Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 00:00:47 «edit»

Category:回顧

もう反省したくないんですけどーWIN5反省会(笑) 

■阪神10R 伊丹S 1600万 ダ1800
1着△ナムラアラシ
2着▲サンタエヴィータ

最内アドマイヤシャイが逃げるのは想定内。

番手にテイエムジンソクがつけて絶好の位置。

和田のコンセギールが上がっていく一方で
竹之下のテイエムジンソクはなぜかここで下げる判断。

これを大外からポジションを取りに行った川田のサンタエヴィータが交わして3番手。

直線に入ってアドマイヤシャイにコンセギールが並びかけて
さらに外からサンタエヴィータがこれを交わす勢いで先頭。

テイエムジンソクはもたもたしているうちに行き場がなく外に出せない。

川田のサンタエヴィータで決まるかと思った外を幸のナムラアラシがまとめて交わして1着。

▲に押した10番人気サンタエヴィータでガッツポーズが出そうなところで意気消沈。

ナムラアラシは幸い押さえてはいたもののやはり5番人気よりは10番人気が欲しかった。

にしても直線入ってもまだ最後方だったのに
大外ぶん回してねじ伏せたナムラアラシの末脚は凄かった。

幸の作戦だったのかどうかはわからないが北山S3着時とは別馬のような勝ち方。

テイエムジンソクは竹之下君の積極性のなさが
これまでも勝ち切れない原因となっていたにもかかわらずなぜ控えてしまったのか。

ただ、勝ち馬の脚を見ると前で競馬をしていたとしてもゴール前では交わされていた可能性が高い。

■中山10R ブラッドストーンS 1600万 ダ1200
1着▲ナリタスターワン
2着-ヒカリマサムネ

1番人気アトランタは比較的スムーズにハナ。

番手に勝浦スティンライクビー。

さらにはミルコのナリタスターワンが積極策で3番手。

田辺のドラゴンゲートは競り合わずに4番手に控える。

前半3F33.3なら中山ダ1200なら平均的なラップ。

これならば前が十分に残れる展開。

マイペースで行けた割にアトランタの粘りは案外。

ミルコのナリタスターワンが早め先頭で粘りこみを図るところに
江田のヒカリマサムネが襲い掛かるが間に合わずに2着まで。

芝よりも信頼できるほどにダートを克服したミルコだが、
初ダートのナリタスターワンの3番人気はさすがに疑問だった。

当方もミルコの絶好調ぶりをアテにして買うことは買ったのだが、
走ってみないとわからない馬だったのは間違いない。

まあ初ダートをこなした馬もすごいがミルコもすごい。

■小倉11R 関門橋S 1600万 芝1800
1着〇サンデーウィザード
2着-ベルニーニ

スタートしてからサンデーウィザードを探したらまさかの最後方。

弘平は何してくれてるんだよと切れ気味に見ていたのだが、
直線入ってから1頭だけ次元の違う末脚で差し切っての楽勝。

これはもう馬の力が違い過ぎた。

小倉の芝では500万を9着惨敗して以来の勝利。

成長したとしか言いようがない強さだった。

2着の多い馬でWIN5向きではない気もしていたが、
これなら次走も要注意。

■阪神11R 阪急杯 G3 芝1400
1着-トーキングドラム
2着-ヒルノデイバロー

古谷君が◎で呪ったからシュウジ1点をやめて四位も入れることに。

はい、四位君出遅れましたーorz

シュウジはずっと川田と喧嘩したままヘドバン。。。

直線入ったら既にあらあら。

幸四郎がバテたカオスモスで内をあけたらそこへ幸がごっつぁんゴール。

豊ちゃんは気付いてなかったかもしれないし、
奇麗なレースを好む人だからイン突きはあまりやらない。

本人もシュウジが下がってくるまでは予測しきれてなかったようで行き場をなくす。

なんとか進路を見つけて伸びてきたけど時すでに遅し。

いやこれ、馬の力そのものは勝てるだけの中身だったけど・・・。

結果論とはいえさすがにこれはクソ騎乗か。

かといって幸のイン突きというのもイメージになかった。

出遅れた四位はもろに引っ掛かったシュウジすら交わせず9着。

阪神Cの田辺もあまりうまく乗れてなかったけどそれ以前の問題。

にしてもトーキングドラムがねえ、勝っちゃうんだもんねえ。

これまでもWIN5対象レースにしょっちゅう出てた馬だからよく知ってるもの。

1600万で9連敗して7歳になった10戦目で初勝利がG3ってどういうこと?

tkdrm.jpg

■中山11R 中山記念 G2 芝1800
1着〇ネオリアリズム
2着-サクラアンプルール

古谷君が◎を打ったのみならずライアンから戸崎への乗り替り。

これだけ嫌な予感が揃えばリアルスティールを疑って損はない。

レースは田辺のロゴタイプが安田記念の再現を狙ってスローの逃げ。

さすがにスローにしびれを切らしたミルコのネオと大知のマイネルがこれを交わす。

開幕週の中山で1000m通過1.01.3はスロー。

ネオリアリズムもミルコがかなり恐る恐る折り合いに専念している様子が見て取れる。

アンビシャスの後方待機は想定内。

直線で追い上げたロゴタイプをネオリアリズムが抜き返して勝利。

サクラアンプルールはとにかく内から最短距離をすり抜けてきた典ちゃんの上手さが光った。

これは馬の強さよりも騎手の腕が大きかっただけにノリでなければ割引が必要。

とはいえ12月に1600万を勝ったばかりのこの馬にやられている馬たちは情けなさすぎる。

リアルスティールにしても負け過ぎだし、アンビシャスもクリストフのコメントで
中山でスローになったら難しいですとか言ってる場合じゃない。

強い馬ならハイだろうがスローだろうが馬券に絡んでこないと。

でなければG1が見えてこないでしょ。

昨年は前の馬をみんなドゥラメンテが掃除してくれた後の火事場泥棒で突っ込んできた。

それだけに大阪杯でのノリの先行策はさすがと思ったのだが宝塚で難しさを見せてしまった。

だからこそ音無師もクリストフが一番合っていると勘違いしている。

ノリのサクラに負けてるんだから世話ないよと。

まあそれでも勝って欲しかったんだよなあ。

■回顧

阪急杯で無事に死亡したからWIN4まで。

いや、まだこれでよかった。

伊丹Sのサンタエヴィータに自信あったから
あれで10番人気拾ってのWIN4だったらもっとメンタルに響いてたと思われる。

もうほんとミルコ様が凄すぎて漏らしそうなんです。

だって7連勝ですよ7連勝。。。

で、ミルコ様のみならず幸も阪神で連勝。

ちなみに幸は最終まで勝って3連勝しやがったw。

とりあえずもろもろデータ置いていきますね。

え?来週はもうミルコ様の連勝はない?

先週も確か同じこと言ってませんでした?

ワイはミルコ様信じとったでー。

せやから中山はちゃんと拾ってるけど川田があかんのやw

サンタとシュウジで川田が連勝してたらええ夢見られてたんやけどなあ。。。

※余談だけどいつもブログを見ていただいてる方からおかげで的中できましたと報告をもらった。

は?ワイは当たってないんやけどーーーーー(泣笑)

ワイの立場がorz

いやホンマおめでとうございました!

20170226.jpg

ミルコ教に入信したらみんな幸せになれるやで~
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2931-97d129b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング