Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 23:45:57 «edit»

Category:回顧

とりあえずのWIN5反省会 

■阪神09R 御堂筋S 1600万 芝2400
1着△アルター
2着〇サンタフェチーフ

----------
アルターの名前はよく見かけるが、
2323のように勝ち切れない競馬が続いている。

ここ2戦で宏司や圭太を乗せても問題なかったサンタフェチーフが不気味。
----------

サンタフェチーフが2馬身ほど出遅れ。

クリストフのアルターは3番手の積極策も
前が飛ばしそうな雰囲気を察して位置を下げる。

直線でもまだ後手だったものの、
追い出すとこれまでのもどかしさを払拭する切れ。

勝ったアルターでさえゆっくり構えてるなと思ったが、
豊さんのサラトガスピリットはまだ後ろ。

挙句に直線では進路が空かずに窮屈な位置。

ミルコならこっちが勝っていたんじゃないかと思える残念さだった。

2着サンタフェは力をつけている。

出遅れさえなければ勝てたかもしれないが出遅れてしまうのも能力。

ただ、やはりクリストフの消極的な乗り方は不満。

一時期は先行ばかりしていたのに最近は後ろからが多い。

勝てば官軍とはいえミルコとは正反対のタイプ。

■中山10R 伏竜S OP ダ1800
1着-リゾネーター
2着-サンライズノヴァ

----------
ここはハイパーノヴァが頭一つ抜けた存在。

人気はリゾネーターだろうが、
減量騎手で500万勝ちとヒヤシンスSで揉まれた3着では差がある。

デビューからずっと乗っている幸がこの馬のためだけに中山まで来たなら勝負駆け。
----------

誰が何と言おうとまともに走っていればハイパーノヴァが、
間違いなく勝っていたレースとは言いたい。

ハイパーに潰されると考えていたから前に行く上位人気は軽視した。

リゾネーターの勝ち方は4馬身差の楽勝だが相手が弱い。

とはいえデビュー戦でエピカリスに2.7秒もぶっちぎらた馬と同じとは思えない強さは見せた。

除外になったハイパーノヴァがリヴェルディに喧嘩を売ってどちらもケガしたらしいが。

■阪神10R マーガレットS OP 芝1400
1着△オールザゴー
2着-クインズサリナ

----------
アルーリングボイスの子だからオールザゴーの距離短縮は歓迎。

ただ、早熟血統だけにそろそろお釣りがなくなってきそうな気も。

クインズサリナにしてもデビュー2連勝のあとが低迷している現状。
----------

重い印を打ったファンタジステラとエスケークラウンがしんがりとブービー。

これは土下座案件orz

エスケーなんか追切よかったんだけどなあ・・・。

逆に早熟疑惑の2頭がワンツーされたのだから何を言っても説得力がない。

完敗ザマス。

■中山11R 船橋80年記念 1600万 芝1200
1着-アルティマブラッド
2着〇レーヴムーン

----------
フルゲートでこのメンバーを見せられると全通りしたくなる。

やり直すたびに勝ち馬が変わりそうなレースでもあり、
便宜上は印をつけるが本音は多頭数で網を張りたい。
----------

スキーパラダイス、エアトゥーレと連なるアルティマトゥーレの子。

血統的には大好物のアルティマブラッドだったが、
前走の長篠Sで期待したら拍子抜けだったこともあれば、
中山で松若という若手騎手の経験のなさ。

不安要素が多いと感じていたら松若君が思っていた以上に好騎乗。

東京でクソ騎乗をしていた騎手とは別人ですね。

2着にきたとはいえシュタルケも中山はそつなく乗っている。

大知も腹を決めて最内狙っているならいい判断。

見ていて最悪だったのは良太のデンコウウノ。

直線入って外に思い切り斜行。

こいつに前を横切られたせいで
シュタルケは追い出しを待たされてしまった。

まるでドゥラメンテ・・・。

■阪神11R 大阪杯 G1 芝2000
1着◎キタサンブラック
2着△ステファノス

----------
有馬記念同様にマルターズアポジーの存在は影響が大きい。

この馬がいるだけでキタサンブラックの1着は一気に怪しくなった。

ならどこまで危ないのかといっても2着までくらい。

ゴール寸前で何かに少しだけ交わされるケースではないかなと。
----------

キタサンブラックの有馬記念は正直物足りなかった。

それだけに天皇賞を見据えた休み明けの今回。

WIN5的にも2着なら配当が美味しくなるというスケベ心を出してしまったのだが、
見事に有馬より強いレース。

プラス4キロもこれまだ成長分じゃないかと思えるほど完璧だった。

有馬ではどちらかというと恐る恐る乗っていた豊さんが、
大阪杯は自信満々に強気なレース運びなのだから。

逃げようが追い込もうがキタサンブラックが勝っていたと思う。

これはもう展開の恩恵がどうこうのレベルではない。

アンビシャスやマカヒキが後ろから届かなかったというが、
最後方にキタサンがいてもキタサンが勝ったんじゃないか。

ただ、くどいようだがこの馬が最高のパフォーマンスを見せるのは自分が逃げた時。

天皇賞ではマルタが出てこないだろうから
逃げるキタサンとサトノの対決は面白くなりそう。

さすがにサトノ相手にするなら逃げてないとやられる。

クリストフがいつものようにやらしてくれればいいけれど、
サトノは後ろから行くタイプではないから天敵の脚質。

もし自分が乗るなら豊がスペシャルでセイウンを煽ってせっついた天皇賞の乗り方。

あれはホント酷い乗り方だった。

菊花賞の恨みを全部ぶつけるようないやらしい乗り方で、
見ているこちらも豊性格悪いなーと思ったほど(笑)

■回顧
一通り想定を済ませてWIN5の購入を終え、
一息ついたところでまさかのハイパーノヴァ除外のニュースに漏らしそうになる。

グダグダな予想とはいえ、それなりに考えて買ってるのよこちらも。

それが締切5分前になって予想をやり直せなんて言われたら間に合わないって。

予想抜きにして人気サイドで決まった場合の買い目をちょろっとだけ残しておいたが、
中山11Rで2,3着を食らってWIN4。

なんかもう不完全燃焼だなあ。

ハイパーノヴァを勝っていた勝負買い目ではアルティマも入れてただけに余計に堪える。

来週の桜花賞はソウルスターリング1強の実質WIN4だから少々荒れたくらいでは配当がつかない。

荒れやすい条件のハンブルクカップはなぜか芝1400戦に条件変更されてるし。

こうなりゃ中山2つと福島で大穴狙うしかない。
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2967-3576884b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング