Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 18:51:16 «edit»
■中京10R 浜松S 1600万 芝1200 ハンデ
1着-トウショウピスト
2着-フィドゥーシア

謎の大量購入があったワキノヒビキは4着。

単複投入されてたから惜しかったんやねえ。

裏情報なのかなんなのかきな臭い。

そこそこ自信があったボンボンキャストは絶好の位置だったけれど
伸び切れずに7着まで。

当初の◎から心変わりしてブログで無印にしてしまったトウショウピスト。

今日は強い勝ち方だよねえ。

前走のみつのくSでも期待していたけど案外。

母シーズトウショウはお気に入りの馬だっただけに今回も注目。

チークをつけてるように気性に問題のある馬。

幸が先手を主張して逃げたのは好判断。

で、やっぱり外は伸びないよね時期的にまだ。

この馬はまだまだよくなりそう。

■阪神10R 妙見山S 1600万 ダ1400 定量
1着◎ビッグリバティ
2着▲テーオーヘリオス

◎を打った穴馬が勝ってこそが競馬の醍醐味よね。

小頭数だから適当に上位人気で終わらせたいところだったが、
能力比較を煮詰めるとどうにも簡単ではないことに気付いた。

そしてビッグリバティの戦ってきた相手を見ると上位。

それでも気が進まなかったのはダートが苦手な祐一だったから。

ところが土曜の落馬で阪神ダートトップの期待値の川田。

川田なら迷わず狙えるの結論だった。

これ祐一だったら普通にテーオーヘリオスが勝っていたレース。

川田ならではの積極策が勝因。

それ以前にテーオーヘリオスはシュタルケが敗因。

祐一がビッグリバティならシュタルケのテーオーでも勝てたし、
川田のビッグでもシュタルケが他の騎手ならテーオーが勝ってた。

もう絶妙な食い違い。

日曜朝でも7,8番人気くらいだったから美味しいと思ってたら
終わったら5番人気だったという残念さ。

ダートでも買っていい外人騎手はミルコとクリストフだけ。

◎ビッグリバティ
〇ベック
▲テーオーヘリオス

3着も7人気ベックだから会心の一撃(珍しい)

■中山11R 北総S 1600万 ダ1800 ハンデ
1着〇センチュリオン
2着◎リーゼントロック

ダートの柴山君は買わないというポリシーがあるから辛かった。

まあ押さえるのは押さえていたのだが。。。

スローを嫌った勝春が一気にまくって急激にペースアップした。

しかもこれ3コーナーからだからタチが悪い。

スローのままなら柴山君なら仕掛けのタイミングもミスってたろうし。

マクリが入ったせいで馬群もばらけてしまってセンチュリオンに最高の展開。

馬の力はG3勝ちのリッカルドを負かしてたんだからセンチュリオンが上。

柴山君のハンデで取りこぼさないかと期待しただけに残念。

■中京11R チャンピオンズC(G1) ダ1800 定量
1着△サウンドトゥルー
2着◎アウォーディー

例によって詳細は徹底攻略の方で。

いやー思った以上にハイペースになった。

中京のダ1800なんかは東海Sでもそうだけど基本前が残る。

コパノリッキーという馬はスローの楽逃げが好走条件。

モンドクラッセやアスカノロマンにしても自分も残りたい馬。

と、そう思ってたらこれは元気がアホなんやろなあ。

わざわざアスカノロマンを交わしてまでペースアップ。

お前そんなにラップ感覚優れた騎手やないで。

挙句に1000m通過1.00.6なんてペースにしてしまい自滅。

あのさあ、昨年のハイペースだって1.00.2だったんだよ・・・。

道理でもっと前にいるはずの豊アウォーディーが予想より後ろにいる訳だ。

馬の力は勿論アウォーディーの方が上だけど今日は大野君が珍しく好騎乗。

アルーアキャロル他で毎回糞騎乗を見せられているこちらとしては変な感じ。

基本は夏の新潟意外では買えない騎手の扱いだし。

で、実は勝てたであろう馬がカフジテイク。
この馬なんかは直線最後方。

どれだけサウンドに展開が向いたんだってペース。

カフジテイクも勝てる力はあったけど津村君には求めちゃいけない。

大外ぶん回しの脚余し。

この馬がミルコだったら勝ってたんじゃないか。

今日のレースとしてはスローで前が残ったのを追い込んだのではなく、
ハイで前が粘ったのを運よく追込みが嵌まった。

だから馬の強さは前で残った組が上。

これでサウンドトゥルーがダート最強にはならない。

東京大賞典に出たらまたいつもと同じで届かないだけ。

ご注意を。

■阪神11R タンザナイトS OP 芝1400 ハンデ
1着◎サンライズメジャー
2着△エポワス

阪神は10Rに続いて11Rも1,2着的中。

はえー珍しいこともあるんだなあ。

たまげたなあ。

小生がもともとサンライズメジャーを好きなこともあるけど
さすがにこの相手には負けられないか。

でも近走があまりに惨敗し過ぎてもしかしたら終わったのかという懸念もあった。

どうせ外は伸びないからアルバタックスは飛ぶだろうと予想もついたし、
川田が10Rまでの男だから尚更ね。

10R取らせてもらったから用が済んだ。

連勝できない騎手だから。

そして昨年もこのレースを1番人気で飛んだ前科もある。

で、エポワスも能力比較で買えた馬。

言いたくはないけど10Rのビッグリバティも11Rのエポワスも
当初は買うつもりがなかった。

けれども祐一が落馬で鞍上強化になるから
再度能力比較をやり直したら買える結論。

やっぱり感情的になると目が曇るのね。

ただ、言わせてもらうけど祐一が乗ってたら来てなかったよ多分。

どちらも乗り替わった騎手の好騎乗があったから。

■回顧
入稿時間の関係で必ずしもブログの印と実際の印が完全に一致しないこともあるのだが、
トウショウピストはその最たる例。

今回は複数パターンで購入してトウショウ、ビッグまでは拾えていたのだが、
この2頭が含まれる買い目では中山11Rをリーゼント1点にしていたので轟沈。

WIN4だと嫌だなと思ってたところで中京をサウンドトゥルーが勝利。

何とか最悪の事態は避けることができたとはいえ、
10番人気と5番人気と4番人気を的中させながら2番人気と6番人気を拾えずに2着。

普通は前半か後半のどちらかに偏るのだけど
前半10-5人気から真ん中2人気の後半6-4人気だもの。

こういうのは一番拾いにくいケース。

ウチも大抵は前半荒れ狙いか後半荒れ狙いかに決め打ちする。

こんなにばらけて荒れたらさすがに点数が足りない。

10-5-2-6-4人気
10-5-1-1-4人気なら的中だった。

最初の10人気5人気拾ったら後は大人しくして欲しかった・・・。

WIN5専門の小生もG1レースだけは小銭で遊んでいる。

直線でアウォーディーが抜け出してあとはアスカノロマンも買ってるし、
サウンドトゥルーも来そう!

お、ええやん、来いよ来いよ!!!

え?あ?ちがっ!そこまではこんでいいorz

いつもは縦目対策に3連複も保険で購入するのだが、
JCのキタサンブラックは2,3着でもアウォーディーは1着堅いと考えていたから単のみ。

2016cc.jpg
※無慈悲な1着軸が2着になってのハズレ

で、配当見たら3連複でも万馬券になってるじゃないですかーやだー。

豊が負けた以上はどうあがいてもWIN4までだったから諦めもついた。

あそこは1点にしたからね。

10番人気拾って生き延びたりしてたから半分イキかけてたよホント。

秋競馬の傾向からはちょっと変わった配当パターンの回だった。

手広く少しずつ荒れると手が付けられないのがWIN5

その癖に525万って配当はどうなの?

絶対1000万超えてると思ってたわ。

おまえら上手過ぎて嫌い!
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2859-63f4b40e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング