Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 12:33:16 «edit»

Category:WIN3

中山09R ホープフルS(G2)の予想 

■中山09R ホープフルS(G2) 芝2000

昨年は断然人気のロードクエストが敗れ波乱。

ハートレーは3番人気だったとはいえ配当を大きく跳ね上げた。

今年はレイデオロが同様に断然人気。

どうするか。。。

振り返れば阪神JFのソウルスターリングに⇒朝日杯のサトノアレス。
いずれもクリストフと藤澤のコンビ。

一昔前の大樹と岡部のような絶対王者の風格が出てきだした。

ここもレイデオロが勝ったら来年は藤澤の完全復活ではないか。

昔っから藤澤嫌いなんだよなあ(笑)

予想を掘り下げる前から脳死ではさすがに困るのだが、
負かせそうな相手を探すのはなかなかしんどい。

確かにここ2戦倒した相手に骨っぽい馬はいないが。。。

それでも葉牡丹賞の末脚は鮮やかだった。

真っ先に目につくのは新馬戦をダンビュライトに敗れつつも
未勝利戦でのちの朝日杯勝ち馬サトノアレスを破っているサングレーザー。

小生の嫌いなディープ産駒だが唯一の出走は目立つ。

しかも豊が乗るなら面白そうだが掛かり癖が見え隠れするのは問題。

悪くはないけど突き抜けるイメージまでは・・・。

となると今度はグローブシアターがいるのだが、
新馬戦の内容がしょっぱい。

リオンディーズはもっと破天荒さがあったしパワフルな走りだった。

それに比べてグローブは上がり最速でもないしとりあえず勝ったというだけ。

これは鞍上含めてスケールダウンの印象。

角居はいくら昨年リオンでうまくいったからって調子乗り過ぎじゃないか?

朝日杯でもクリアザトラックで失敗しているしね。

構図的にはエアスピネルとリオンディーズに似てなくはないけど騎手が違う。

今の藤澤復活の流れからここは嫌いでも乗っかるべきか。

◎レイデオロ
〇サングレーザー
▲グローブシアター
△メリオラ
△ベストリゾート
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2880-24b7c196
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング