Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 12:31:22 «edit»

Category:WIN2

札幌11R キーンランドC(G3)の予想 

■札幌11R キーンランドC G3 芝1200 定量
厩舎期待値からして須貝と鮫島が他をリード。

函館SSはレコードとなったが、
レコードだからこそ余力が少なく信頼度が高いデータ。

UHB賞にしてもレコードではないがほぼ似たようなラップ構成だった。

レース内容ではやはりシュウジとソルヴェイグが一線を画している。

岩田からモレイラに替わり、ハンデも50対52だったのが、
今回はシュウジ53、ソルヴェイグ52と1キロ差に減。

普通ならシュウジに飛びつきたくなるが、
ソルヴェイグを上に評価する。

前走は外からローレルベローチェをあえて先に行かせる余裕があり、
それをつついて自分から動いての勝利。

インでずっと脚を貯めることができていたシュウジやレッツゴードンキより
厳しいレースをしている。

モレイラが過大評価されているのはモーリスの件でも見えてきた。

丸田の北海道の芝1200は信頼できる条件。
人気が追い付いていないだけ。

酒井でなければナックも面白かったが。

◎ソルヴェイグ
○シュウジ
▲ブランボヌール
△サトノルパン
△ナックビーナス
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2773-536c10d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング