Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 21:45:50 «edit»

Category:回顧

当たってもガミったらWIN5反省会 

■中山09R 鎌ケ谷特別 1000万 芝1600
1着▲ヒーズインラブ
2着-ビヨンジオール

----------
トレジャーローヴの前走は佑介がボケっとしていて脚を余した。

ただ、佑介とは違って今回はクリストフ。
----------

どうせ戸崎だからダメだろうと思っていたビヨンジオールが、
近走見どころなしの状況から2着と好走。

1人気トレジャーローヴは後方の外目。

ただでさえ枠の内外が影響する中山マイルにしては
クリストフの位置取りはいささか悠長。

直線内目を伸びてきたヒーズインラブとは通った進路の差。

クリストフが外を回したのもともかくシュタルケがロスなく乗ったのは驚き。

日曜のキャンベルジュニアでも人気に応えたし、シュタルケどうした?

そういえばマジックタイムでダービー卿を勝ったときもインからロスなく抜け出し。

なるほど、中山マイルだけはシュタルケお得意ってことなのか。

トレジャーローヴはミルコが乗っていたら勝てたんじゃないかな。

クリストフはサトノダイヤモンドと同じで優等生。

驚くような乗り方はしないマジメな騎手。

■中京10R 小牧特別 1000万 芝2000
1着△キンショーユキヒメ
2着-カレンラストショー

----------
キンショーユキヒメは明らかにミルコ人気。

先週はディープ産駒トーセンデュークが勝利していたように中京は軽め。

外を回すよりは早め先頭で抜け出したい。
----------

外差しも決まっていた馬場状態だからって揃いも揃って外を回し過ぎ(笑)

8Rではミルコがエルブシャフトで大外一気を決めているが馬も強かった。

10Rではしっかりと内目の最短距離をロスなく乗って抜け出し。

他の騎手がミルコの真似をしても意味がないのね。

ちなみにこの日のミルコは4戦4勝。

日曜の最終も含めると騎乗機会5連勝ということに。

大抵の記録は豊ちゃんが持ってるけど全盛期でもミルコの方が上かもね。

■中山10R 韓国馬事会杯 1600万 ダ1800
1着▲マイネルバサラ
2着-シャドウチェイサー

----------
勢いのある外の4歳2頭が人気するだろうが、
持ち時計が物足りないのは気になる材料。

ただ、大抵このクラスの馬の踏み台にされているエネスクを
物差しにすれば時計はそれほど気にしなくていい気もする。。
----------

外国人騎手2人を相手に勝った大知はえらい。

大知も連敗が続いていたからシュタルケを上位評価にしたけども
逃げで戦法が固まっていれば迷いもなかったということね。

ここも笑うしかない前残りのレース。

逃げたマイネルと番手のシャドウのワンツー。

シャドウは東京専用機かと思っていたが。

■中京11R 夢見月S OP ダ1400 
1着▲コウエイエンブレム
2着△ブライトライン

----------
前残りが多発する中京のダート条件。

再戦ムードのときは返り討ちにするケースが多いことを考慮すると、
スーサンジョイが連勝が濃厚。
----------

タガノグランパが逃げてキタサンサジンが2番手。

コウエイエンブレムは少し離れて3番手追走。

その後ろをオメガヴェンデッタ、スーサンジョイが追走。

直線に入ってディーズは無抵抗に後退。

これもう典ちゃん買えなくなってきたなあ。

小生もノリ擁護派のスタンスだけどお金掛かるからね。

たまに神騎乗するからって甘い目すると大半はクソ騎乗でトータル損。

中山ダ1200以外は買わない(笑)

■中山11R フラワーC G3 芝1800
1着▲ファンディーナ
2着-シーズララバイ

----------
2017の馬場が重い競馬で重賞勝ちをしたディープ産駒は、
弥生賞のカデナ、阪神大賞典のサトノダイヤモンドのみ。

裏を返せば本当に強いディープ産駒なら勝てるという考え方も可能。
----------

いやあ、強かったファンディーナ。

前日のスプリングSなんか霞みそう。

弥生賞出てても勝ってただろうし牡馬はだらしがないな。

ソウルスターリングはレース巧者の印象が強いが、
ファンディーナは強さを感じるレース内容。

しかもフランケルと違って距離延長に不安もない。

ソウルがラインクラフトでファンディーナはシーザリオみたいなものか。

桜花賞でも問題はないと思われるから直接対決が見ものである。

だが、それ以前に今年の低レベルな牡馬クラシックなら
このまま殴り込みしても勝てる公算が高い。

ウオッカのときも牡馬のレベルが低かった。

オーナーにはぜひとも検討して欲しいものである。

■回顧
戦前の予想ではどのレースも絞れるところがなく、
フラワーCのファンディーナ以外は難解。

ところが終わってみればすべて1,2人気の決着と拍子抜け。

配当も19,160円じゃあ商売あがったり。

当たっても全く嬉しくないとはこのことだ。

こんなんじゃいつまでたっても1000万勝ちのノルマを達成できそうにない。

来週はまず戸崎を消してミルコに◎を打つ作業から始めたい(笑)

関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2955-85ce3cb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング