Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 10:54:17 «edit»

Category:WIN5

中山11R 皐月賞(G1)の予想 

■中山11R 皐月賞 G1 芝2000

何度も触れないといけないがやはり芝刈りの影響は無視できない。

明らかに馬券への影響があるのにHPでちょろっとだけ載せているJRA。

こんなのは除外や取消レベルでもっと大々的に公開すべきではないか。

昨年の高松宮記念でもいきなり芝刈りして超高速馬場に一変させたり、
あの天皇賞では芝に水を撒いたりとろくなことをしていない。

これを陰謀や八百長レベルと論じることは浅慮だが、
少なからず勝たせたい馬が何なのかへの追い風は気になる。

今回どう考えても有利になるのはファンディーナ。

ただでさえスピードも切れもある馬で、
軽い馬場向きのディープインパクト産駒。

そりゃ牡馬が勝ってやはり低レベル世代とレッテルを貼られるよりも
無敗のファンディーナが鮮やかに勝って
ウオッカ以来のダービー制覇に夢が広がります!

凱旋門賞挑戦プランも発表されました。

こちらの方が馬券も売れるに違いない。

ディープ産駒といっても馬主はターフ・スポートで生産は谷川牧場。

社台でないだけ応援にも力が入る。

前置きはこのくらいにして予想の話。

これまで散々期待先行で化けの皮が剥がれたケースは見てきた。

フラワーCの走りを見てから判断するつもりだったのは小生としても既定路線。

一応は満点回答に近い内容だった。

比較対象は前日のスプリングS。

時計こそ0.3見劣ったがあれは回ってきただけの内容に近くどうにでもなる。

促して先頭に立ったというよりも周りの馬がついていけずに勝手に脱落。

仕方なく先頭を走ったが手応えが楽過ぎてモニターで後続との差を確認するレベル。

鞭も入れなければほぼ馬なりでしまい11.2-11.7のラップ。

なるほど、これなら精一杯走って0.3差のスプリングS組よりは上が成立する。

で、気になったのは小生はこの2つのレースを比較して物差しをしたのだが、
人気では開きがありすぎること。

未勝利より遅かった弥生賞にしてもアウトライアーズの百日草特別から
カデナと同等と察しはつく。

最近になって急に共同通信杯組が結果を出すようになったとはいえ、
元はと言えば減点材料のステップでスプリングSが最有力だったはず。

ここは素直にスプリングSを上に見たい。

◎ファンディーナ
〇アウトライアーズ
▲ペルシアンナイト
△カデナ
△スワーヴリチャード
△ウインブライト
△レイデオロ
関連記事

タグ: 皐月賞 

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/2978-4c9318a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング