Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 12:30:09 «edit»

Category:WIN5

京都11R 菊花賞(G1)の予想 

■京都11R 菊花賞 G1 芝3000
今振り返ってみても皐月賞でのディーマジェスティの強さは際立っていた。

基本的にハイペースでの競馬はお釣りがないために、
実力差が明白に出るのが当方の経験則。

そんな中で接戦ではなく0.2差という突き抜け方はディーマジェスティの一強と意味する。

ハイレベルで行われた皐月賞に対してダービーは予想以上の超スロー。

ペースが遅くなるほど荒れる要素が増えるのは今に始まったことではない。

ともに内枠を引けて直線だけの上り勝負となったマカヒキとサトノダイヤモンドにとっては
勝ってくださいと言わんばかりの舞台設定だったのは明らか。

せっかく引いた最内を生かせずに外に出して直線ではサトノに寄られた蛯名。

強いからこそ小細工なしで正々堂々と戦いたいというのはこの人の信念。

その結果、【せこい】レースをしないで不利まで受けての3着はむしろ負けてなお強し。

小生はこのレースは前残りの馬を差し損ねた取りこぼしと評価した。

蛯名がダービーを勝てないのはある意味仕方ないのかもしれない。

逆に菊花賞なら負けないという結論にもなる。

少なくとも先行しながらディーマジェスティに2馬身離されたエアスピネルの逆転は絶望的。

サトノに関しては展開の助けがあれば紛れがあるかどうかの見立て。

ただ、京都の馬場がいつもの内前残りではないのが今年の菊花賞

いつもならインベタでロスなく走るのが必勝パターンなのだが、
今年の菊でこれをやると直線では外差しの餌食になりそう。

少し前なら1番のカフジプリンスなんかは岩田が内で乗れるだけで真っ先に印をつけそうな馬。

ところが今年は無印の消しの結論。

ディープ産駒の芝3000m超で未勝利のデータに至っては、
昨年の勝ち馬キタサンブラックが血統的に全兄弟でもあってもはや無意味。

無意味とはいえ長距離だと底力不足やスタミナ面での不安は少なからずある。

それだけに全く不安がないわけではないが、プラスアルファがないと勝つまではいかない。

そう考えると内を引いたサトノダイヤモンドに飛びつくのは避けたい。

二強対決には違いないが、飛ぶとしたらサトノと見る。

騎手のポテンシャルにしても昨年のリアファルなんか見ていたら
G1のクリストフは買えない騎手と痛感。

その危惧が桜花賞でメジャーエンブレムを本命にしなかった理由ともなった。

実際G1を勝てたのは逃げればいいだけだったメジャーエンブレムの2勝のみ。
しかもレベルの低い阪神JFとNHKマイル。

能書きを垂れたところで本命は蛯名で決めているのだから
後は人気薄を探すだけの作業。

能力と人気が笑ってしまうほど開きのある外のプロディガルサンとマウントロブソンは面白い。

ミッキーロケットがここまで過剰人気してセントライトのプロディガルサンがこの軽視。

マウントロブソンは前走明らかに仕上げが甘かった。

展開的に外から差してくるレッドエルディストはいい。

厳しいとは思いつつも同期のワンツー決着も見たくて豊。

◎ディーマジェスティ
〇サトノダイヤモンド
▲レッドエルディスト
△エアスピネル
△プロディガルサン
△マウントロブソン
△ジュンヴァルカン
関連記事

タグ: 菊花賞 

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2822-0545df18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング