Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 12:33:48 «edit»

Category:WIN5

阪神11R 大阪杯(G1)の予想 

■阪神11R 大阪杯 G1 芝2000

阪神中距離が得意なのは浜中と川田。

だがG1になると不要とはっきりしている。

浜中はいないが川田はステファノス。

こちらは連下候補まで。

問題はレース展開になるのだが、
有馬記念同様にマルターズアポジーの存在は影響が大きい。

この馬がいるだけでキタサンブラックの1着は一気に怪しくなった。

これまでのレースを見ていても逃げ馬は
自分のラップを刻んでこそベストのレースができる。

他の馬の作ったレースではやはり詰めが甘くなってしまう。

京都で好走して坂のある中山と阪神で捕まっているのもやはりというか。

これはディープ産駒(ブラックタイドは全兄だが)によくある話。

ならどこまで危ないのかといっても2着までくらい。

ゴール寸前で何かに少しだけ交わされるケースではないかなと。

人気通りにはなるけれどサトノクラウンとマカヒキにミッキーロケット。

候補はこれら3頭。

なかでもG1レースの度胸と信頼度を考えたら
クリストフや和田とミルコでは比べ物にならないデータ。

ならWIN5的には豊とミルコの2頭で大体何とかなりそう。

キタサンは馬券の軸としては信頼性が断然。

アンビシャスはノリから祐一になって怖さはなくなったが、
着拾いしてくるといつもの3着は十分ある。

◎キタサンブラック
〇サトノクラウン
▲ミッキーロケット
△マカヒキ
△ステファノス
△アンビシャス
関連記事

タグ: 大阪杯 

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2966-6224efe6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング