Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 16:20:12 «edit»

Category:回顧

スタンスはあっているはずのWIN5反省会日曜 

■中山09R 幕張S 1600万 芝1600
1着〇キャンベルジュニア
2着◎ドーヴァー

----------
まともなら能力は一番のキャンベルジュニアだが休み明け。

人気はこの2頭だろうが紛れを探したい。

一応中山のミルコは抜けた存在なので◎はドーヴァー。
----------

力の抜けた2頭が負けたときにこそ高配の目。

そしてどちらも休み明けなら紛れも?と思ったのだがまったくなかった。

堀厩舎も伊藤厩舎もしっかり仕上げてきてて好感。

厩舎が急仕上げで見切り発車しないなら買う側も安心できる。

現実は調教代わりに使ってくる調教師もいるからたちが悪い。

穴で期待したバイガエシは直線まで抜群の手応えで勝つかと思ったら
いざ追い出すと反応なくズルズルと後退。

古谷神が◎打ったのをあえて買ってみたがさすがの貫録。

マリオーロは悪くない走りだが相手が悪かった。

■阪神10R 但馬S 1600万 芝2000
1着▲バンドワゴン
2着△グランアルマダ

----------
3連勝中とはいえ川田のサトノケンシロウは明らかに危なそう。

バンドワゴンも今年未勝利のクリストフ。

阪神の穴の期待値から池添と松山が怖い存在。
----------

前に行ってこその馬ながら出遅れ癖がついて厄介なバンドワゴン。

予想でも触れたようにグランアルマダは絶好の狙い目だった。

馬自身の現級勝ち実績と弘平の期待値が高かった。

それでも手応えはずっと悪くて手綱は動くわムチは入るはで、
買って失敗したかと思いきや伸びないバテない交わされない。

これは会心の9番人気的中と確信した瞬間に弘平がなぜか内を空けてしまった。

オイオイ!そこ空けるとこちゃうやろ!

外からフロリダパンサーが並びかけてきたから弘平は右鞭入れて合わせに。

右鞭入れた分だけぽっかり内が空いて、直後で我慢していたクリストフは地獄から天国。

まああそこで慌てず騒がずじっと我慢していたクリストフも大したものかも。

弘平は意図的に開けてやったのではなく必死だったから気付いていなかったし。

進路ができてからの抜け出す脚は勝ち馬にふさわしいものだった。

トゥワールドをぶっちぎっていた馬が6歳でまだ1600万をうろついていた方が悲しい。

休養期間も長いからまだまだ馬は若い。

これから巻き返し。

■中山10R 千葉S OP ダ1200
1着-ナンチンノン
2着-アトランタ

----------
戸崎でなければ◎を打ちたかったニットウスバル。

何があっても驚けない条件でもある。
できればここも絞らずに網を広げておきたい。

中山巧者を重視しつつ、期待値の高い騎手から狙いたい。
中山ダートで無条件で買いの田辺。
----------

田辺のペイシャがまさかの出遅れで想定外続き。

前残り対策はこの馬でと思っていたから最悪の展開。

結局ペースが上がらずに前半3Fは33.2-36.7=1.09.9。

ん?これペース遅くない気もするがいかに?

いや、でも逃げた馬と番手の馬がそのまま流れ込んでるからなあ。

とはいえ勝ったナンチンノンは前走ジャニュアリーSで
前半3F33.3で捕まっている上に時計の出やすい稍重。

これは中山ダートの状態が変わっていたのではないかと勘繰りたくなる。

いずれにしても過去にWIN5で勝ったことのある馬の勝利。

★ナンチンノン*2回目
ニットウスバル
ポメグラネイト
★マキャヴィティ
★ナリタスターワン
★ワディ
エイシンヴァラー
★シゲルカガ*3回
★ワイドエクセレント

って多いなあ(笑)

この中で中山ダ1200条件の対象レースとなると変わってくる。

でもまあこれだけいればそりゃ大混戦だね。

近年は堅めの結果が続いていたが今年は混戦という読み自体は間違ってなかった。

■阪神11R 阪神大賞典 G2 芝3000
◎シュヴァルグラン
〇サトノダイヤモンド

----------
今年のディープ産駒の不調は偏に重い馬場の影響が考えられる。

無難にシュヴァルグランの連覇でどうだろう。

やはりサトノダイヤモンドは神戸新聞杯や有馬記念で
突き抜けられなかった点が気になる。

勿論サトノを消すことはしないが、高配当を狙うならサトノ1点は避けたい。
----------

クリストフのWIN5連敗が止まるならここ。

そして古谷神の◎が初めて勝つところを見られたという(笑)

普通のWIN5ならサトノダイヤモンド1点で勿論正解。

それはあくまで普通のWIN5であるから
高配当を狙う側は他人と同じことをしては意味がない。

当方も少額購入で低配当狙いならそうしている。

ただ、狙いは悪くなかったと思うんだけどなあ。

祐一が最高にうまく乗ってクリストフが最高に下手に乗ってくれてこその条件。

いっそのこと逃げの奇襲をするくらいの発想があれば楽しめるかとも思ったが、
クリエイティヴではない祐一にそんなトリッキーな乗り方を期待するのは酷。

普通に乗ってくれたから問題なし。

クリストフはもっと強気に乗ってくると思っていたがシュヴァルグランをマーク。

勝利を確信してから前方のシュヴァルに蓋をする。

締められてはたまらない祐一はサトノを突き飛ばして強引に進路を確保。

その段階で上がるしか他に選択肢はなく仕掛ける。

サトノは前にいるシュヴァルをいつ交わそうかと追走。

直線では地力に勝るサトノが楽に突き放して快勝。

これは見る側のスタンスにもよるかもしれないが、
押し込められるのを嫌がって先に仕掛ける以前に切れではかなわないのだから
先手を打つしかないのがシュヴァル側。

自分のタイミングで行けずにサトノに蓋をされてからの仕掛けは作戦ミス?

こちらからすればサトノに促されてのタイミングだから後手後手に回ったように見える。

盲目的な信者からすればクリストフを外に追いやって勝負する完璧な騎乗らしいけど。

結論としては馬の邪魔をしなかっただけ上等と思う。

エピファの大阪杯みたいなのは馬が可哀想だからね。

■中山11R スプリングS G2 芝1800
1着〇ウインブライト
2着◎アウトライアーズ

----------
欲張らずに5人気以内を押さえておけば何とかなりそうなレース。

まず注目は朝日杯勝ちサトノアレスだが、阪神JFとのレベル差が激し過ぎる。

低レベルだった朝日杯組を軽視して◎アウトライアーズ。

相手にもウインブライト、ミルコのトリコロールブルーまで。
----------

ひいらぎ賞の内容から序列の逆転はないと考えていたのだが。。。

ウインブライト松岡の積極的な騎乗が光った。

2着アウトライアーズとは騎手の腕が明暗。

中山の田辺だからこそ期待していただけに少々残念。

まあこれは田辺がどうこうより松岡がうまいというべきか。

勝敗の分かれ目は直線入り口。

ロスなく回そうと内を選んだ田辺だが前がなかなか空かずに追い出せない。

松岡は迷わず外を選択して勢いをつけたまま直線に入る。

急がば回れとはまさにこのことで、結果的にアドバンテージを取れた。

猛然と追い上げたアウトだったが半馬身まで詰め寄るのが精一杯。

サトノアレスは距離云々より休み明けも影響したのではないか。

戸崎が乗れていないのは影響していない。

穴ならプラチナヴォイスだろうと考えていたから3着程度は想定内。

ミルコは馬の能力をパリングラやマイネルズイーガーで比較すると
ウインブライトより見劣るのがわかったので評価を下げた。

使っていた上に-12キロのウインブライトよりは
休み明けで良化の余地があるアウトライアーズが上の評価は変わらず。

■回顧
中山10Rの取りこぼしに尽きる。

シュヴァルも選んだのは配当圏を倍増させる目的のためであって悪くないのだが、
サトノ1点にしないで2点にした結果、不安の大きかった中山の点数が減ったと。

ただ、これは結果論に過ぎない訳でナンチンノンをやめてペイシャを選んだミス。
出遅れまでは予想できないが;

配当は中山10Rの10人気と中山11Rの5人気のおかげで44万まで上がったが、
阪神10Rでグランアルマダが勝っていたら倍以上に膨れ上がっていただろう。

ホントそれだけは回避できて精神的には助かった。

これでグランアルマダで拾った上でのWIN4だとしばらく引きずる。
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2954-4d11bfaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング