Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 12:20:36 «edit»

Category:WIN5

中山11R フラワーC(G3)の予想 

■中山11R フラワーC G3 芝1800

2017の馬場が重い競馬で重賞勝ちをしたディープ産駒は、
弥生賞のカデナ、阪神大賞典のサトノダイヤモンドのみ。

裏を返せば本当に強いディープ産駒なら勝てるという考え方も可能。

普段は軽い超高速馬場のディープ仕様の馬場の恩恵にあやかっているが、
今年の馬場はディープが苦手だったかつての中山阪神のように
キングカメハメハやステイゴールド産が活躍。

それだけにフラワーCでファンディーナが勝てば額面上は3頭目になれる。

3歳牝馬のフラワーCだけに相手関係は最も楽なことも確か。

通り一遍にディープは危ないといった認識だけでいいのかどうかは疑問。

それは百も承知の上で、

勝たれたら配当安くてつまらないのが本音。

スプリングSでサトノアレスが凡走し、
ウインブライトとアウトライアーズが好走したように中山経験を優先。

連敗する一方で連勝もするのがクリストフ。

戸崎と違ってこちらは巻き返しの予感がある。

◎デアレガーロ
〇サンティール
▲ファンディーナ
△モリトシラユリ
△ディーパワンサ
関連記事

タグ: フラワーカップ 

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2953-b0f76988
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング