Admin * New entry * Up load * All archives 

WIN5を攻略すべく傾向と対策を研究中!

 

くる馬WIN5【元競馬記者によるデータ理論予想】

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
このページの記事一覧
    

【無料で手に入る】

【お知らせ】

【PR】

【RSS】

【無料で手に入る】

つぶやき



Posted on 22:58:17 «edit»

Category:回顧

今回は反省しないWIN5反省会 

■札幌11R クイーンS G3 芝1800
1着-アエロリット
2着-トーセンビクトリー

----------
1,2人気の勝率は7割。

※基本は1,2人気馬で堅いはずのレースだったが、
近2年は7人気、9人気と波乱。

G1馬2頭が出走するだけに今年は堅い?

人気を分けるアエロリットについては少々気掛かり。

古馬上位が集まるVMに比してNHKマイルはレベルが低い。
----------

ズタボロやないか!

データ的に1,2人気が7割だから仕方なくアエロリットを
押さえるには押さえていたが予想では完敗に近い。

小生の読み違いとは裏腹にアエロリットは非常に強い勝ち方。

NHKマイルでも馬よりもノリの腕が目立っただけに
東京ではなく札幌でまた好走できるのかどうかは怪しかった。

また、NHKマイル程度では古馬のVMのレベルより劣るのが基本のため、
アドマイヤリードを上位に見たのは自然な流れ。

パドックでは+18キロと大幅増。

ただ、映像を実際に見てみると太目感はそれほどなくふっくら。

フェアリーSの494キロに+4キロと思えばそんなもの。

レースは好スタートから大逃げで1000m通過はなんと58.3。

スロー大好きな日本の競馬でこれは速い。

行った行ったではなく自分からレースの主導権を取って支配した。

こうなると底力のない馬は来れなくなるし紛れも少ない。

ただ、後ろから行ったアドマイヤリードは追走に手一杯で直線入り口では最後方。

マイルG1を勝てるだけの力があってこれはないよねえ。

繊細な馬でもあり、本調子ではなかったのだろう。

トーセンの祐一なんかは絶好の位置で追走してたけども
直線で強引に外に割り出して騎乗停止。

アエロよりむしろ期待していたヤマカツは
池添が勝ちに行く乗り方をしたけども惨敗。

予想は散々な結果。

■小倉11R 佐世保S 1600万 芝1200
1着△ダイアナヘイロー
2着-ニシノラッシュ

----------
予想は薄めにして降級馬を狙い打ちたい。

オールインワンとオーヴィレールを上位評価。

ダイアナヘイローは昇級の上に詰めの甘さが気になる。

小倉の浜中なら信頼度は高いため、波乱の目は小さい可能性。
----------

予想の主軸としたのがダイアナヘイローを負かした馬たち。

オーヴィレールもオートクレールもアレズバローズもみんなそう。

ダイアナヘイローが人気して2,3着に負けてくれるケースを想定。

ところが実際は豊さんが見事な手綱さばきでハナ差の勝利。

あーこの人こういうのほんと天才的だよなあ。

もっと凄かったのはこの後の12Rのオールドクラシック。
あれは痺れる勝ち方だった。

アレスバローズの手応えなんかこれは勝ったと思えるほどだったけども
内の馬が楽をしている分、並びかけてから突き放されてしまった。

これはクレバーなコース取りをした騎手の上位入線。

ニシノラッシュ来てたらエライことになってた。

■新潟11R アイビスSD G3 芝1000
1着-ラインミーティア
2着◎フィドゥーシア
3着〇レジーナフォルテ

----------
現在4年連続1人気馬が勝利しており、今年もフィドゥーシアは最右翼だが、
負かす可能性があるなら51.0キロで走れるレジーナ。

アクティブミノルは大外枠で幸運も中京の1200とは別のレース。
----------

予想はほぼ完璧だったの思う。

祐一がマイルCSで言ってた結果だけが完璧じゃなかったと同じ気持ち。

確かに言ってしまえば脩と杉原が勝ちを焦り過ぎたのが原因だけども
これはレースに乗っている騎手の感性を優先すべきであって
慌てずに仕掛けを遅らせた西田君が凄過ぎたと褒めるべき。

11.8-10.0-10.4-10.3-11.7のラップでL1とL2の落差が1.4もあったらダメ。

道理でフィドゥーシアで当たったと思ってからゴールがなかなか来なかった訳だ。

これはお互いに勝利を意識している人気馬が
前にいるから仕掛けが早くなってしまった。

そりゃ目の前で見えるところなんだから仕方ない。

でも普通はそれでも残し切れるんだからこれは西田君が最高にうまく乗った。

韋駄天Sではフィドゥーシア54.0キロでラインミーティア52.0キロで0.3完敗。

普通に考えて今回54.0キロ据え置きのフィドゥーシアに対して、
52.0から56.0と4キロも増えたから物理的に逆転は不可能。

1キロ0.1計算なら詰めるどころか0.7も差が開く計算。

数学の話ならね。

小生も自信があり過ぎて予想の印すら2頭しか打たなかったもの。

■札幌12R 道新スポーツ賞 1000万 芝1500
1着◎サングレーザー
2着▲ツーエムマイスター

----------
降級馬の出走があるものの、3歳が強力。

サングレーザーの前走は後方から楽に突き抜ける圧勝劇。

内枠だが祐一には詰まるよりは大人しく外を回して欲しい。

一発ならツーエムマイスター。
----------

3連単買えばよかった(笑)

+16キロで出てきたサングレーザーだけども
また調子こいて内で待機。

こっちは何とか進路を確保したら楽突き抜け。

クイーンSで叱られたばかりなのにまたやるんだから
祐一もなかなか図々しくなったもんやね。

この馬はサトノアレスやビービーガウディなんかを負かしていたし順当。

いずれはローカル重賞のひとつやふたつは取れそう。

■新潟12R 3歳上500万 ダ1800
1着▲スペルマロン
2着〇タイセイストーム

----------
普段は最終の500万下なんてのはまずやらないのだが、
クソサマーWIN5のせいで予想をしなければならない(笑)

可能性がありそうな馬は拾っておきたい。

何しろ生存していればここが最終関門でもある。

むしろこのレースまで点数をどれだけ温存できたかが勝負。
----------

ここはもう予想もくそもない。

データ的に3人気以内で7割勝てると出ていたからそのまま。

と思いきやスペルマロンがいつのまにか4人気に下がってた。

まあいいけど。

■回顧

新潟11Rのみ2,3着に敗れてのWIN4だった。

基本的にブログの買い目を購入しているけども
6頭以上の場合は省略してるので細かいことは突っ込まないでください(笑)

そりゃ全部買ってたら3125点になるくらいだから伝わるだろうけど。

WIN5的な買い方があるので当然レースによって強弱もつけるし、
1パターンだけでなく2パターン3パターン買うこともあります。

まあ弁明するつもりもないんだけどね。

配当は西田君の8人気が利いて2543730円。

かー!チクショー!!!

これくらいが狙ってる配当圏やないか。

人気も2-2-8-2-4だしなあ。

でもこれ人気こそ8番人気の扱いだけども
オッズの谷間を4つくらい超えての38.7倍だから混戦の8人気とは違う。

だからこそ小倉11Rの358416票から4496票に大虐殺が発生。

フィドゥーシアが勝っていたらおそらく12万くらいだったんじゃないかな。

来週またリベンジやね。

今日は負けた気はしてないし。

西田君禿げ過ぎててびっくりした。

歳が結構近いだけに小生はフサフサでよかった。
関連記事

go page top

 この記事に対するコメント 

go page top

 コメント投稿 
Secret

go page top

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://kuruuma.blog121.fc2.com/tb.php/3069-f349030d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

カスタム検索
稼げるよ!JP AdMedia はこちらから
キャッシングローン
アクセスランキング