのはまったく参考外だろうな。

コスモドームなんて馬は強い内容だけど大知が下手に乗ってるし。

復帰してからいいところがまったくなかったバクシンテイオーが復調気配なのは次走注意。

58キロでも背負って楽勝するくらいでないと重賞じゃ用無し。

先生はしばらく連敗続いてるなと気付いていたけど確認してみると
オーロカップのロサギガンティア以来の勝利。

確か昨年の11.15くらいだろうから8ヶ月ぶり?

■回顧
エアWIN5の松○大吉氏ならこれでもどや顔で的中扱いだろうな。

予想を見てみたけど外れてたね。

■中京10R シンガポールTC賞 1000万 芝2000 定量
1着▲パドルウィール
■福島10R 鶴ヶ城特別 1000万 ダ1150 定量
1着▲マハロマナ
■函館11R 函館記念 G3 芝2000 ハンデ
1着◎マイネルミラノ
■中京11R ジュライS OP ダ1800 定量
1着▲マスクゾロ
■福島11R バーデンバーデンC OP 芝1200 ハンデ
1着△オウノミチ

予算の都合でなくなくジュライSをモルトベーネ1点にしたけれど
豊さんがマスクゾロに乗ってくれたらと期待していただけに残念。

ブックの想定見たときに早々と諦めた。

まあそれでも秋山相手ならと思ったんだけどなあ。

それ以前に芝の重賞の佑介なんか買わずにマイネル1点の方が正解だったか。

想定内の馬だったマスクゾロでWIN4になったのは痛恨。

払い戻しは91万だからそれほど大きくはないがやっぱりもらえるもんは病気以外もらっときたい。

いかにも夏競馬って感じなのは悪くはないよね。

今週みたいに大荒れもしないけど1番人気が全敗とかさ。

中山の方がよほど難しい。

来週はデータが少なくて嫌いな2歳重賞函館2歳Sがある。

そういや昨年の今頃は岩田君が無双していたのに1年後にこんなことになっているとは。
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2741-3aa67bb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング